グロイツシュ Groitzsch (S)

市庁舎 太い塔
           

市壁の延長ランク

 現存する市壁の延長1.3km以上残っている町について、市壁の長い方からのランク
 を表示します。バイエルン州とブランデンブルク州の町がランキングにやや多い。(km)。

「戻る」

  
壁長町名残率州名1 壁長町名残率州名
13.96ツェルブスト Zelbst0.69SA 271.70Burghausen0.88Br
23.80Nuernberg0.75BY 281.68フリッツラー Fritzlar0.80HE
33.70バウツェン Bautzen0.63S 291.66Brandenburg0.42Br
43.31ダーメ Dahme0.73BR 301.65コールバッハKorbach0.63HE
53.20Rothenburg1.00BY 311.64テムプリン Templin0.94BR
63.13リューテン Ruethen0.98NW 321.63Salzwedel0.59SA
73.00クサンテン Xanten0.98NW 331.58Offenburg0.71BW
82.66Muehlhausen0.90TH 341.58ウルム Ulm0.46BY
92.62ゾースト Soest0.69NW 351.57バービィ Barby0.65SA
102.60Noerdringen1.00BY 361.57Schongau0.96BY
112.44Wittstock0.97BR 371.51Weisenheim0.82BY
122.39Heiligenstadt0.82TH 381.48Muencheberg0.84BR
132.35Duenkelsbuehl0.98BY 391.47BadLangensalza0.55TH
142.33NeuBrandenburg0.98MV 401.47Burglengenfeld0.55TH
152.25Gerolzhofen0.71BY 411.45ロストック Rostock0.39MV
162.20ユーリッヒ Juelich0.40NW 421.45Brnau Berlin0.91BR
172.12Neuruppin0.62BR 431.45Uberlingen0.5BW
182.04アケン Aken0.69SA 441.44Weissensee0.96TH
192.00Memmingen0.70BY 451.44Heidingsfeld0.92BY
201.96Quedlinburg0.55SA 461.42BadNeustadtS0.97BY
211.85Gelnhausen0.52HE 471.42Luegde0.94NW
221.84Oberwesel0.70RP 481.40Berching1.00BY
231.83アムベルク Amberg0.80BY 491.36Haldensleben0.96SA
241.79Northausen0.59NS 501.35Kindelbrueck0.81TH
251.77Prenzlau0.95BR 511.32Kempen0.72NW
261.76Ahrweiler0.98RP 521.30Ingolstadt0.56BY

「戻る」

  「戻る」

  

市壁の残存率ランク

 現存する市壁の残存率が0.9以上の町について、市壁の残存率の高い方からのラン
 キングを表示します。残存率もバイエルン州の町がランクキングの4割を占めて多い。

                                         
残率町名壁長州名1残率町名壁長州名
11.00Rothenburg3.20BY 260.96ションガウ Schongau1.57BY
2   Noerdlingen2.60BY 27 Weissensee1.44TH
3  ベルヒング Berching1.40BY 28  Haldensleben1.36SA
4  WolframsEschenbach0.90BY 29  Freinsheim1.25RP
5  DilsbergN0.73BW 30 Waldenburg0.95BW
6  Neuleiningen0.70RP 310.95ツェルプストZerbst3.96SA
7  KirchbergJ0.54BW 32 Hornbsch0.55RP
8  Vellberg0.39BW 33  Buedingen0.54HE
9  ゼスラッハSessrach0.30BY 34 Sommerhausen0.50BY
10  BsseEdermuende0.14HE 350.94テムプリンTemplin1.64Br
110.99クロイセン Creussen0.68BY 36 Luegde1.42NW
120.98クサンテン Xanten3.00NW 37 Leipheim1.03BY
13 Duenkelsbuel2.35BY 380.92Heidingsfeld1.44BY
14 Neubrandenburg2.33MV 39 Roettinngen1.24BY
15  Ahrweiler1.76RP 40  Hirschhorn0.98HE
16  Merkendorf1.08BY 41  SulzfeldM0.82BY
17  オルンバウ Ornbau0.77BY 420.91BernauB1.45BR
18  PfalzelT0.63RP 43 Marktbreit1.10BY
19  Forchtenberg0.61BW 44  Rhens0.91RP
200.97Wittstock2.44BR 450.90Muehlhausen2.66TH
21  BadNeustadtS1.42BY 46 リューテン Ruethen3.14NW
22  Aub1.20BY 47  カーラ Kahla1.03TH
23  ゾンス Zons1.10NW 48  Schlusselfeld0.75BY
24  Fladungen0.97BY 49  BurgW0.51NW
25  アッハ Aach0.70BW 500.88Burghasen1.70BY

  「戻る」

  「戻る」

  

塔の残存数ランク

 現存する塔の残存数が多い町について、塔の数の多い方からのランキングを表示し
 ます。塔数もバイエルンの町がランキングの半数を占めて多い。

                                 
順位塔数町名州名1順位塔数町名州名
171ニュルンベルク NuernbergBY 2712アウプ AubBY
237WeissenburgBY 27 レース ReesNW
335ローテンブルクRothenburgBY 27 アンデアナッハ AndernachRP
432DetterbachBY 3011ゼスラッハSesslachBY
525BurghausenBY 30 メルケンドルフ MerkendorfBY
620BadMuenstereifelNW 30 ゾンス ZonsNW
6 ズルツフェルトSulzfeldBY 30 イポーフェン IphofenBY
819DuenkelsbuehlBY 30 LandesbergBY
8 HeidingsfeldBY 30 RavensburgBY
1018AscherlebenSA 3610クサンテン XantenBW
10 OberweselRP 36 BadNeustadtSBY
10 BadLangensalzaTH 36 FladunbenBY
10 MainbernheimBY 36 バートオルプBadOrbHE
1417ベルヒングBerchingBY 36 SulzbachRossenbergBY
1516KitzingenBY 36 BeilingriesBY
15 バウッツェン BautzenS 42 9MarktbreitBY
15 EibelstadtS 42 MellrichstadtBY
1815MuehlhausenTH 42 エーリンゲン OehringenBW
18 バッハラッハ BachrachRP 42 ゾマーダ SommerdaTH
18 フリッツラー FritzlerHE 42 MoeckmuehlBW
18 GerelzhofenBY 42 GelnhausenHE
2214PfaddersheinRP 42 JueterbogBR
22 FrickenhausenBY 42 AbenbergBY
22 RhensRP 42 HerzogenauerachBY
2513NoerdlingenBY 42 ゴスラー GoslarNS
25 ビュディングBuedingenHE 42 アウグスブルク AugsburgBY

  「戻る」

「戻る」

得点7点以上の町の市壁・塔・見所の内訳

 総得点7点以上の町の市壁の延長と残存率・塔数・見所の内訳を、州毎に示します。

シュレスビッヒ フォルシュタイン州 SH

総点町名壁長壁率塔数見所
8フレンスブルク Flensburg0.360.102A
8リューベック Luebeck0.340.082A

メクレンブルク フォアポメルン州 MV

総点町名壁長壁率塔数見所
15Neubrandenburg2.330.985B
14ロストック Rostok1.450.395A
11デミン Demmin0.950.722C
Pasewalk0.990.405C
Stralsund1.090.382
10Greifswald0.900.29 1
ヴォルデック Woldegk1.250.82 0D
8Anklam0.620.282C
Sternberg0.410.402C
ヴィスマル Wismar0.230.062A
7Penzlin0.670.640D
Gustrow0.180.101C

「戻る」

ブランデンブルク州 Br

総点町名壁長壁率塔数見所
15Wittstock2.440.973B
14Brandenburg1.660.424A
13ベースコウ Beeskow0.870.466
ベルナウ Bernau1.450.912B
プレンツラウ Prenzlau1.770.587C
テッムプリン Templin1.640.945C
12ダーメ Dahme3.310.731C
Altelandsbrerf1.250.842C
グランゼーGransee1.200.812C
ルッカウ Luckau0.950.593B
11コトブス Cottbus0.540.314A
Beeskow0.700.466C
Muencheberg1.480.842D
10Neuruppin2.120.620C
Strausberg1.070.592C
9Angermuende0.660.251B
Jueterbog0.450.329C
8Kyritz0.590.430C
Perleberg0.320.151B
Potsdam0.010.013A

「戻る」

ザクセン アンハルト州 SA

総点町名壁長壁率塔数見所
15Haldensleben1.360.963B
tangermuende1.240.748B
ツェルブスト Zerbst3.960.954B
14Aschersleben0.520.2518A
Quedlinburg1.960.554A
13ザルツヴェーデル Salzwedl1.630.593B
12アケン Aken2.040.693C
バービィ Barby1.570.653C
WettinLoebejuen1.020.811B
11Koppenstedt1.270.871D
NaumburgS0.980.525C
10Halberstadt0.580.162A
Burg bei Magdeburg0.550.234B
Wernigerode0.630.133B
ラウシャ Laucha1.020.581C
Loebejuen0.660.431B
ザイツ Zeitz1.020.460B
9クヴェアーヒュート Querfurt0.660.640B
Sangerhausen0.630.294C
Schwanebeck0.520.461C
8アルシュテート Allstedt0.560.620C
ベルンブルク Bernburg0.240.104C
Gardelegen0.320.174C
Graefenhainichen0.220.203C
マグデブルク Magdeburg0.300.058C
エービスフェルデ Oebisfelde0.590.411D
7ハレ Halle0.080.022A
ヘッテシュテート Hettstedt0.120.114C
ケーテン Koethen0.060.043B
メルゼベルク Merseberg0.440.332C
ステンダル Stendal0.070.023B
ヴェゲレーベン Wegeleben0.420.311C

「戻る」

ザクセン州 S

総点町名壁長壁率塔数見所
17バウツェン Bautzen0.3.700.8316
12フライベルク Freiberg0.800.366
11フレイブルク Freyburg1.040.801
 ゲルリッツ Goerlitz0.640.277
10ガイタイン Geithain0.920.552
Grossenhain0.820.521
9ライスニッヒ Leisnig0.740.48 2
デリツシュ Delitzsch0.750.45 2
8カメンツ Kamenz0.130.10 3
マリエンベルク Marienberg0.280.14 3
トルガウ Torgau0.430.17 2
プラウエン Plauen0.260.17 1
7Dippoldiswalde0.300.33 3
Bischofswerda0.230.20 1
レーバウ Loebau0.250.23 1
オシャツ Oschatz0.350.25 2
AnnabergBuchholz0.610.24 0
グリマ Grimma0.490.21 0
ペガウ Pegau0.470.35 2

「戻る」

テューリンゲン州 TH

総点町名壁長壁率塔数見所
17Muehlhausen2.660.8015B
15BadLangenfelt1.470.5518C
14HeilbadHeiligenstadt2.390.82 5B
13ゼマーダSoemmerda0.930.70 9C
Kindelbrueck1.350.81 4C
12BadFrankenhausen1.240.69 2B
カーラ Kahla1.030.90 3C
ノルトハウゼン Nordhausen10.710.62 4A
ヴァイセンゼーWeissensee1.440.96 0C
11ザールフェルト Saalfeld0.770.62 4B
テマー Themar0.690.40 6C
9グロイセン Greussen0.900.68 0C
アルテンブルク Altenburg0.020.01 6A
アイゼナッハ Eisenach0.310.12 4B
 ケレダKoelleda0.690.40 1C
 オードルフ Ohrdruf1.160.68 0C
8クロイツブルク Creuzburg0.630.35 1C
Bad Tennstedt0.250.13 7D
エアフルト Erfurt0.180.04 5A
 Bad Colberg0.100.16 6C
 HeringenHelme0.740.59 0C
 ヴァチャ Vacha0.240.26 3C
7アルンスタット Arnstadt0.210.09 4C
 マイニンゲン Meiningen0.350.19 0B
 Schleusingen0.220.20 1C
Schmalkalden0.190.28 5C
Sondershausen0.310.31 0B
トレッヒュート Treffurt0.130.20 2B
ヴァイマール Weimar0.070.02 1A

「戻る」

ニーダーザクセン州 NS

総点町名壁長壁率塔数見所
13ノルトハウゼン Nordhausen21.790.591A
オステローデ Osterode1.180.723B
12ゴスラー Goslar0.780.189A
11アインベック Einbeck0.790.317B
10Duderstadt0.780.472
オスナブリュック Osnabrueck0.250.057B
ノルトハイム Northein0.950.542C
9ヘルムステート Helmstedt0.470.21 3B
8ヒルデスハイム Hildesheim0.360.15 1B
ゲッティンゲン Goettingen0.380.10 2B
Braunschweig0.180.02 1S
ハンミュンデン Hannmuenden0.090.01 6B
Stadt Oldendorf0.430.48 2C
7ハーメルン Hameln0.120.02 3B
Bad Gandersheim0.210.2310C
ハノーファー Hannover0.040.01 4B
ハーデグゼン Hardegsen0.460.46 1D

「戻る」

ノルトラインベストファーレン州 NRW

総点町名壁長残率塔数見所
16クサンテン Xanten3.000.9810C
14BadMuenstereifel1.000.6320C
ゾンス Zons1.320.724D
13ケムペン Kempen1.320.724C
ゾースト Soest2.620.692A
リューグデLuegde1.420.942B
12ジーゲン Siegen1.200.571B
リューテン Ruehen3.130.984D
ユーリッヒ Juelich2.200.402B
11デュイスブルク Duisburg0.840.354B
 カスター Kaster0.400.903B
10アーヘン Aachen0.020.017S
ブラケル Brakel0.650.702C
Burg Wupper0.510.902C
オイスキルヘン Euskirchen0.590.414C
ヘクスター Hoexter1.110.472B
ケルン Koeln0.180.027S
ラッティンゲン Ratingen0.550.473C
レース Rees0.400.6512D
ラインバッハ Rheinbach0.400.336C
9Krannenburg0.380.544C
ウナ Unna0.620.42 1
バールブルク Warburg0.450.846
Zuelpich0.490.69 5C
8デトモルト Detmold0.760.49 0
デューレン Dueren0.240.114C
ガンゲルト Gangelt0.260.145C
Moenchenglandbach0.620.38 1
オルペ Olpe0.200.243C
オルゾイ Orzoy0.600.30 1C
パデルボーン Paderborn0.600.20 2B
リンテルン Rinteln0.600.27 1C
ウアディンゲン Uerdingen0.450.26 3C
7ベックム Beckum0.210.131C
ブロムベルク Blomberg0.370.302C
ボルケン Borken0.060.047C
ビューレン Bueren0.340.38 2C
Horn Bad Meinberg0.320.34 1C
メンデン Menden0.020.01 3B
ノイス Neuss0.170.20 3C
Reckinghausen0.200.10 2B
Salzkotten0.140.163C
Siegburg0.220.262C

「戻る」

ヘッセン州 HE

総点町名市壁長壁残率塔の数見所度
16フリッツラー Fritzlar1.680.8015C
15ビューディンゲン Buedingen0.540.9513B
14ゲルンハウゼン Gelnhausen1.850.529B
Grebenstein1.220.85 7C
13コールバッハ Korbach1.650.657C
12バートオルプ Bad Orb0.520.6610C
ブッツバッハ Butzbach0.830.634B
Muenzenberg0.350.78 2C
スタイナウ Steinau1.140.766D
Hirschhorn Neckar0.350.31 1C
11Amoeneburg0.870.61 4C
Dreieichenhain0.680.704C
Hofgeismar1.010.70 1C
10babenhausen0.590.742C
エルティヴィレ Eltiville0.310.80 4C
リンデンフェルス Lindenfels0.440.35 5C
Michelstadt0.380.751B
シュリッツ Schlitz0.300.573B
Treysa Schwaalmstadt0.540.68 3C
ヴァイルブルク Weilburg1.000.563D
9バートホムブルク BadHomburg0.410.40 3C
BadSoodenAllendorf0.780.53 2C
フライドベルク Freidberg0.710.38 4C
ヘルボルン Herborn0.170.26 7B
ホッホシュタット Hochstadt0.440.76 4D
マールブルク Marburg0.510.35 1B
オルテンベルク Ortenberg0.530.67 1C
ヴァインハイム Weinheim0.160.24 6B
8Bad Wildungen0.280.322B
ベンスハイム Bensheim0.090.10 3B
Besse Edermuende0.141.00 1D
フェルスブルク Felsburg0.310.46 5D
フランクフルト FrankfurtM0.100.01 3A
ヘルプスタイン Herbstein0.210.51 4D
Hessisch Lichtenau0.350.55 2C
ノイキルフェン NeukirchenK0.310.49 1C
ローテンブルク RotenburgF0.00.50 2C
Selingstadt0.340.33 4C
ベッツラー Wetzlar0.600.35 1C
Witzenhausen0.300.35 3C
Ziegenhain0.180.30 4B
Zwingenberg0.280.45 1C
7アルスフェルト Alsfelt0.380.27 1C
Bad Hersfeld0.470.23 2C
ディーブルク Dieburg0.190.11 2B
フルダ Fulda0.170.07 3B
グリュンベルク Gruenberg0.100.10 1B
Gudensberg0.180.22 2B
ホムベルク Homberg Efze0.090.08 6C
ランダウ 0.250.253D
ラウバッハ Laubach0.210.18 1C
リッヒ Lich0.380.31 1C
リンブルク Limburg0.290.23 2C
Spangenberg0.200.21 1C
Waechtersbach0.190.36 2B
ベッター Wetter0.250.29 2C
ツィーレンベルク Zierenberg0.670.62 0D

「戻る」

ラインラントプファルツ州 RP

総点町名市壁長壁残率塔の数見所度
16オーバーベーセル Oberwesel1.840.7018C
15アールバイラー Ahrweiler1.760.987C
フレインスハイム Freinsheim1.250.968C
レーンス Rhens0.910.91 14B
14バッハラッハ Bachrach1.950.8715
Neuleiningen0.701.00 8B
Pfalzel im Trier0.630.98 7B
12アンデアナッハ Andernach1.000.5612D
Kirchheim Bolanden0.600.70 6C
Klosterstadt Hornbach0.550.95 2B
11トリアー Trier0.530.115A
Wachenheim0.820.683C
10ボルムス Worms0.960.314C
9マイセンハイム Meisenheim0.330.324B
リンツ Linz am Rhein0.240.133B
メイエン Mayen0.530.19 4C
Ober Ingelheim0.520.26 8
8Didesheim0.040.03 6B
ラーンスタイン Lahnstein0.350.27 3C
マインツ Mainz0.050.01 6B
Pfaddersheim0.080.1214D
7Bad Sobernheim0.280.19 1C
ボッパルト Boppard0.400.22 2D
Bretzenheim0.210.20 2C
カウプ Kaub0.150.30 5C
Muenstermaifeld0.300.22 2C

「戻る」

バーデンビュルテンブルク州 BW

総点町名市壁長壁残率塔の数見所度
14エーリンゲン Oehringen0.870.729B
Waldenburg0.950.966C
13Forchtenberg0.610.984B
 ラーベンスベルク Ravensberg0.930.4011B
ウーバーリンゲン Uberlingen1.450.506C
ウルム Ulm1.580.464B
フェルベルク Vellberg0.391.008B
12Bad Wimpfen0.800.673B
オッフェンブルク Offenburg1.580.712C
11Besigheim0.720.75 4C
キルヒベルク KirchbergJ0.541.00 2C
マールバッハ MarbachN0.730.782B
Moeckmuehl0.620.65 9C
Waiblingen0.5620.62 4B
バイルデアシュタット WeilDerStadt0.650.466C
10アーハ AachH0.700.972D
ブライザッハ Breisach0.780.586D
ディルスベルク DilsbergN0.731.002D
イズニィ Isny0.300.638C
ランゲンブルク Langenburg0.290.554B
ニーデルンハル Niedernhall0.480.773C
9エッティンゲン Ettingen0.550.49 1C
Grossbottwar0.230.53 1B
ヘレンベルク Herrenberg0.620.30 3C
ラ-デンブルク Ladenburg0.720.34 3C
ラッフェン Laffen0.640.60 2C
リンダウ Lindau0.700.244C
ノイブラッハ Neubulach0.450.82 2C
ノイエンシュタイン Neuenstein0.360.64 3C
SchbwaebischGmuend0.130.07 6A
ビリンゲン Villingen0.710.31 3C
エッシンゲン Essingen0.210.12 5B
フライブルク Freiburg0.200.01A
8ビ-バ-ラッハ Biberach0.240.14 3C
Bietingheim0.210.22 3C
Boenningheim0.110.10 3B
Crailsheim0.290.47 3D
エバーバッハ Eberbach0.300.35 4C
エーインゲン Ehingen0.270.18 2B
エンゲン Engen0.310.33 1B
エスリンゲン Esslingen0.270.12 5C
フライブルク Freiburg0.020.01 3A
ゲンゲンバッハ Gengenbach0.260.31 5C
ロイトキルヘン LeutkirchenA0.200.26 3C
ネッカ-スルム Neckarsulm0.300.27 3C
ノイフェン Neuffen0.160.52 1B
ロイトリンゲン Reutlingen0.280.11 4C
ロッテンブルク Rottenburg0.240.19 5C
Schbwaebischhall0.380.14 5C
Schwaigen0.380.40 1C
スタインバッハ Steinbach0.340.75 1D
バンゲン Wangen0.230.27 3C
Weissenhorn0.070.10 3B
7Bad Mengenheim0.410.24 1C
Bopfingen0.210.05 1B
カルヴCalw0.080.12 1B
Durlach Ksrlsruhe0.110.10 1B
エッピンゲン Eppingen0.150.15 1B
ゲルンスバッハ Gernsbach0.460.52 2D
コンスタンツ Konstanz0.320.08 3C
Kuenzelsau0.300.23 1C
Ludwigsburg0.050.01 6C
メールスブルク Meersburg0.320.31 2C
モスバッハ Mosbach0.210.18 0B
ムルハローデMurrharod0.160.39 1B
Niederstetten0.220.36 3D
ラドルフツェル Radolfzell0.170.10 4C
Riedlingen0.280.502D
ショルンドルフ Schorndorf0.100.10 2B
シュツットガルト Schuttgart0.110.02 2A
ジグマリンゲン Sigmaringen0.210.26 1C
Trochtelfingen0.230.39 2C
ヴァインスベルク Weinsberg0.200.20 2C

「戻る」

バイエルン州 BY

総点町名市壁長壁残率塔の数見所度
19ベアヒインク Berching1.401.0017A
ニュルンベルク Nuernberg3.800.7571S
18ローテンブルク Rothenburg3.201.0035B
ヴァイセンブルク Weissenburg1.510.8837A
17アウプ Aub 1.200.9817B
デュンケンスビュールDuenkelsbueul2.350.9819C
ネルトリンゲン Noerdlingen2.601.0013B
16ブルクハウセン Burghausen1.700.8825C
バートノイシュタット BadNeustadtS1.420.9710C
ゲロリツホーヘン Gerolzhofen2.250.7115C
ハイディングスフェルドHeidingsfeld1.440.9219C
15フラドュンゲン Fladungen0.850.9710C
メルケンドルフ Merkendorf1.090.9811C
 ションガウ Schongau1.570.967C
14デッテルバッハ Betterbach1.000.5032C
アイベルシュタット Eibelstadt0.990.8416D
インゴルスタット Ingolstadt1.300.567B
イポーフェン Iphofen0.800.9911C
カールシュタット Karlstadt1.000.788B
 ランツベルク Landsberg1.290.5911C
マルクトブライト Marktbreit1.100.919B
 メルリッヒスタット Mellrichstadt1.260.819C
 メミンゲン Memmingen2.000.718C
 ナプブルク Nabburg1.200.823B
ノイシュタット NeustadtA1.000.808B
レーゲンスブルク Regensburg1.210.226A
レッティンゲン Roettingen1.240.927C
Sulzbach Rossenberg1.010.6510B
 ズルツフェルト Sulzfelt0.820.9220D
13アムベルク Amberg1.870.804C
ドナウヴェルト Donauwoerth1.160.616B
ギュンツブルク Guenzburg0.550.816B
マインベルンハイム Mainbernheim0.750.8818D
オクゼンフュート Ocksenfurt1.130.8717C
 オルンバウ Ornbau0.770.988C
ゼスラッハ Sesslach0.301.0011C
WolfransEschenbach0.901.004C
12クロイセン Creussen0.680.995C
エーベルン Ebern0.590.736C
フリッケンハウゼン Frickenhausen0.610.5914C
ハッメルブルク Hammelburg0.990.723C
ミュナーシュタット Muennerstadt1.120.7211C
Prichsenstadt0.750.857C
ゾマーハウセン Sommerhausen0.500.956D
11Beilingries0.320.4010C
Burglengenfeld1.470.591C
クルムバッハ Kulmbach0.280.287A
ランデスフート Landeshut1.100.353B
ミルテンベルク Miltenberg1.000.195B
Schluesselfeld0.750.904C
スパルト Spalt0.400.426B
ティットモニンク Tittmoning0.780.805C
ウッヘンハイム Uffenheim0.710.647C
ヴァイスマイン Weismain0.690.803C
10アウグスブルク Augsburg0.600.109C
カドルツブルク Cadolzburg0.660.603C
ドルンスタイン Dollnstein0.790.83 1C
グレディンク Greding0.760.61 4C
ヘリーデン Herrieden0.680.662B
ヘースブルック Hersbruck0.300.415B
ホッホシュタット HoechstadtA0.750.781C
ホフハイム HofheimU0.660.624C
ケムナース Kemnath0.300.453B
キッティンゲン Kitzingen0.090.0116B
ライプハイム Leipheim1.030.942D
エッティンゲン Oettingen0.520.504C
Schrobenhausen0.640.463C
シュバインフュート Schweinfurt0.420.177B
ヴェムディング Wemding0.660.585C
9アーベンスベルク Abensberg0.340.533C
Aschaffenburg0.500.17 1B
キャム Cham0.260.10 6C/td>
Dingolfing0.270.23 4B
アイヒステット Eichstaett0.980.38 0B
Elfershausen0.590.861D
エリンゲン Ellingen0.300.673C
Feuchtwangen0.540.55 2
Gemuenden.a.Main0.350.56 3C
0.350.56 3C
Herzogenaurach0.260.25 9C
Hilpoltstein0.640.48 1C
カウフボイレン Kaufbeuren0.430.286C
ケールハイム Kelheim0.130.19 6B
クロナッハ Kronach0.490.77 1C
ランゲンツェンLangenzenn0.550.46 1C
ミンデルハイム Mindelheim0.310.256B
ロール Lohr.a.Main0.430.43 1B
ミンデルハイム Mindelheim0.310.2561C
ノイブルク NeuburgD0.220.28 5B
ノインブルク NeunburgW0.470.38 3B
Pappenheim0.650.68 1C
Pfarrkirchen0.590.55 1C
フィルゼック Vilseck0.370.38 3B
ヴァルドキルフェン Waldkirchen0.330.38 8C
ヴュルツブルク Wuerzburg0.120.15 1S
ツアイル Zeil.am.Main0.220.36 6C
8アーベンベルク Abenberg0.140.27 9C
バート・ローダッハ BadRodach0.300.34 5C
オイアードルフ Euerdorf0.430.57 2C
フォルヒハイム Forchheim0.700.31 2C
グロスオストハイム Grossostheim0.230.19 4C
ハイルスブロン Heilsbronn0.260.34 1B
ラウフ Laufid.Pegnitz0.080.12 3B
ラウインゲン Lauingen0.350.33 4C
ラウタースハウセン Lautershausen0.450.66 2C
リヒテンフェルス Lichtenfels0.290.25 3C
メンヒベルク Moenchberg0.640.69 1D
モースブルク Moosburg0.380.26 4C
ノイマルクト NeumarktO0.150.15 5B
ノイシュタット NeustadtK0.780.63 0C
Rennertshopfen0.450.34 4
ロース Roth0.340.39 5C
シュヴァバッハ Schwabach0.190.13 4B
Stadtsteinach0.400.561C
ストラウビンク Straubing0.270.12 3C
ズルツバッハ SulzbachM0.400.453D
Thuengersheim0.220.223C
VilshofenD0.280.43 1C
Wasserburg0.230.14 4C
Wassertruedingen0.470.52 1C
7アイヒアッハ Aichach0.130.13 5C
アルトドルフ Altdorf0.040.04 3B
Burgkunstadt0.400.50 0C
コーブルク Coburg0.100.06 4B
ディートヒュート Dietfurt0.100.19 6D
フライジング Freising0.060.04 2A
フレイシュタット Freystadt0.120.11 3C
フュッセン Fuessen0.500.34 0C
フュ-ス FurthW0.110.15 3C
Graefenberg0.100.15 3C
ハスヒュート Hassfurt0.190.13 4C
ケンプテン Kempten0.220.10 2C
ミュールドルフ Muehldorf0.270.20 2C
NeuebkirchenB0.420.24 5D
オーパレンベルク Oberrnberg0.100.08 7C
シャイヘルト Scheifeld0.180.13 2B/td>
フェルブルク Velburg0.260.26 2C
Veste Lichtenau0.090.15 4C
ヴィンズバッハ Windsbach0.130.16 3C
ヴェース WoethM0.400.39 3D

「戻る」

「戻る」

総合得点2-6点の町の市壁・塔・見所の内訳

 総得点6点未満の町の市壁の延長と残存率・塔数・見所の内訳を、州毎に示します。

特別市

総点町名壁長壁率塔数見所
6ブレーメン Bremen0.020.01 0A

メクレンブルク フォアポメルン州 MV

総点町名壁長壁率塔数見所
6ギュストロウGuestrow0.180.10 1C
5バース Barth0.100.08 2C
デミッツ Doemitz0.180.12 0C
ヴァーレン waren0.010.01 2C
4パーチム Parchim0.090.03 0C
ウセドム Usadom0.090.01 1D
Neustrelitz0.010.01 0C

「戻る」

ブランデンブルク州 Br

総点町名壁長壁率塔数見所
6カラウ Calau0.20.15 0C
リュッベン Luebben0.290.15 2D
メーイェンブルク Meyenburg0.230.10 1D
シュヴェッツ SchwedtO0.260.27 0C
Spandau Berlin0.050.04 2B
Treuenbrietzen0.090.04 3C
5Freyenstein0.320.31 1D
レンツェン Lenzen Elbe0.320.31 1D
プリッツヴァルク Pritzwalk0.150.08 1C
4ミッテンヴァルデMittenwalde0.130.09 2D
ヴィッテンベルゲ Wittenberge0.050.07 1D

「戻る」

ザクセン アンハルト州 SA

総点町名壁長壁率塔数見所
6バレンスタット Ballenstadt0.140.14 1C
エゲルン Egeln0.250.19 0C
リューツェン Luetzen0.360.23 0C
プロッティン Prettin0.280.27 1D
ゼーハウゼン SeehausenA0.230.23 2D
Schoeningen0.280.18 0C
ヴァンツレーベン Wanzleben0.300.11 2
ツオルビック Zorbig0.200.19 1
5Blankenburg0.020.02 1
Bad Schmiedeberg0.060.05 2C
ケムベルク kemberg0.200.17 0D
ケネルン Koennern0.230.23 0D
メッヘルン Muechln0.160.11 0C
4アイスレーベン Eisleben0.120.06 0C
ローブルク Loburg0.100.07 1D
メッケルン Moeckern0.160.09 1D
OscherslebenB0.120.12 0D
ゼーハウセン SeehausenB0.030.01 2D
ヴィッテンベルクWittenberg0.130.04 0C

「戻る」

ザクセン州 S

総点町名壁長壁率塔数見所
6アドルフ Adorf0.140.11 1C
コルディッツ Colditz0.200.13 0C
ライプツィッヒ Leipzig0.100.03 1B
レスニッツ Loessnitz0.240.38 1D
ロッホリッツ Rochlitz0.240.11 0C
ストルペン Stolpen0.120.12 1C
Wolkenstein0.380.33 1D
チィッタウ Zittau0.090.06 2B
ツショパウ Zschopau0.420.31 0C
5エルスターベルク Elsterberg0.250.28 0D
ラウエンスタイン Lauenstein0.360.30 0D
ピルナ Pirna0.040.02 0B
ロスバイン Rosswein0.250.20 0C
Schwarzenberg0.100.14 0
ヴィルスドルフ Wilsdruff0.310.25 0D
ヴルツエン Wurzen0.130.13 0C
ツヴィッカウ Zwickau0.030.03 1C
4ベルゲルン Belgern0.060.08 1D
ボルナ Borna0.100.01 1D
デーベルン Doebeln0.070.01 0C
ミッテヴァイダ Mitteweida0.110.12 0D
マイセン Meissen0.060.03 0C
ミッテヴァイダ Mitteweida0.110.12 0D
ミューゲルン Muegeln0.010.01 0C
3フラウエンスタインFrauenstein0.050.06 0D
オエルスニッツ Oelsnitz0.060.010D
パウザ Pausa0.240.04 0D
ペニッヒ Penig0.010.01 0D
ラーデベルク Radeberg0.040.01 0D
ライヘンバッハ Reichenbach0.060.06 0D

「戻る」

テューリンゲン州 TH

総点町名壁長壁率塔数見所
6ブットシュタット Buttstadt0.200.13 0C
Bad Lobenstein0.140.25 1C
ビュルゲル Buergel0.300.27 1D
クリンゲン Clingen0.210.21 0D
ドルンブルク Dornburg0.320.35 0C
イエナ Jena0.090.05 4C
ウッマーシュタット Ummerstadt0.150.18 2C
5ゲラ Gera0.040.03 1C
ロンネブルグRonneburg0.00.063 1C
ヴァズンゲン Wasungen0.090.09 1C
ヴィーエ Wiehe0.100.14 OC
4Heldrungen0.030.02 0C
Schmoelln0.040.06 0C
Waltershausen0.030.02 1D
3Bad Salzungen0.050.06 0D

「戻る」

ニーダーザクセン州 NS

総点町名壁長壁率塔数見所
6ツェレ Celle0.010.01 0A
ダッセル Dassel0.280.35 0C
Koenigslutter0.400.28 0C
リューネブルク Lueneburg0.080.02 1B
Schuettorf0.230.26 0C
スプリンゲ Springe0.040.07 1B
5アルフェルト Alfeld0.060.04 1C
Bad Salzuflen0.040.01 1C
Bodenwerder0.020.01 1C
Hessisch Ordendorf0.250.02 0B
フェルデン Verden0.040.01 1C
Wolfenbuettel0.050.02 0B
4Burgdenwerder0.020.01 0C
Haseluenne0.060.09 0C

「戻る」

ノルトラインベストファーレン州 NRW

C
総点町名壁長壁率塔数見所
6アルンスベルク Arnsberg0.050.05 4C
ビーレフェルト Bielefeld0.010.01 1B
ブレッケルフェルドBreckerfeld0.080.03 2B
ボン Bonn0.080.03 2B
ブリロン Brilon0.030.02 1C
コエスフェルド Coesfeld0.010.01 3C
デュルメン Duelmen0.040.01 3C
ニーハイム Nieheim0.100.11 1C
ヴァ-レンドルフ Warendorf0.010.01 3C
5Bad Wuennenberg0.130.17 D
Drensteinfurt0.110.11 0C
エアケレンツ Erkelenz0.050.01 1C
ゴッホ Goch0.090.04 1C
ハルテン HaltenS0.020.01 1C
ハム Hamm0.010.01 0B
ヘルホート Herfort0.210.06 0C
カルカー Kalkar0.020.01 2C
クレーブ Kleve0.090.20 0C
レムゴ Lemgo0.160.05 2C
オクトルップ Ochtrup0.030.01 1C
スタインハイム Steineim0.10.19 0
Stadthagen0.010.01 1C
フェルデン Verden0.030.01 1C
4ドルステン Dorsten0.030.03 2D
ハッレンベルク hallenberg0.010.01 0C
レネップ Lennep0.040.01 0C
リューデンシャイドLuedenscheid0.030.01 0C
Marsberg ober0.010.01 2D
Sendenhorst0.020.01 0C
3Bad Driburg0.050.09 0D
Bad Laasphe0.010.01 0D
ミンデン Minden0.020.01 0D

「戻る」

ヘッセン州 HE

総点町名壁長壁率塔数見所
6Bad Soden Salmuenster0.170.23 2C
ダルムシュタット Darmstadt0.130.03 3C
ハーナウ Hanau0.110.05 1B
Heppenheim0.180.24 1C
ホフハイム HofheimT0.080.11 2C
ラウターバッハ Lauterbach0.010.01 1B
ノイシュタット NeustadtH0.060.11 1C
オーパーウアゼル Obetursel0.130.11 0B
Rauschenberg0.190.35 2C
RuedensheimR0.060.01 1B
Schaafheim0.200.28 0C
トレンデルブルク Trendelburg0.100.20 0B
Woelfersheim0.120.25 4D
5バートケニッヒ Bad Koenig0.10.25 0C
バッテンベルク BattenbergE0.120.22 0B
フランケンベルクFrankenberg0.010.00 1
カッセル Kassel0.040.01 2
Melsungen0.090.04 2C
ナウムブルク NaumburgH0.130.15 0C
ニーダ Nidda0.040.07 1C
Reichelsheim Trendelburg0.050.06 4D
ヴィースバーデン Wiesbaden0.020.01 1C
ヴォルフハーゲン Woifhagen0.020.01 1C
4Bischofsheim0.010.011D
ホムベルク Homberg Ohm0.040.01 1D
Mengerskirchen0.020.01/td> 1D
3エアバッハ Erbach0.060.01 0D
フンゲン Hungen0.020.01 0D
ロスドルフ Rossdorf0.170.290 0D

「戻る」

  

ラインラントプハルツ州 RP

総点町名壁長壁率塔数見所
6アルゼイ Alzey0.250.05 2C
ビンゲン Bingen0.020.01 32C
デウッヒロス Duchroth0.340.54 0D
Gau Algesheim0.190.201C
Kirchberg Hunsrueck0.130.171C
キュルブルグ Kyllburg0.270.30 0C
モンタバウアー Montabauer0.220.12 2D
ニーダーオルム Nieder Olm0.340.29 0C
Oppenheim0.010.01 3C
Otterberg0.260.21 0C
Simmerrn Hunsruek0.170.15 2C
ザンクトゴアール St.Goar0.170.22 2C
5BadBergzabern0.030.02 2C
Hachenburg0.020.03 1C
Nieder Ingelheim0.050.01 5D
ヴェストホーフェン Westhofen0.040.01 1C
4Baumholder0.010.01 2D
Essenheim0.050.04 0C
Gau Odernheim0.060.05 0C
Gemuenden0.010.01 1D
Kastellaum0.060.08 0C
コブレンツ Koblenz0.080.05 0C
オーパーオルム Ober Olm0.040.010C
Rockenhausen0.040.04 0C

ザールラント州 SL

総点町名壁長壁率塔数見所
6Saarbruecken0.070.09 0A
5Ottweiler0.130.18 2D

「戻る」

バーデンビュルテンブルグ州 BW

総点町名壁長壁率塔数見所
6Bad Saeckingen0.010.01 3C
Bad Salgau0.170.17 1C
Bad Waldsee0.160.12 2C
バリンゲン Balingen0.160.15 2C
バイルスタイン Beilstein0.330.25 0C
Brackenheim0.100.14 1C
Braunlingen0.080.08 3C
Bruck0.150.17 3D
ガイルドルフ Gaildorf0.130.20 2C
ハインゲン Hayngen0.060.18 1C
ハイルブロン Heilbron0.040.03 3C
Kirchenheim0.230.270C
クッペンハイム Kuppenheim0.230.21 1D
ラウダ Lauda-Koenigshofen0.150.16 2C
ライメン Leimen0.170.20 1C
レーンベルク Loenberg0.080.10 1C
レッフィンゲン Loeffingen0.050.10 1C
Markgroeningen0.170.17 1C
NeuenstadtK0.090.25 1C
プファルツハイム Pfarzheim0.100.05 1
ロッテバイル Rottweil0.140.08 3C
Sindrinren Forchtenberg0.200.34 0C
Tauberbischofsheim0.200.20 1D
バイヒンゲン Vaihingen0.090.13 2C
ヴァイルハイム WeilheimT0.080.13 1C
ヴァインハイム Weinheim0.050.01 6D/td>
ツェル Zell0.050.09 2
5ブレッテン Bretten0.010.01 2C
クレグリンゲン Creglingen0.080.11 2D
エルバンゲン Ellwangen0.040.02 1C
エンディンゲン Endingen0.050.02 1C
エッテンハイム Ettenheim0.040.01 2C
フリディンゲン Fridingen0.140.29 0C
Loechgau0.110.21 0C
Loewenstein0.130.24 0C
マークドルフ Markdorf0.060.05 3D
メスキルヘ Messkirch0.190.25 0C
ミュールハイム MuelheimD0.040.02 1C
ノイデナウ Neudenau0.210.25 0C
ノイアーティンゲン Neurtingen0.020.02 0C
シェール Scheer0.260.37 0D
キュンゼルザウ Kuenzelsau0.040.02 2
Schelkingen0.090.11 0C
ストカッハ Stockach0.140.15 0C
ティーゲン Tiegen0.030.02 1C
Waldenbach0.170.37 0C
4アーレン Aalen0.020.01 0C
ブラウボイレン Blaubeuren0.080.09 0C
ブッヘホルン Buchhorn0.050.11 0D
ビュルクハイム Buerkheim0.060.01 1D
ギーンゲン GiengenB0.170.10 0D
ハルスラッハ Haslach0.100.01 0C
イルスホーヘン Ilshofen0.030.02 1D
ラール lahr0.050.04 2D
Malterdingen0.030.02 1D
メンゲン Mengen0.070.03 0C
ネーレスハイム Neresheim0.120.14 0D
オーバーキルヒ Oberkirch0.060.04 0C
3エルザッハ Elzach0.020.02 0D
ローゼンフェルト Rosenfeld0.010.01 0D
シルタッハ Schiltach0.040.05 0D

「戻る」

バイエルン州 BY

総点町名壁長壁率塔数見所
6アンスバッハ Ansbach0.150.08 1B
エアディング Erding0.100.16 2C
エッシェンバッハ Eschenbach0.210.22 0C
フリードベルク Fridberg0.280.20 0C
ヒッシュアヴ Hischau0.200.22 0C
クリンゲンベルク Klingenberg0.150.27 1C
ケーニッヒスベルク Koenigsberg0.060.02 3C
ラウフェン Laufen0.020.01 3C
Marktheidenfeld0.370.33 0C
MonheimS0.140.24 2C
ノイエッティング Neuoetting0.060.054C
ノイスタット Neustadt D0.140.17 3D
シェスリッツ Schesslitz0.290.390C
フォルカッハ Volkach0.180.19 2C
ヴァイデン Weiden0.220.22 2C
5アルベルク Arberg0.020.37 1D
アルンスタイン Arnstein0.180.26 0C
Bad Kissingen0.060.04 1C
Bad Staffelstein0.070.08 1C
ベルナウ Baernau0.180.23 0C
バウナッハ Baunach0.120.21 0C
バイロイト Bayreuth0.100.05 0B
Deggendorf0.040.01 1C
エルトマン Eltmann0.090.12 1D
Gundelfingen0.110.12 1D
ヘマウ Hemau0.110.12 0C
ニッテナウ Nittenau0.020.024D
Pfaffenhofen0.090.06 3D
Pfoerring0.130.13 1D
Pressath0.020.04 1C
Schwandorf0.110.08 2C
Vilsbiburg0.050.08 1C
Vohburg0.060.08 2C
バイルハイム Weilheim0.360.35 0D
4オイアーバッハ Auerbach0.040.03 1D
エァランゲン Erlangen0.050.04 0C
Frontenhausen0.040.05 0C
ハイデェック Helideck0.030.04 0C
ペグニッツ Pegnitz0.030.03 0C
Vohenstrauss0.050.03 0C
Weissenstadt0.090.07 0C
ヴンジーデルWunsiedel0.100.08 2D
3BadKoenigshofen0.020.01 0D
Marktbibart0.030.02 0D
ノイスタット Neustadt W0.020.03 0D

各町の歴史と見所

 表中の各町について、その町の歴史・市壁・塔・見所を説明します。

⑧ ニーダー・ザクセン州 NS

「戻る」

アルフェルト Alfeld Leine NS1

1.歴史

 1214 ヒルデスハイム司教の文書に初言及、 1220-58 皇帝フリードリッヒ2世は都市権授与、
 1258 町としての文書言及、市壁開始、    1315 都市権はダッセルの町に授与、
 1358 アルフェルト司教の城が言及、       1426 ハンザ同盟に加入して町は繁栄、
 1519-23 ヒルデスハイム紛争の後ボツフェンビュッテル公国の支配下に、1624 30年戦争で疲弊、
 1643 ゴスラー単独和平後ヒルデスハイム司教区に回帰、1803 プロイセン、ヴェストファーレン王国へ、
 1815 ウイーン会議でハノーハー王国へ、         1846 大火で町の半分は焼失、
 1945 1945 2次大戦の被害は無かった。

2.市壁  0.55km 0.0

   13cの市壁は、1770に解体が始まり、18cの終わりには大部分が壊され、19c後
  半には殆ど無くなった。

3.塔  0門2塔

   当初の市壁には4門あったが、今では残っていない。
 フィラー塔Filler Turm (14c) 石灰岩と砂岩で造られた3階建ての四角塔で、高さ22.32m、
   7.10mの正方形である。蔦は1907に植えられた。名前は近所に住んでいた人の名
   前である。今は1995博物館となり、地域の歴史と文化を展示。

4.見所  C

   堀に囲まれ、木組みの家が多い中都市で、3階建ルネッサンスの近代工場1911の
  「ブナ工場」は世界遺産に認定されている。ヴェーザールネッサンスの市庁舎・ルネッサンスの
  木組みの市博物館(旧ラテン学校)等の建物は美しい。
市庁舎 Rathaus (14C) 元のゴシックの建物は、1584-86にヴェーザールネッサンスの3階建に改修
   された。印象深い前面には八角階段塔と装飾出窓があり、西面にはゴシック階段
   状の切妻がある。
 聖ニコラス教会 St.Nicolaus Kirche (1205) 外陣と2身廊はゴシックであるが、残りの部分
   は元からのロマネスクの建物である。西塔は1488に付けられた。13c勝利の十字架
   があり、1542新教の教会になった。
 木組みの家(FachwerkHaus)
 旧ラテン学校 Alte Latein Schule (1610) 印象的なルネッサンスの建物は、多くの絵画で飾ら
   れている。文法・弁証法・音楽・数学・天文学の表示がある。今は地方歴史博物館
   として町の発展の歴史についての展示がる。また外来動物博物館もあり。1930
   年代の収集物を展示している、
 惑星の家 Planet Haus (1608) 3階建ての木組みの建物の前面に建築年号・7つの惑星・
   五感の絵が見られる。薬剤師の象徴的なユニコーンの絵もあるが、薬局の存在証拠は
   ない。
 市民の飲屋Buergerlich Kneipe (1554-56) 木組みの2階建ての建物で、靴屋のギルド
  の家と宿泊所であった。

5.写真

市庁舎 フィラー市壁塔
南壁 東壁

「戻る」

「戻る」

 

バート ガンダースハイム Bad Gandersheim NS2

1.歴史

  852 ザクセン侯爵ルドルフは修道院を設立、9c ゲオルグ教会の場所に商人が定住、
  990 オットー3世は市場・舗装・関税権を授与、1300 ブラウンシュバイク侯爵は城を建てた、
 1329 市民は修道院から権利を買取った、1568 ブラウンシュバイク侯爵は宗教改革導入、
 1570 予備段階の大学はヘルムシュタットに移転、1713-66 修道院はバロック化された、
 1803 修道院の独立性は失われた、    1810 修道院長の死後に財産は王国に、
 1833 グランダースハイム郡を設置し郡庁に、  1878 温泉が開発され温泉治療開始。

2.市壁 0.155km 0.18 

   南に15m+60m、北に80mの市壁が残っている。

3.塔数 

   見当たらない。

4.見所  C

    昔は修道院の町として発展し、歴史的な木骨造の建物が残り、マルクトは木
   骨造の建物で囲まれている。近年温泉の町となった。
 市庁舎 Schross Ahaus (1584-86) 1580の火事の後に旧モーリッツ教会の塔や元計
   量所と階段を含んでルネッサンスで建て直された。1952市博物館が置かれ、町
   の歴史的文書や記念物を展示している。
 大聖堂 StiftsKirche Dom (856-881) 早期ロマネスクの東に翼廊のあるバジリカで、
 西面はどっしりした2塔式の壁がある。最初からのオットー王家の地下聖堂に
   15c側面礼拝堂がある。中にはザクセン侯爵ルドルフの墓標・ザクセン.マイニンゲンの女
   子修道院長エリザベスの大理石の石棺・青銅浮彫の扉・ロスヴィッタ窓がある。
 大修道院 Abtei (1597) 旧大修道院は、ヴェーザールネッサンスの美しい建物で、大火
   災の後に1713-66女子修道院長エリザベスによって再度バロックで新設された。
   皇帝広間は設立者エリザベスの領主宮廷の証明である。バロックホールの飾りとし
   て35皇子の肖像画が描かれている。修道院は1810に溶解した。
  Burg (13c) ブラウンシュバイク侯爵の一時的な居城として建てられ、1530改造さ
   れた。今は地方裁判所と刑務所である。
 選別 Bracken (1690) 最も古いニーダーザクセン風の豊かな装飾の木組みの家でマルクト
   広場にあり、今はブラウンシュバイク地方銀行の営業所になっている。
 修道院教会クルス KlosterKirche Clus (1123) 旧ベネディクト会修道院の敷地に在る
   聖堂であり、1487のゴシックの彫刻祭壇がある。1977からオルガン演奏会開催。
 修道院ブランスハウゼン Kloster Branshausen (852) 783の町が誕生した場所に立ち、
   最初の修道院会議の場所。色々と使われた後に 1989文化センターになった。
 聖ゲオルク教会 St.Georgs Kirche (12c) 最も古い木組みの教区教会で、木製農
   家風の後陣がある。1676内部の整備がなされた。

5.写真

市庁舎 北壁
南壁 僧院
修道院聖堂

「戻る」

「戻る」

バート ハルツブルク Bad Harzburg NS3

1.歴史

  780 キリスト教の礼拝堂が建てられた、     916 ヘンリー3世は修道院の設立を支援、
 1065-68 ヘンリー4世は代官を置き家を建てた、1180 フリードリッヒ1世は城で戦い再構築、
 1218 オットー4世は城を所有し火薬塔で死亡、 1488 ブランズウイック侯爵は城を保有した、
 1575 食塩水が利用され、侯爵ジュリアスは鉱業と治金を奨励した、
 1618-48 30年戦争で町は略奪され焼かれた、 1831 スパが始まり医療施設を建てた、
 20c 世界大戦では病院の存在で被害は受けなかった。

2.市壁 0 

    現存の道路網を見ても、市壁跡は判然としない。

3.塔数 0 

    見当たらない。

4.見所  C

    温泉保養地として発展し、噴水や公園が随所に在る。
 ザクセン城跡 Sachsenburg (11c) 町の南東の山頂に城跡が残り、考古学的空堀があり、
   説明版が設置されている。城山にはロープウエイがある。
 ビュンドハイム宮殿 Buendheimer Schloss (1251) ブランズウイック・ヴォルヘンビュッテル侯爵ユリウスは、
   1573に完成した新しい建物の使用を命じ、代官の本拠地として管轄権を行使
   した。1626に30年戦争の帝国軍に宮殿は破壊された。1650侯爵アウグストは新し
   い建物を構築したが、1685屋根の欠陥で取り壊されて再構築された。1977町
   が購入して改修し、今は結婚式場・催物会場・文化行事に使用。
 保養所 Wandelhalle (19c) 温泉街のシンボルとして公園の中に飲場と塩水浴ホールが建て
   られた。
 馬車庫博物館 Museum im Remise (1994) 市庁舎の近くに古代ハルツブルクの発掘調査
   資料・城山の歴史などの展示が7部屋にある。
 市立図書館 Stadtbuecherei スパセンターにバートハルツブルクと西部ハルツ山麓の文書大コレクションを
   管理している。
 カジノ Spielbank 温泉街の中心の公園にルーレットなど7種の機械の古典的ゲームが行われて
   いる。

5.写真

     
市庁舎通り

「戻る」

「戻る」

バート ザルツウフレン Bad Salzuflen NS4

1.歴史

  1036-51 パーダーポルン司教はアブディンホフ修道院にウフロン集落の塩鉱を贈呈した、
 13c 集落のザルツホフに製塩所が建設され、利益の多い塩の生産で町に発展した、
 1488 リッペのベルンハルト7世は都市の権利を授与、白い黄金として塩を貿易して繁栄、
 15c シュテンベルク伯の塩交易で町は発展し、4門の市壁や装飾豊かな民家を建設、
 1545-47 豪華な石造旧市庁舎を建設、中世に資金難にならなかった都市の一つ、
 1817 医療顧問のハッセ博士が浴場を開設し、スパタウンへの転換が始まった、
 19c 3飲泉・3温泉スパ・3塩泉源のリッペ侯爵温泉都市へ、枝状架装置の呼吸器治療、
 1914 ザルリュフレンはバートの称号を遅れて得た、20c 大戦を些少な被害で切り抜けた、
 1934 市はレムゴ郡に編入、1969 州再編で統合されバート・ザルツウフレン市へ。

2.市壁 0.05km 0.01 

    15cの市壁は、4門と3見張塔があり、西は壁通り東は塔通りの位置に、僅かに
   残されている。

3.塔数 1 

    4市門は、北にシュリーブシュタイナー門・北東にヘスカンバー門・南東にオスター門・西にヘルフォルダー
   門・があったが現存しない。3見張塔の内 東側の猫塔は現存する。
 猫塔 Katze turm (1300) 大口径の石造円塔で、円錐屋根に見張窓が付いている。

4.見所  C

    中世に繁栄した魅力的な中心部には新旧が調和し、広い歩行者ゾーンには古い旧市
  庁舎・市教会・美しい木組の家と新しい店舗・レストラン・カフェが融合している。街の中央には緑の
  サルゼ川が流れ、パーラー・ザルツホフでは、塩の歴史を説明したいる。
 旧市庁舎 Alte Rathaus (1545-47) 行政と町の権威を、示すため、階段切妻2階建の豪華なルネッサンス
   の強大な石造建築である。酒場・宴会場・舞踏会場・裁判室・協議室・消防器具庫・消防用爆薬庫
   ・十分の一税庫などが、一つ屋根の下に詰まっている。前面の3装飾石(市章・バラ・星)は、
   その後掲げられた。正面入口の階段は、1853に付けられた。
 改革派市教会 Ev.Refermierte Stadt Kirche (15c) 旧市街地の高台に建てられた中世後期の教会
   は、火事で身廊が焼失して、1762再建され、1892には大規模な改修と増築が行われた。身廊
   の前にある単塔は後期ゴシックで、1782ボンネット屋根は付けられた。1765説教壇が有名である。
   市教会の近くに、1928階段破風の漆喰塗りの集会場が建てられた。
 ルター派救世教会 Ev.Luth.Erloeser Kirche (1891-92) 歴史主義的なネオロマネスクで建てられ、1908-09
   に塔を含む西側の拡張が行われ、1939にも更に拡張された。
 カトリック聖母教会 Kath.Frauen Kirche (1956-59) 平和の女王聖母マリアに捧げられ、山形屋根の長方形
   にの塔に特徴のある大教会である。
 シュティーテェンクロン城館 (18c)南のシェトマール・ミッテの城館庭園内に、2階建の貴族の館として築かれ、今は音
   楽学校として利用されている。
 木組の家 Fachwerkhaus(16-17c)
   ラング通り1-5 切妻2-3階建の木組建物群。年号の銘がある:1番地1625、3番地1590、5番地1650。
   ラング通り33 大切妻3階建の建物で、豊かな彫刻や出窓の張出がある。1612の銘がある。
   ラング通り37 張出窓のある木組切妻建築で、1623の銘がある。
   ラング通り41 1618建造のオーパーマイヤーの館。豊かな彫刻を持つ前面は19cに改装。土間にはルネッサンスの暖炉。
   アム・マルクト17 完全な3階建の木造建築で、1658の銘がある。
   オーペレ・ミューレン1 切妻木造2階建のバックス邸は、町で最も豪華な木組の建物。
   オスター通り40 1571の銘のある3階建の切妻建物で、1747に改築された。
   リッター通り6 16c後半の3階建木組の建物、今はホテル:アルミニエス。
   ヴェンケン通り8 持出し3階建切妻の建物で、1631の銘がある。
 石造建築 Steinhaus(16-17c)
   アム・マルクト5 旧市長邸、市庁舎と向かい合い1564建造され、1580切妻に改築された。
   アム・マルクト36 1600頃に建てられた石造建物の前面は1860/70に改築されバルコニィーが設けれれた。
   リッター通り8 16cに建てられた建物は、1900年頃に改築されて恰好が悪くなった。
   シューテーグ2-4 1604に建てられ、地階だけが石造で上階は彫刻豊かな木組である。
   ヴェンケン通り10 1520建造の地階石造の建物で、レンガ埋込の格子状の装飾がある。

5.写真

     
旧市庁舎市教会

「戻る」

戻る

ボッケネム Bockenem NS5

1.歴史

 1154 ゴスラー修道院の文書に初言及、    1300 ヒルデスハイムの都市法典を授与、
 1314 ヒルデスハイム司教へ売却、1314-23ヒルデスハイム王子司教に属し堀・市壁・塔を構築、
 14-15c 多数のギルド成立で経済的繁栄、       1427 ハンザ同盟に加入、
 1519 ヒルデスハイム教区とブラウンズウイック公国の戦争、1522 大火事で町の3/4が焼失、
 1535-1643 ブランズウイック公国が支配、    17c 30年戦争と疫病で人工1/3に、
 1643 特別和平で平和が戻った、 1685.1785.1847 度々の大火事で復興は20c、
 1870 市壁を越えた都市開発開始。

2.市壁 0 

   14cの市壁は、約400m×400mを囲むWall付近にあると思われるが、見当た
   らない。

3.塔数 0 

   見当たらない。

4.見所  C

    1847の大火事の後も、多くの赤い屋根の木組の家屋が残る小さな可愛
   いい小さな町。1990にドイツ木組の家協会に加入して保存に努めている。
 市庁舎 Rathaus (11c) 旧市庁舎の場所に、近代的な2階建の市庁舎を21cに建てた。
 聖パンクラチウス市教会 Stadthaus St.Pankratius (1403) ゴシックの下部切石上部荒石造
 のホール教会は、1847の火災で破損し、1850に再建され、2013-14に改修された。
 塔時計博物館 Turmuher Museum (18c) マルクト広場の市庁舎側にある3階建8窓列の
   大きな木組の建物に、元ボッケナー時計工場の工作機械や製品を展示。
 聖霊礼拝堂 Heilig Geist Kapelle (1350) 荒石造平屋の小さな礼拝堂
 旧ベネディクトの家 Ehem.Beguinen Haus (1350) 交差点にある古い様式の2階建木組
   の建物。
 地方監督者の家 Ehem.Superimtendentur (1584) 梁彫刻の豊富な木組の建物。
 宿屋 Gasthaus 中央と側面に切妻のある美しく装飾された木組の家。

5.写真

  
市庁舎 木組家

戻る

戻る

ボーデンウェルダー Bodenwerder NS6

1.歴史

  960 ケムナーデ修道院が島に設立、  1245 ハインリッヒ2世は修道院から集落を買った、
 1284 町として初言及、 1287 都市圏を授与、 1289 ヴェーザー川に橋を架けた、
 1340 ホンブルク・ボードン家の荘園成立、   1340 市壁と塔による防御施設を建設、
 1409 ホンブルクの絶滅後ブランズウイック・リューネブルク公国に属した、 1418広い森林を取得、
 1521 カレンバック公国エーリッヒ1世支配下に、 16c末ミュールハウゼンのスタティカスは領主の館建立、
 1750 ミュンヒハウゼン・ヴェルダー男爵は軍を退役して町に住み、軍事冒険談を語った、
 1814 ハノハー公国に属した、     1866 ハノーハー王国の併合によりプロイセンとなった。

2.市壁  0.02km 0.01

   1340の市壁は。殆ど残っていない。Corvinus Gasse の西側にU字型の砦が
  あり、13cの防衛施設の残りである。

3.塔  1門1塔

 粉挽き門 Muehlen Torturm (1300) 北のMuehlenTorに中世の門塔が在
    る。1948までここに旧市街への二つの通路があった。
  turm (1300) Im Hagenの東側に塔が残るが、何かわからない。

4.見所  C

   ほら吹き男爵ミュンヒハウセンの町として有名で、木組みの家が残されている。
  生家の前の公園には男爵が上半身のみの馬にまたがった像がある。
 旧市庁舎 Altes Rathaus (16c) 1797に故人となったミュンヒハウセン男爵の領主の館を、
   1938に買収して市庁舎として使った。今はミュンヒハウセン博物館である。
 聖ニコライ市教会 StadtKirche St.Nikolai () 。
 聖ゲトルーディス礼拝堂 Kapelle St.Getrudis (1407) 1410礼拝堂は奉献され精霊病院の
   ために使われた。今は古い建物に市の芸術家のアトリエ・展示場である。
 ケムナーデ修道院 Kloster Kemnade (960) 村の名前の修道院がヴェザーの2人の娘によって
   建立された。1140コルベイ修道院に管理権が移され1168所有となった。1146ロマネスク
   の3廊柱バジリカの聖マリア教会が献堂された。30年戦争で双塔と一部身廊は壊された。
   
 木組みの家 Fachwerk Haeusen 旧市街には多くの木組みの家が残り、Homberger通
   りの木組みの家は特に美しい。
 ミュンヒハウセン博物館 Muenchhauzen Museum ミュンヒハウゼン男爵の住んだ館は、今はミュンヒハウセン
   博物館となり、男爵の歴史や持ち物の他、700年間の本がある。この館は1603-09
   領主の館として建てられ、1720-97ミュンヒハウセン男爵が住み、1938町が買収して市庁
   舎として使った。その他NebenGebaeudeとSchulenburgにも博物館。

5.写真

街並 聖ニコライ教会
メンシェハウゼン博物館

戻る

戻る

ブラウンシュバイク Braunschweig NS7/h3>

1.歴史

 1031 ハルバーシュタット司教の奉献帳に初言及、1144ザクセン侯爵ヘンリー・ライオンは居城建設、
 1160-75 王宮・市場の建設.市壁と堀の補強、1245 ハンザ同盟加入、ギルドの伸長、
 1380 貴族支配で除外されたハンザに再加入、 1386 憲法改正でギルドの支配確立、
 1493 侯爵の征服は市の財政支出で回避、  1531 宗教改革でシュマルカルド同盟に、
 1564-13 市の補償金と帝国法人税の抗争、 1666-04 市内を包囲して占領、
 1669 ハンザ同盟の最後の会議に出席、  1731 ブランズウイック大公は王宮・道の建設、
 1806 イエナの戦いでザクセン軍の敗北、     1813まで 仏軍の占領、
 1830-84 侯爵ビルヘルムは砂糖・缶詰工場振興、 1885 プロイセン公アルバートは摂政に、
 1918 ブランズウイック社会主義共和国に宣言、  1930 ナチスの時代、
 1940-45 40回空襲で旧市街の90%破壊。 

2.市壁  0.12km 0.02

   1195町は大方形成されたが、南西部は市壁外であり、ハーゲンは別の市壁を持
   っていた。13c前半に北西の入植地を含めて一つの円型の市壁と8門になった。
     オットー4世は市壁を拡張強化し12門とした。18cから市壁は取り除けられ、今
   は、北西100m、西南端20mの二重壁しか見られない。

3.塔  0門1塔

   中世には強い防御施設で守られ、幾つかの包囲に耐えた。例えば西のHohes
   Torは、1255に造られた二重門で落とし格子と跳ね橋を備えていた。その後刑
   務所を務め、老朽化で1788に取払れたが、路面には門の位置が示されている。
   Echtern Str.の西に、StadtmauerTurmとWehrTurmの基礎が残っている。

4.見所  S

   ハインリッヒ・ライオン公の居住地となったこの町は、ハンザ同盟に加入して繁栄し、2次
   大戦で多くは破壊したが、歴史的建造物の多くを再建修復して美しく雄大な景
   観を見せている。金持ちは13cから石造の建物を建てたが、木組みの家も早くか
   ら石の地階の上に枠組みを置く工法で耐久性を増し、14-15cの木組みの家も相
   当存在している。
 旧市街市庁舎 AlteStadt Rathaus (15C) 中世2階建ての旧市庁舎は直交する二
   つの棟で構成されたゴシックの建物である。地階は開かれたアーチであり、その上
   に15cの煉瓦のキャレクターのあるバルコニーが乗っている。今は町の歴史の展示や展
   覧会などの催し物が行われている。
 市庁舎 Rathaus (1894-1900) ネオゴシック3階建ての大きな建物で、窓の形が各階
   で異なり、南西の角には高さ61mの塔があり、161の階段で登れる。市庁舎
   の前に、統一記念日の2010年10月に、ベルリンの壁の1ブロックが置かれた。
 ダンクヴァルダーローデ城 Burg Dankwarderode (1175) 侯爵ハインリッヒ・ライオンの居城であ
   った。今の建物は1887に考古学的調査に基づいて再建された物である。
 ライオン城 Burg Gloewe (1166) 城の前の高い台座の上にロマネスク彫刻の大きなライオン
   が乗っている。かっては金色の青銅鋳物は、ハインリッヒ・ライオンの力と統治の象徴
   として建てられた。このオリジナルは城の中に在る。
 王宮宮殿 Residenz Schloss (18C) 2次大戦で大被害を受け、1960に除去され
   た。2007古地図と写真から600以上のパーツを組み合わせて元の大きさで復元
   された。今は市立文書館・市図書館・文化研究所として使われている。
 聖ブラジウム大聖堂 Dom St.Blasii (1173-95) 聖ブラジウス元参事会教会は、今は
   新教ルーテル教会になった。初め3身廊のバジリカとしてパレスチナ帰りのベリー司教に
   よって建てられ、その後何回か拡張・再建された。大聖堂には、ハインリッヒ・ライオン、
   ドイツ皇帝オットー4世の墓がある。中には、1188聖母の祭壇・1170七分岐燭台・12c
   ハインリッヒ・ライオンとマチルダの墓の木彫十字架等が在る。
 聖マティーニ St.Martini (1198) 旧市街庁舎マルクトに貴族と商人のためのロマネスク3身
   廊柱バジリカの教会を建てた。1250-1400ゴシックのホール教会となり、1400内陣と
   アンネ礼拝堂が建てられた。その後ロナネスクの鐘楼と通路側の入口が付けられ、
   西棟が建設された。中には、15c洗礼盤・17c説教壇などがある。
 聖マグニ St.Magni (1031) 古いマグニ荘園の小さな教会であった。1252教会ホールの
   再構築が始まり、1447改修され、1945空爆で内陣と西棟を残して壊され、
   1956再建された。
 聖アエギディーン St.Aegidien (1115) 旧ベネディクト会修道院教会は、今はカトリック教区
   ノートルダム大聖堂聖アエギディーンとなっている。元のロマネスクの建物は1278に焼失し
   初期ゴシックの大聖堂となった。宗教改革後1542地区のルーテル教会となり、1811
   倉庫・会議場・博物館などに使用だれ、1945にカトリックの教区教会となり、修道
   院の客室は郡刑務所となった。
 聖ミカエル St.Michaelis (1157) 旧市街南西部の低階級居住地に、住民により単
   身廊の教会が建てられ、貧者や外部者の埋葬場所となった。14cゴシックのホール
   教会を建設した。
 聖アンドレアス教会 St.Andreas Kirche (1230) 初めロマネスクの柱バジリカの教会は13c
   ゴシックのホール教会になった。15c北と南側に切妻が付けられ、1528ルーテル教会と
   なり、1544南塔は122mになった。1680火事の後に塔頂はタマネギ頭となり、
   1944の空爆被害で壊れた尖塔は復元され内装は一新された。
 ハンザの家 Haus zur Hanse (1567) 商館や住居として議員によって建てられた
   美しい木組の家。梁には波の彫刻があり、1869前面はルネッサンス初期の様式
   に変更された。
 Fachwerk Haeuser 木組みの家
  古い木骨造家通り Alte Knochen Hauser Strasse 2-3階建木組の家並
   No.11 (1470):持ち送り梁・階段ゴシッくの窓飾り。
   No.12 (1490):ゴシックの階段装飾帯・1740の扉。
   No.19 (1489):模様で飾られた持ち送り梁・ゴシックの階段装飾帯、垂木の頭模様。
  本物通り Echtern Strasse 古い2-3階建ての木組みの家
   No.14 (1559) 説教師未亡人の家、碑文に建設年次、地階は傾きがある。
   No.16 (18c) 18cの漆器工場、今は市博物館として漆器Stobeasserのコレクション。
  マグニ教会の背後通り Hinter der Magni Kirche 移設された木組の民家
   No.1 (1500) 1916ここに移築された、1645に3階部分と屋根は付けられた。
   No.4 (1559) ゴシックの垂木の頭、側面持ち送り、銘帯角材、コーンマルクトから移設。
  マグニ地区 Magni Viertel 歴史的な木組みの家が多く美しく保たれた。
   Herrendorftwete am magnitor No.1 (1490):ゴシック階段帯状装飾、引止め梁。
  ヘルタイムの家 Veltheimsche Haus (1573) 城広場の北に美しい3階建て木組の家
   があり、市民の経済力を表す2番目に大きな建物で、元の家の木材を使っ
   て1901に建て直され、1902商工会議所のギルドハウスである。
  旧計量所 Alte Waage (1534) 独立した木組みの建物で、地階の上に中2階と
   2上階が張出し、3つの屋根核のある屋根がその上に乗っている。1854-62
   放置された建物が復元された。1937-39前面の改装工事が行われた。1944
   空爆で破壊され、その後成人教育のための施設として再建された。
 ゲバントハウス Gewand Haus (1303) 旧仕立て屋の保管・流通の拠点として建てら
   れたルネッサンスの建物で、東階段切妻外装飾りは見事である。今は商工会議
   所が管理している。
 ステッヒネリの家 Stechinelli Haus (1690) ツェレのステッヒネリ家の建物で、1944に大き
   く壊れ、その後大きなルネッサンスのアーチが再統合された。
 市博物館 Stadt Museum (19024-06) 町の芸術や文化に関する広範な収集物
   があり、絵画・グラフィックアート・工芸品・楽器・民間伝承・武器・硬貨を展示。
 州博物館 Landes Museum 町の先史と初期の歴史・民間伝承の展示。
   愛国博物館・ユダヤ博物館もある。
 侯爵アントウルリッヒ博物館 Herzog Anton Ulrich Museum ヴェルフェン家の美術品や
   中世の聖遺物・オリジナルのライオン像等が在る。

5.写真

市庁舎 エヒテル通り
ダンクヴァルデローデ城 ブルク広場
大聖堂 ティルの仕掛け時計

戻る

戻る

ビュッケブルク Bueckburg NS8

1.歴史

 1304 町の初言及、家臣・農民・職人が定住、     1367 町に市場があった、
 14c 土堤と堀のある市壁建設、         1498 ヨハン4世は町に居住した、
 1510 マリア教会建設.1541火災後の再建なし、16c 伯爵オットー4世は水城を4翼宮殿へ、
 1606 伯爵エルンストは舞踏会場を設け恒久的な王宮とし 家来住宅・市門・厩舎を建設、
 1609 伯爵エルンストは町に都市権を授与、 1648 30年戦争はリンデン要塞のため無傷、
 1787 カッセル方伯が占領もハノーハー選帝侯の介入で退却、19c 3市門が壊され町は拡張、
 1814 ナポレオン後シャン・リャペの郡になった、    1867 プロイセン第7師団の駐屯地に、
 1918 アドルフ2世が退位しワイマール共和国へ、1944 空爆に遭い、米軍進駐.英軍管理。

2.市壁  0.0km 

   1684のメリアンのスケッチには市壁があるが、今は見当たらない。

3.塔  0塔1塔

   1606 Lange Str.の東西に下門と上門が造られたが、19c中に取り壊された。
 イーダ塔 Ida Turm (1847) 侯爵ゲオルク・ウイリアムが飢餓の1847に農民に仕事とパンを与え
   るために、南東の山中にこの塔を建て妻の名前を付けた。128段の螺旋階段を
   登ると海抜212mの展望が開ける。

4.見所  C

   多くのルネッサンスの建物が領主の居所として栄えた面影がある。見所は宮殿で堂
  々たる門を入ると庭園・宮殿の広間・礼拝堂など見ごたえがある。
 市庁舎 Rathaus (1905-06) 時計塔付の2-3階のヴェーザールネッサンスの複合建物である。
   大講堂・ラッツケラー・財務局・市議会・デパートが含まれた。大広間の椅子は市民から
   の寄贈で賄われ市民の名前が刻まれている。
 宮殿 Schloss (1302) 伯爵アドルフ6世が城を建て、16c伯爵オットー4世は水城を4翼の王
   宮に改造し、1814からシャンリッペの居城となった。中には、神々の間・大祝祭広
   間の黄金装飾・華かな黄金彫刻の礼拝堂があり、英国風庭園が囲む。
 霊廟 Mauseleum (1911-15) 城の西に、三角屋根に円形のローマ・パンテオン風の建物で
   建てられ、入口は新古典主義である。建物は王室の霊廟であり、シュームバーク
   ・リッペ家の王達が埋葬されている。
 侯爵乗馬学校 Fuerstliche Hafreitschule bueckburg (19c) バロックの領主馬術学校
   であったが、今は博物館として、歴史的な厩舎・馬車・18頭の種馬・納屋・ルネッサン
   スの乗馬場などを見学できる。
 市教会 Stadt Kirche (1611-15) 伯爵エルンストは3身廊ヴェーザールネッサンス教会の傑作を建
   てた。内部は1962の火災の後に復元されている。
 ヘリコプター博物館 Hubschrauber nmuseum (1971) 世界で唯一の博物館で、ヘリコプター
   の歴史と40機以上の機体と多くの部品が展示されている。2011には430機のミニ
   チュアモデルが追加された。
 ブリュックブルク地方博物館 Landdes Museum Bueckburg (1905) 1564に建てられシャウムブ
   ルガー館が収容されていた木組みの建物を改修して歴史とシャン・リッペの博物館とした。
   地域の民族衣装を集め、その生産過程や工芸度を示し、地域の歴史と街を彩
   った学者・音楽家・画家・詩人・作家の人生と作品を展示。

5.写真

 
市庁舎 宮殿
宮殿

戻る

戻る

ブルクドルフ Burgdorf NS9

1.歴史

 1279 ヒルデスハイム司教は援助文書で初言及、   13c ヒルデスハイム教区の小さな集落、
 1433 ハイデ公爵は城・3門・市壁・堀で守り強化、  16c 町は2樹ライオンの紋章導入、
 17c 30年戦争で町は荒廃、1633 町は課徴金の反乱、 1658.1809 火災発生、
 1802 初期市壁の取払いによる市域拡大、   1945 戦後労働者導入で人口増、
 1945 郡庁として、裁判所と税務署を設置、  1974 近隣の町と新地区を形成、
 2004 行政区ハノーハーに帰属。

2.市壁  0.02km 0.01

   15cの市壁は、1802から取払われた。Am Wallの内側に20mの壁がある。

3.塔  0塔1塔

   見当たらない。

4.見所  C

   小規模の歴史的な旧市街地には、歴史的建造の木組の建物があり、20c後半から
  復元されている。
 歴史的市庁舎 Histrische Rathaus () かって住宅兼商店として建てられた切妻のあ
   る2階建の木組の建物。
 市庁舎 Rathaus (1811) ユダヤ人は木組2階建の建物で旧シナゴークを建てた。1929町に
   売却され、1941からヒットラーユースの事務所となる、後に図書館となった。2008に
   KulturWerkStadt として文化集会所となった。
 市会館2 LandratsVilla 2 () 大きな複合建物で各事務所と広間がある。
 住居 Wohnhaus (1809) 2階建の木組の家でツヴァルハウスがある。
 市教会聖パンクラティス StadtKirche St.Pankratius (1809) 同年に焼失した前の建物の跡
   に新古典の新しいが建てられ、1859尖塔付きの四角の西塔が付けられた。
 市博物館 Stadt Museum (1658) 元は古典的な町役場であった。1950にサドルバックの
   屋根を、1988グロッケンユピールが付けられた。
 聖ニコラウス教会 St.Nikolaus Kirche (1935) 旧市街の東に、カトリックの教会が建てられ、
   1972に大幅に拡張され近代化された。
 ブルクドルフ宮殿 Schloss Burgdorf (1643)2階建2翼の大きな木組の建物が残り、今は
   市が行政本部と演奏会場として使われている。Amtshausには1714-1881郡の
   長官が居た。1979-81バロックに改装された。

5.写真

         
旧市庁舎 聖パンチアキウス教会
市博物館 北市壁

戻る

戻る

ツェレ Celle NS10

1.歴史

 993 アラー川の交易拠点の初言及、  1292侯爵オットー今の町を造り西の水城に住んだ、
 1301 都市権を授与  1378 ザクセン・ヴッテンベルク侯爵アルブレヒトはリューネブルクから町へきた、
 1433 侯爵が定住して宮殿を建てた、 1452 侯爵フリードリッヒは市壁に修道院を建てた、
 1527 侯爵エルンストは要塞を拡張、    1665 侯爵ゲオルグ・ウイルヘルムはバロック宮殿拡張、
 1705 ハノーハー公国となり300年の侯爵宮殿は終わった、      1757 仏軍は占領、
 1772 デンマーク王女キャロラインはツェレに追放、   1810 町はファーレン王国に属し仏軍が支配、
 1837 ハノーハー王エルンスト・オーグストは町を第2住居へ、  1866 露墺戦争でプロイセン領となる。
 1945 4月連合軍占領その後英軍管理。

2.市壁  0.01km 0.01

   1292の町の始まりは、WeisserWall・NordWall・Stechbahn・ZoellnerStrasseの
  範囲であった。1530侯爵エルンストの拡張で、AlteBlunenLageを壁内に取り込んだ。
  30年戦争の間は、3門で堡塁は強化された。18c中世の要塞は重要性が失われ、事
  代の経過と共に前面の土堤は下げられ堀は埋められ、19cの終わりには土堤は無く
  なった。今は、SchuetzMuseumの1階部分に約10mの市壁が見られるだけである。

3.塔  0門0塔

   見当たらない。

4.見所  A

    1378-1705リューネブルクを追われたヴェルフェン家侯爵の居所であった。ツェレの3人の
   偉大な女性が足跡を残し、多くの木組みの家屋は復元され、16-18c木骨造の家
   が立ち並ぶ旧市街が保たれている。旧市街の南の歩道上にはうまの蹄鉄が埋め
   られており、これを踏むと再びツェレに帰って来れるとの言い伝えがある。
 旧市庁舎 Altes Rathaus (1292) 侯爵オットーは1292に町を造り2階建ての市庁舎を建て、
   1378に拡張した。1561円天井の北翼をたて、北切妻にヴェーザールネッサンスの彫刻を
   行った。1580-81南翼の拡張、1600-03古典様式での南翼再建。1938南へ拡張。
   2008-09前面を1697の形に調査復元した。
 新市庁舎 Neues Rathaus (1873) ゴシックリバイバルの建物は歩兵連隊77大隊の兵舎とし
   て建てられ、後にドイツ帝国の軍事施設となった。長さ181m高さ25mの4-5階建
   300室がある。兵士は9.5*6mの部屋に24人収容されていた。2次大戦後に英軍
   が使用し、その後1999大改修されて新市庁舎となった。
 ツェレ宮殿 Celle Schloss (13c) 14cに王宮となり、1530ルネッサンスの宮殿に変換された。
   18cバロックで拡大・再構築が行われた。1772-75デンマーク王女キャロラインが住んだ。1485
   礼拝堂が奉献され、宗教改革後にルネッサンスに改造され現存する。住家は18cの豪壮
   な家具や絵画で飾られている。東翼はハノーハー王国のボーマン博物館の一部となって
   いる。王宮博物館は、2005城の歴史をバロックの部屋に展示。
 高等裁判所 Oberlandes Gericht (1711) 3階建ての控訴裁判所は、初めハノーハー・ツェレ
   によって設置され、後にブラウンヴィック・リューネブルクに移った。上訴は殆どなく終審裁
   判所であった。1810ヴェストファーレン王国に、1866プロイセンになった。今は、ニーダーザクセン
   州の裁判所である。
 旧乗馬学校 Altes Reithaus (1664) 初め乗馬学校として建てられ、1700侯爵の厩舎、
   1774一時農場の納屋、1806仏軍の厩舎、1833竜騎兵の馬小屋、1848城の厩舎、
   1866プロイセン駐屯地の厩舎、1922町が所有、1951商業事務所。
 聖マリア市教会 StadtKirch St.Marien (1308) 町の創設と共に3身廊ホール教会は設立
   され、ヒルデスハイム司教によって献堂された。後にバロックの漆喰仕上げとなりオルガ
   ンが置かれた。侯爵の墓が置かれ、74.5mの高い塔が在り、塔上の吹奏者がい
   る。
 木組みの家並 Fachwerk Haeuser (16-18c) 切妻は15-18cの建物に付けられ、16
   cの前半から階段状の飾りが付けられ、16C中から葉や蔦の彫刻で飾り、17cから
   帯模様が付けられ碑文が梁に付けられた。建物の特徴としては出窓のある張出
   と側面が段状に上に行くほど前面にせり出している切妻がある。
 ツェレ・グロッケンシュピール Celle Glockenspiel (1937) マルクトには、1842の宝石・時計店にカリ
   オンが置かれ、その閉店後に町が引き継ぎ、1日に3回、チャイムが鳴り人形の像が現
   れる。
 最も日付の古い家 Aeltest Datiertes Haus Celle (1526) ゴシック文様と階段切妻屋
   根の木組みの家で、1962の火事で1973通りに中庭を開いて、大きな空間領域
   を全面改修した。1987家具店、1999本屋、2005若者ファッション店。
 ホッペナーの家 Hoppenerhaus (1532) 二階と三階が前面に張出し、切妻が二段に張り
   出している。前面全てに模様が描かれている。描かれているのは神話上の生物
   と昆虫等である。
 シュッテヒネリの家 Stechinellihaus (1672) 侯爵の宮廷エージュエントのフランチェスコ・ステッヒネリの住居
   であった。1668火事に遭い1675再建された。1795新古典主義の建物になり、
   1820ホフメディクス博士が購入、1836銀行家が購入、1875彼の孫がスクリーン制作所に
   した。
 ボーマン博物館 Bomann Museum (1892) 城の前に州で最大の美術館が設立され、ヴィ
   ルヘルム・ボーマンの名前が付けられた。ニーダーザクセンの民話やツェレ文化史の現代美術
   の展示がある。
 ツェレ美術館 Kunstmuseum Celle ロバート・シモンのコレクションで、24時間営業の近代コレクションと
   現代美術館である。
 ツェレ駐屯地博物館 Celler Garnison Museum (20c) 駐屯地385年の歴史を武器・通信機
   と共に展示している。
 ドイツ刺繍模様博物館 Deutsche Stickmuster Museum (1770) エルフィトコメマンのコレクションを、
   1770に建てられたロココの宮殿に、刺繍の嫁入り道具・手彩色刺繍パターン・1600から
   の刺繍貴重品を展示している。
 射手博物館 Schuetzen Museum (1901) Alten CellerTor Strasseの市壁の上に建
   てられた木組みの家を改修して、射手博物がある。

5.写真

市庁舎 木組み家
ツエルナー通り
馬の蹄鉄 市壁と射撃博物館

戻る

戻る

ダッセル Dassel NS11

1.歴史

  826 コルフェィ修道院文書にザクセンの農場で初言及、    10c 聖ローレンス教会設立、
 1022 皇帝ヘンリー2世はマイセン大司教区からヒルデスハイム教区へ、1113ダッセル伯は市場町へ、
 13c ヒルデスハイム教区に売却され町は低迷、  1310 ヒルデスハイム司教が支配し兵調達、
 1315 都市権を授与され市壁・堀を建設、  1447 焼失した聖ローレンス教会を再建、
 1521 ヘンリー・ヴォルヘンビュッテルに征服された、   1625 30年戦争テリー軍が町を破壊、
 1643 ヒルデスハイム教区となった、       1811.1848.1850 大火災で町は焼失、
 1802 プロイセン軍が町を占領しハノーファー王国、   1866 ハノーハー王国をプロイセンが併合、
 1945 2次大戦の被害はなかった、ニーダーザクセン州へ。

2.市壁  0.28 0.35

   14cの市壁は、北側と南側に幾らか残されている。市壁に直接建てられた装飾
  のないシンプルな木組の家が見られる。

3.塔  0

   見当たらない。

4.見所  C

   多くの保存された19cからの木組の家が、NeuStrasseやOberStresseにある。
 旧市庁舎 AltesRathaus (1674) この場所の旧市庁舎が壊され、1817に屋外階段の
   ある木組の庁舎となり、上階の歴史的な大広間では祝宴が開かれた。今では催
   し会場や市図書館となっている。
 市庁舎 Rathaus (1970) 旧市街に接して 西南の外に新築された。
 聖ローレンス教会 St.Laurentius Kirche (1447) 3身廊ゴシックのハレン教会で、壁が厚く古い
   要塞のような塔が在る。南ニーダーザクセンと東ヴェストファーレンの他の教会のように、中
   世には市民の為の避難場所であった。教会内部の身廊と南通路にルネッサンスの壁が
   あり、南入口には銘板がある。18cには焼失して切妻屋根と塔頂は置替えられ
   た。1966までは町の所有であった。
 聖ミカエル教会 St.Michael kirche (1847) 古典主義で建てられたカトリックの教会で、中央
   に座った屋根タレットは砂岩の屋根を乗せている。内部にはバロックの祭壇と1700か
   らの洗礼盤がある。
 町粉挽場 Stadtmuehle (16c) 最古の赤砂岩造の建物で、1568には営業しており1969
   まで稼働していた。
 旧醸造所 Ehem.Brauhaus (19c) 角にある木組の建物は、旧ビール醸造所であった。西
   側には旧湯屋と商館が並んでいる。
 城代の館 BurgmannsHof (1454) 大きな木組の2階建ての建物は、1732に建てられ、
   1834までは貴族ラウエンプラットの所有であった。周囲に古い建物の一群が1972までは
   残っていた。敷地の市壁側には石造のアーチ門が残っている。
 最も幅狭の家 Schmalste Haus (1791) 独特な幅の狭い3戸繋ぎの木組の家が記念物と
   して残されて居る。郡で最も幅の狭い家は3.59mしかない。3戸の床面積は30m2
   しかなく、昔はブリキ屋の作業場であった。
 旧簡素な塔 Ehem.Balderturm (14c) 二つの可愛い入れ込み式の木組の建物が市壁の
   背面にある。これは簡単な市壁の防御塔も兼ねた。今は別荘に改造され、何日か
   過ごすことが出来る。
 旧羊飼の家 Ehem.Schaeferhaus (14c) 防御施設として形成された塔の跡に銘板があ
   る。そこに19c初めに再建された羊飼の家が見られる。
 技術博物館 Technikmuseum Blankschmiede Neimke (1735) この建物に1900から
   技術博物館が収容され、シュバンツハンマーの原動力や手工業の砥石がある。
 伯爵領ダッセル博物館 明るい木組の建物に、町の歴史・中世のダッセル伯爵によるダッセル伯
   爵領の存在を展示で証明している。
 ヴィルヘルム通 WilhelmStrasse 市壁に沿って曲がった通りで、今は再開発でで密に木組
   の建物が並んでいる。昔はユダヤ通りと呼ばれ、19cにはユダヤの礼拝堂があった。
   地下には水車水路の流れが埋設してあり、流れの水音が聞こえる。昔は、通り
   の出口に搾油場Oelmuehleがあった。

5.写真

市庁舎 ラッツケラー
旧バルダー塔 南西壁
南東壁 聖ローレンス教会

戻る

戻る

テューダーシュタット Duderstadt NS12

   この町は、Coesfeldの市内にある。

1.歴史

 929 初文書言及、       974 クヴェトリンブルク修道院が来て262年管理、
 1237 町は封土としてチュービンゲン・ラスペ方伯へ、 1250 ブラウンシュバイク侯爵が振興、
 1366 マインツ大司教はヴェルフ家の侯爵から譲渡され、防御円を築いて450年間統治、
 15c初 土堤と生垣を築いて守った、   1423 町は大火により340戸を失った、
 1618-48.1756-63 30年・北方戦争で大被害、1802 プロイセンはマインツ大司教領を取得、
 1807-13 ナポレオンは町をヘルツ王国とした、  1816-66 ハノーハーとプロイセンの新境界に、
 1852.1911.1915 大火災になった、    1885 プロイセン領となった。

2.市壁  0.74 0.47

   13c高い1.7kmの市壁と堤防施設の要塞を構成した。3.3kmの町の土堤には、
   300年間古いシナの木と栗の木が茂っていた。南の部分は慎重に復元されて、
   再構築された防衛通路で覆われた。

3.塔  0門2塔

 西塔 Wester Turm (1424) 最後に残った4階建ての市門は、1424に大火
   で壊れたが直ちに再建された。
 ゲオルク小塔 Georgs Tuermchen (15c) 西塔の西に復元された小塔が在る。
      その他、名もない半円形の壁塔が3基ある。

4.見所  B

   ゴシック・ルネッサンス・バロックの多くの飾られた2-3階の木組みの家並みが見られる。
   マルクトの雰囲気は良い。
 市庁舎 Rathaus (1800) 石造2階建ての上に美しい木組み2階建ての建物で最初は
   百貨店として建てられ、前面に切妻と3張出塔が立っている。1432南に拡
   張され、1532東棟と3塔のある骨格構造を構築した。1674バロックの階段を付
   けて完成した。
 聖キュリアクス教会 St.Cyriakus Kirche (1240-90) 強力な2塔の前面のある3身廊の
   ホール教会で、美しい祭壇があり、右側の2番目の戸は通常開けられている。
 聖セルバンテス教会 St.Servantius kirche (927) 14cには後期ゴシックのホール教会とな
   った。内装はアールヌーボーになっている。
 聖母教会 Frauen Kirche (1424) 初めマリア信仰の礼拝堂から1700ウルズーリネ修道院
   の教会として拡張された。1889ロマネスクの聖マリア教会となった。2身廊のバジリカ
   で、東を向いて先の尖った細い2塔が付けられた。
 樅の木ホテル Hotel zur Tanne (1777) 印象的な木組みの建物で、ゲーテが宿泊し
   た。野菜や動物の彫刻で飾られた美しいバロックの建物。
 石の館 Steineres Haus (1751-52) 町で重要な石造の建物で、バロック砂岩造の
   市庁舎として建てられ、旧シトー会修道院に使われた。
 郷土博物館 Heimat Museum 市民と農民の住居・手工業と経済の歴史等を展示。

5.写真

 
市庁舎 西塔
西壁 北壁
北東壁 東壁
南壁 聖ツリアクス教会
聖セルバチィウス教会

戻る

戻る

アインベック Einbech NS13

1.歴史

 1158 教会を中心に市場を形成初言及、 1252 都市権が授与され、周壁を構築、
 1368 ハンザ同盟に加入しビール貿易、    1479 タックマンの戦で大敗北、
 1540 町は大火で古い景観はなくなった、 1549 再建された建物の7割が焼失、
 1620 30年戦争で人口半減し市場は停止、 1761 7年戦争で仏軍は防備を強化、
 19C 紡績・醸造・絨毯・製糖工場で繁栄。

2.市壁  0.74km 0.31

    13cの市壁は町の周囲に点々と残っている。北10+30+70m、東南10m、
   西200m、西南320+70m、南80m。

3.塔  1門6塔

 骨塔 Knecken Turm 北、旧火薬庫は、納骨堂として使われたための名前。
 死塔 Toten Turm 北、要塞の残りのコの字型の塔壁は家屋に取り込まれた。
 チーデックス門の上砲台OberKatze im TiedexerTor 西、町の防衛施設で曲射砲台。
 コウノトリ塔 Storchen Turm 西南、市壁の角の半円形の塔。
 壁の前の稜堡 Bastion am Wall 南西、市壁の前の円型稜堡、戦略的に重要。
 ディーク塔 Diek Turm 南、町の水道供給の強力な防波堤を確保。
 火薬塔 Purver Turm 南東、市壁中の円型防御塔、火薬庫としても使用。

4.見所  B

    華やかに復元された400を超す16cからの木組みの家は色とりどりで実に
   美しい。市庁舎や教会も特徴があり、市壁や塔も残っている。中世の1600年
   には700の醸造所が存在した。ポックビールの試飲や醸造所めぐりに参加できる。
 旧市庁舎 Altes Rathaus (1549-56) 特徴のある円錐屋根の出窓で飾られた重厚
   な3階建ての建物で、旧市庁舎の正面前にはオイレンシュピーゲルの泉1941がある。
 聖ヤコビ市場教会 MarktKirche St.Jacobi (13c) 65mの高塔はロットから外1.5m
   に立っている。
 聖アレキサンドリ参事会教会 StiftsKirche St.AlexanderKirche (1280) 大聖堂教
   会として建てられ1506まで使われた。1735バロックの帽子の塔が付けられた。
 木組みの家 FachwerkHaeser
  パンの家Brod haus (1552)3階建て出窓付の木組みの建物は、パン屋のギルド
    の会館である。
  参事会計量所 Ratswaage (1565) 町の計量所で、2階建ての木組みに建物。
  ティーデックス通り Tiedexer Strasse (1541) 250mの通りには、1541からの美し
    い3階建ての古い木組みの街並みで統一されている。
  参事会薬局 Rats Apotheke (1590) 3階建て木組みの建物の高いアーチの入口を
    入ると、昔の町醸造所の醸造鍋が見える。
  町の小屋 Stadt Bude (1565) 2階建て醸造権なしの家。
  エップレヒトの家 Eickesches Haus (1612-14) 芸術的な彫刻がある木組みの家で
    今は観光案内所である。
  クラウス・エブレヒトの家 Haus von Claus Ebbrecht (1571)パン屋エブレヒトの木組の家。
 市博物館 Haus von Claus Ebbrecht (1548) 貴族の家に今は博物館があり、
   自転車の展示とビールの陳列がある。

5.写真

市庁舎 コウノトリ塔
骨塔 死塔
西壁 北東壁
西壁 西南壁
南西壁 ティデッカー通
木組み家 聖ヤコビ教会

戻る

戻る

ヒュステナウ Fuestenau NS14

1.歴史

 1344 Vorstenoweとして初言及、    14c オスナブリュック王子司教は城を建てた、
 15c 城は次第に拡張され、周囲に都市農民が定住した、
 1642 都市権を授与された、       1647 30年戦争で10日間包囲された、
 1938 水晶の夜にユダヤ人は襲撃された。

2.市壁  0km

   HohesTorの位置に構造物が在ったと思われるが見当たらない。

3.塔  1門1塔

 高門 Hohes Tor (1556) 東にオスナブリュックへの門で、装飾的なアーチ通路と鐘楼付きの2
   階建の塔は1774に付けられた高門の脇は市壁で守れれ、前には堀があり跳ね
   橋で通行していた。高門の前にはツインガー壁のある前門が置かれた。刑務所を収
   容したが、30年戦争後に壊された。
 北東砦 Nord-ost Bastion (1527) 城島から堀へ張出した砲塔で、1630には、要塞
   の延長線上にあった。直径25m元の高さは水面上8m・壁厚は6mあった。

4.見所  C

   堀に囲まれた城が、町の中央にあり、市庁舎・教区教会を中心とした旧市街地は
  広くはない。中心街には美しく修復された切妻のある木組の街並がある。
 旧市庁舎 Altes Rathaus (1814) 2階建5窓列・屋外階段のある建物で、1945終戦後
   に古い様式で再建され、1976まで市庁舎として使われた。1991改修されて、上
   階は展覧会場となっている。
 城複合体 Rathaus (1344-45) オスナブリュック王子司教ゴットフリートが、居住棟のある建設し
   た。当初は要塞塔と小別館のみであった。1600までに残りの建物が出現した。最
   初に南翼(今はカトリック教会)、次に北翼、最後に中間翼が造られ、1974に西翼
   が加えられた。城は王子司教の行政と司法の場であった。
 聖ゲオルグ教会 St.Georg Kirche (14c) 市場教会として、今の1/3の規模で設立され、
   次第に拡張された。1606火災で損傷して再建され、1894に今の塔が付けられ、
   それに伴って内装も改修された。1695の祭壇と祭壇画がある。
 聖カタリナ教会 St.Katharine kirche (1817) 城の南棟にカトリックの教会が礼拝堂と集会所
   で設立された。1924礼拝堂の拡張、1988改修が行われた。
 年金受給高齢者の家 RentMeister Haus (1541) 全ての都市火災を生き延びた。16
   -17cはガストハウスとして、1647スエーデンとの和平交渉が行わえた。30年戦争後の2代
   目の建物は、横2階建のポーチのある切妻の建物で、1728には最初の郵便局とな
   った。
 市長の家 Buergermeisterhaus (1697) 裕福な家族が所有し、16cと17cに市長を務め
   た。19c終わりから銅細工師ハーバーカンプの本拠地になった。
 商人の家 Kramer Haus (16c) 旧市庁舎の向いに立ち、16-19cギルドハウス、その後商人
   によって所有され、1929に2階建の旅館になった。

5.写真

市庁舎 高門

戻る

戻る

ゴスラー Goslar NS15

1.歴史

  979 オットー2世の文書に城の初言及、 10c 銅・銀の鉱山を開発、
 1009 ヘンリー2世の神聖ローマ帝国皇室会議、 1025 コンラット2世は皇居建設と貿易権確認、
 1045 ヘンリー3世ゴスラー大聖堂と協同教会建設、1075要塞・5教区7教会・大学のある都市、
 1219 フリードリッヒ2世は最後に帝国会議、  1219 町は権利拡大し1330都市法成文化、
 1290 自由帝国都市となる、      1267-1566 ハンザ同盟に加入して交易、
 1460 ランメルスベルク鉱山の収入で建物のゴシック化と要塞の構築が行われた、
 1519 強盗の横行に備え要塞の完成、  1552 鉱山収入はボルヘンヴュッテル公国へ、
 1632-35 スエーデン軍が占領し略奪と徴発、 1728.80 大都市火災、
 1802 プロイセンが占領し512年間の自由都市は終了、1806 ヴェストファーレン王国へ併合、
 1816 プロイセンに帰属、       1945 第2次大戦の空爆を受けた。

2.市壁  0.78km 0.18

  16cに旧市街地を土堤と堀と市壁が取り巻いていた。火薬の発達で有効性を失い
   殆ど18-19cに取り壊されて、緑地になっている。
   今は、東から南にかけてと北に、僅かに残されている。

3.塔  2門7塔

 バラ門 Rosen Tor 北、
 蜂の巣塔 Waber Turm 北、薄い壁のような6階建ての塔で、3階部分に木製
   の防御通路が付いている。
 悪魔塔 Teufels Turm 北、
 広い門 Breites Tor (15c) 東、二重門の構造で、16cに拡大強されて、前
   門の円塔と門の家・門衛所のある市門が残されている。
 下水穴 UntersWasserloch 東南、
 円錐塔 Kegelworth Turm 東南、
 ツインガー Zinger (1517) 東南、外側市壁を守るため直径26m高さ20m璧厚6.5m
   の大きな円形要塞であり、攻撃された場合には4階に1千人収容した。
   Museum im Zingerには、中世後期の武器・包囲道具・武具甲冑・拷問道具等が展示
   され、塔頂からの眺めは良い。
 仕立て屋塔 Schneider Turm 南西、
 守備隊長塔 Wochtmeister Turm 北西、

4.見所  A

   美しい木組みの家と文化財としての貴重な建物が多くあり、ラメルスベルク鉱山の
   富で15-16cに町は最盛期を迎え、16C中に鉱山の権利をボルフェンビュッテル公国に取ら
   れて衰退したため、古い物が残されている。
 市庁舎 Rathaus (15c) 東翼は市場に開いたアーチのアーケード広間があり、南側
   の墺が居階段を上がると2階に大広間「栄誉の間」がある。屋根の下端に小さな
   飾り切妻が付けられている。今でも市長室があり、「忠節の間」1505-20が後期
   ゴシックの参事室として建てられ、天井と壁に絵画がある。500年前の自由帝国都市
   の豪華な参事室には入室できる。扉の後ろの小礼拝堂にはキリスト受難の壁画がある。
 皇帝ヴォース Kaiser Worth (1494)市庁舎の隣に、張出小塔のある後期ゴシック
   の仕立屋ギルドの会館がある。その前面は何世紀にもわたって建設された。外壁
   の狭い凹みにはバロックの諸皇帝の像が立っているため名付けられた。今はホテル。
 靴の館 Schu Hof (16C) 広場を風格のある木組みの家と靴屋ギルドのアーケード
   が取り巻いている。
 パン屋ギルドハウス Baecker Gildehaus (1501) 古い石積の地階の上に1557張り
   出した木組みの上階と大屋根を乗せた。無冠のゴスラー鷲とパン屋の紋章が飾られて
   いる。美しい出窓と屋根は市民階級の向上と繁栄を示している。
 ブルストタッヘ Brusttuch (1521) ゴスラーでも美しい邸宅で、石造の地階の上に木
   組の2階と大屋根が乗っている。前面に古代神話の動物や模様が掘込まれている。
   今はホテルやレストランとして使われている。
 鞣し革水車 Lohmuehle (16c) 昔は40以上の水車があったが、今は唯一復元
   された100年来の水車が廻っている。昔は鞣すための樹皮酸を生産していた。
 大聖十字架 Grosses Heiliges Kurz (1254) 町の貧困者救済と巡礼者の宿泊
   のために設立された。小さな庭の付いたゴシックの切妻のある建物で、今は高齢者の
   住宅と職人の製造販売店がある。
 小聖十字架 Kleines Heiliges kurz 木組み3階建ての町の貧困者の救済のた
   めに設けられ、今は市の所有となり老人ホームの他日曜礼拝と小集会にも使われる。
 皇居 Kaiser Pfalz (1040-50) 神聖ローマ皇帝ハインリッヒ3世によって建てられ、そ
   の後荒廃したが、1868-79今の建物が再建された。2階にある巨大な「帝国の間」
   の歴史画は、ゴスラーに皇居が置かれた時代の歴史的事件が描かれている。南に聖
   ウルリッヒ宮中礼拝堂12cがあり、下の階はギリシャ十字・上階は八角形で、中にはハインリッヒ
   3世の横臥像があり、その台座に皇帝の心臓が納められている。
 ジーメンスの家 Siemens Haus (1693) 有名なベルリンの会社創設者ジーメンスの先祖が
   建てた。この町で最大で保存状態の良い、堂々として美しい木組の家であり、美し
   いタイル張りの入口の間と中庭が見事である。住居に加えて家族の商用スペースもある。
 レーバーの東屋 Kemenate Roever (1500) 都市農民が建てた木組みの2階建ての
   建物で、作家ハンス・ヨアヒム・ローバーが買収した。今美術展示場として使われる催物会場。
 ノイベルク修道院教会 KlosterKirche Neuwerk (12-13c) 元シトー派女子修道院の教
   会で庭に立ち、多角形の正面の塔はロマネスクの優美な形であり、中央後陣の外装は手が
   込んでいる。パイプオルガンのある2階の欄干には6つの漆喰レリーフがある。
 ペーターとパウロ教会 PfarrKirche Peter und Paul (12c) 鉱夫が住んでいた町の
   西外れに在る教会であり、何回も改築されバロックの塔は18cのものである。中は、西
   側の尼僧の桟敷席が見所で,アーケードはアカンサス葉飾りの頭柱と網縄模様の小柱の上に乗
   っている。北壁と南壁には13cの大壁画が残っている。
 ドーム入口の間 Dom Vorhalle (11c) ロマネスクの礼拝堂は、皇帝ハインリッヒ3世によって
   建てられ、1822取壊された大聖堂から、唯一残された部分である。内部には11cの皇
   帝の椅子がある。
 僧侶の家博物館 Moenche Haus (1523) 古い木組みの家の中には、モダンアート美
   術館があり、庭には彫刻が並んでいる。
 ゴスラー博物館 Goslarer Museum (1514) 残された大邸宅に、町と技術の歴史と
   地域の地質・鉱物学の展示がある。17-18c住まいの文化・美術工芸品・ドームに在った
   12c祭壇・13cゴスラー福音書・1477水差し・16cキリスト磔像・中世からの貨幣などの展示。
 ラメルスベルク鉱山博物館 Rammelsberger Bergbau Museum 町の南西の鉱山の跡に
   1千年にわたって鉛・錫・銅・銀を採掘した歴史を展示。坑道も見学できる。

5.写真

マルクト広場 ブライス門
カイザーボルト 皇帝宮殿
鉱夫の仕掛時計

戻る

戻る

ゲッチンゲン Goettingen NS16

1.歴史

  953 皇帝オットー1世の文書に初言及、1200 ザクセン・バイエルン侯爵ハインリッヒが町を建設、
 1201-08 ライン伯ハインリッヒ5世が領主に、  1250 都市防衛施設が造られ 北西に城、
 1360 町の環状市壁を拡大して構築、 14-15c 経済的最盛期でゴシックの建物が建つ、
 1387 市民軍はリューネブルク公軍を破って自由特権を獲得、1426-1572 ハンザ同盟に加入、
 1504 エーリッヒ1世の統治、       1597.1611.1626 ペストの流行、
 1623 30年戦争で何度も占領された、 1734 ハノーハー選帝侯ゲオルク2世は大学を設置、
 1757-62 7年戦争で仏軍占領 防塁撤去、1803 ナポレオン軍の占領、1805 プロイセン領に、
 1807 ナポレオンによるベストファーレン王国へ、 1813 ハノーハー公国に属した、
 1866 プロイセンが侵攻して併合、    1945 空爆の被害は少なかった。

2.市壁  0.38km 0.10

  初め土堤が築かれ、13Cには市壁が造られ600*600mの25haを守った。1360拡大され
  75haを新しい市壁が築かれ、門は外側に移された。1762から防塁は除かれ遊歩道とな
  った。今でも、ドウルム通りに市壁とマウアトルムが120mと、南西210m、西50mが見られる。

3.塔  0門2塔

    少なくとも30の塔と広い堀と外部壁を備え、4門は外門と呼ばれていた。
   残るのは、Turn通りの半円塔と西南のBismarckHoeuschen。

4.見所  B

   中世の大学町は緑の公園で囲まれ、旧市街の中心にはゴシックの教会と新古典の大
   学の建物が立つ。マルクトの4方向に4教会があり、東に木組みの家も残る。
 旧町庁舎 Altes Rathaus (1270) 市場として建てられ、1369-1443ほぼ現在の形に拡
   大された。その後も商人のギルドハウスを務めた。19cゴシックの市庁舎となり、広間
   には壁画も描かれ、ハンザ同盟の歴史と紋章が示されている。1979-81改修され、
   今は、催物会場・観光案内所となり、西の評議会室は登記所・結婚式に使われる。
 聖ヨハネ教会 St.Johannis Kirche (1300-44) ロマネスクの北前面とゴシックの大聖堂を繋い
   だ形である。二つの異なる形の塔のうち、北塔は町の夜警が住み、後には学生
   が入った。今は、教会の塔室は祈りの場所として使われている。
 聖パウロ教会 St.Paulus Kirche (1331) ドミニコ会修道院の教会で、以前は聖トマス・アグナス
   教会と呼ばれた。今は、1812聖パウロ教会図書館はニーダーザクセン州の催物と展示
   の場所となっている。
 聖ヤコブ教会 St.Jacobi Kirche (1361-1459) ゴシックの教会に72mの南塔があったが
   1989-98ルネッサンスに改装された。中には、1402の二重祭壇がある。
 リヒテンベルクの家 Lichthtenberg Haus 有名な物理学者の家で今は美術館である。
 パウリナー通り6. Pauliner Strasse 6. (1495) 町で最も古い碑文のある木組3階建て
   の建物で、1970に修復された。
 ボルネマンの家 Bornemann haus (1536) ゴシックの要素と初期ルネッサンスの1階出窓のある木骨
   造りの3階建ての建物で飾りが多い。
 市立博物館 Staedtsches Museum 地域の芸術・文化の歴史を展示している。中世の
   台所・昔の薬局・バロックの室内が再現されている。教会美術のコレクションがある。
 ガチョウ番娘の泉 Gaenselieselburnen 旧市庁舎の前のマルクトに立ち、試験に合格した
   学生はここをめがけて行進しガチョウ番の娘にキスをする習慣がある。

5.写真

旧市庁舎 ガチョウ娘の噴水
壁上通路 壁塔
旧南市壁 南壁
南西壁

戻る

戻る

ハーメルン Hameln NS17

1.歴史

 812 ザクセン伯ベルンハルトは町に教会を持った、 851 フルダ修道院は町に修道院を設立、
 1200 町は成長し市場が置かれた、     1206 初めて都市と呼ばれた、
 1259 フルダのアボットはミンデンの司教に町・修道院を売却、1268ブラズウイック侯爵アルブレヒトが購入、
 1426-1572 ハンザ同盟に加入、        1430-50 町の子供たちの流失の記録、
 1551 大火災で160戸焼失、疾病で1400人死亡、16-17c富でヴェーザールネッサンスの建物を建築、
 1625-33 各国軍占領、1664-68星形要塞完成、1690 仏ユグノー教徒の定住、
 1756-63 ハノーハー王ジョージ3世は7年戦争を戦う、1769-84 Kluet山上に要塞設け難攻不落、
 1801-13 ナポレオン戦争で外国軍が繰返し占領、 1806 プロイセン降伏で仏が不落要塞を占領、
 1808 ナポレオンの命令で要塞の解体、    、1829-32 紙・繊維工場開設1856セメント工場、
 1866-67 プロイセンのハノーハー州に、       1945 2次大戦の5月砲撃で町は壊滅。

2.市壁  0.12km 0.08

  13Cの市壁は、30年戦争何度も占領され、1664-68星形要塞が築かれた。その後も強
  化が図られ、Kluet山上の要塞は1760-63砦フォートⅠ、1774-78砦フォートⅡ、砦フォートⅢが築か
  れ、1806フォート・ルイーゼも作られたが、1808ナポレオンの命令で解体された。
  市壁は南のユグノーの家の外壁として残っている。北の二つの塔の間の市壁は1990年代に
  元の場所に元の高さで復元された。

3.塔  0門3塔

  1333に塔は言及されている。後に22の塔が立っていた。
 ハスペルマース塔 Harpelmath turm (1450) 六角の塔で、後に市に購入され博物館協会に引
   き渡され、獣医師フリードリッヒ・ハスオエルマースのコレクションを展示して名前が付いた。
   1991-92塔は改装され美術グループ「箱舟」が使った。
 火薬塔 Pulver turm (15c) 六角の塔は居住されていたが、1995に改修され、ハスペルマース
   塔との間の市壁は元の高さで復元された。今は吹きガラス工房が入っている。
 クリュット塔 Kluet turm (1763) Kluet山の要塞の砦フォート・ジョージの塔が1843から展望台
     となった。

4.見所  B

   美しく飾られた16-17cのヴェーザールネッサンスの建物が並び、夏の日曜日正午に、婚礼の
   家の前で「ネズミ取り男」の演劇が見られる。
 旧市庁舎 Rathaus(18C) 2階建の旧市庁舎は婚礼の家の西側に立っていたが、1945
   砲撃で破壊され残っていない。
 婚礼の家 Hockzeits Haus (1610-17) 市民祝祭と式典のためにヴェーザールネッサンスで建て
   られ、19cまで単に「新館」の名前で親しまれた。町の武器を収容するための大
   広間と小部屋の他に、町薬局・町計量所・ワイン酒場などの町の施設が収容され、東
   の3切妻入口の碑文で使用目的が分かる。
 ギャリソン教会 Garnisons Kirche (1713-14) 駐屯地教会の礼拝所として1843まで使わ
   れた。八角形屋上小塔には酸化銅の帽子がある。1929からは市貯蓄銀行がある。
 聖ニコライ市場教会 MarktKirche St.Nicolai (12c) 中世船乗りの守護聖人であった聖ニコラウス
   が、ヴェーザー川の交易安全のため祀られた。12c単廊広間造の教会で基盤は2m下
   にあった。12c中にロマネスクのバシリカで、切石の外壁は今も残る。1250-60ハレン教会に
   改築し西に登廊を移行。1290-1310東にハレン教会を延伸し内陣と聖具室を増築。1511
   塔を伸ばし、尖塔を付けた。1764-68に7年戦争の損傷の回復と中央と南側廊に両切
   妻磨屋根を付け、バロックの室内装飾へ。1945砲撃で壊れ、1957-59直線天井の疑似
   バジリカと新しい塔で再建。1966新オルガンの設置。1987-85機器や芸術品を含め内装
   の更新。
 聖ビニファチウス大聖堂 Muenster St.Bonifatius (802-812) 市内で最古の教会でありザクセン伯
   爵ベルンハルトとその妻は、財産として自身の教会を所有し墓所ときめた。826伯爵の死
   後、フルダ僧院に所有権が移った。851フルダ僧院は今の大聖堂の位置にベネディクト会修
   道院を設立し、教会は聖ロナニウスに献堂された。1209ロマネスクの聖堂が破壊され、1230-
   40にロマネスク・バジリカが新築された。1241正式に聖ボニフェウスに守護聖人を変え、13-14c
   絶えず拡大再構築されゴシックのハレン教会になった。1744中央塔にバロックのドームとタンタンを
   置いた。1803ナポレオン軍は修道院の教会を収用して占領して、軍事的に使用した。
   1848修道院は廃止されハノーハー商工会議所が所有した。1870-75再構築して再建され、
   内部はゴシック・リバイバルに改装され、1980新オルガンが設置だれた。
 ネズミ取りの家 Rattenfaenger Haus (1602-03) 家の横梁にある1284の碑文に基づき1900
   からその名前が付いた。評議員がヴェーザールネッサンスで3階建て切妻付の建物を建て
   た。1917から町が所有した。
 ネズミ居酒屋 Ratten Krug (1568) ヴェーザールネッサンスの前面のあるゴシックの石造建物で後面は
   ゴシックのままである。1781中庭への通路そして大きな門を横に設けた。1870家は
   料理店として使われ、19cにはネズミ居酒屋と呼ばれた。
 門工場 Pfortmuehle (1872) 1405に設けられた魚の門に煉瓦造の5階建ての大きな建物
   が建てられた。1945破損したが修復された。タービン発電機を保有し、レストランから
   見える。1968町は工場を購入し、1988補修して、1990市立図書館とし、2003市
   立文書館と市文化局を収容した。
 デムプターの家 Dempter Haus (1607) ヴェーザールネッサンスの水平を強調した美しい装飾の前
   面の3階建てのたてもので、片側に出窓が2階まである。
 ライストの家 Leist Haus (1585-89) ヴェーザールネッサンスの豊かな装飾の切妻のある前面は
   オリジナルである。テムプターの家とよく似ている。1912市博物館となった。
 古い木組の家 Fachwerk Hoeuser
 東通り12の家 Haus Oster Str.12. (1576) 評議員ヨース・トリケヴェーザールネッサンスの切妻の
   ある3階建て木骨造の建物を建てた。地階に上階が突出している。
 教団参事の家 Stiftsherren Haus (18C) 商人で市長のポッペンヂュークが建てた かな
   装飾のルネッサンス木造3階建ての建物である。この建物は橋でLeistHausと接続され
   共に市博物館として使われている。
 リュッキングの家 Lueckingsches haus (1368) 後期ルネッサンスの切妻のある3階建ての 木組
   の家でゴシックと違って上階の張出はない。階の間の木材には天使や樹木の模
   様が美しく碑文が書かれいる。1982に復元され塗装が美しい。
 市民の家 Buerger Haus (1560) 3階建て切妻付の木組みの家で階間には扇状様が
   描かれている。前面上階の張出は弱い。1980完全に改修された。
 キュリア・エルサレム Kuria Jerusalem (1500) 修道院の参事が修道院外に住むための建物
   で、骨格構造は大型の木材とゴソックの木骨構造である。1976市が復元し若者の
   ための施設となった。

5.写真

市庁舎 木組の家
テンプターハウス ネズミ取り博物館
結婚式の家 北壁
北壁塔

戻る

戻る

ハンミュンデン Hannmunden NS18

1.歴史

  802 フルダ帝国大修道院に寄付された、    1135 チューリンゲン方伯が町を設立、
 1247 ブランデンブルク侯爵オットー1世が総合特権を付与して町は繁栄した、
 1488-1585 ブランズウイック・リューネブルク侯爵が居住、1540 侯爵夫人エリザベスは摂政で改革、
 1547 フランケンワインの生産、16c ヴェーザー川交易、1626 30年戦争でテイリー将軍が占領、
 1727 アイゼンヴァルト博士が町で死亡、     1753-1854 ファイアンス陶器工場設置、
 1757-62 7年戦争で仏軍が占領、    1776 ヘッセン軍駐屯、1783アメリカ独立戦争凱旋、
 1868 プロイセン王ヴィルヘルムが林業アカデェミー設立、 1885-1972 郡庁であった、
 1909 町は洪水で浸水、1934 再び駐屯地、 1945 2次大戦で爆撃2回で被害小。

2.市壁  0.09km 0.01

   12C初めの市壁が建てられ、15c大砲に対抗して要塞になり、19c大部分が取除か
   れた。1997発掘調査で長さ90m幅1.8m高さ6mの二重市壁が確認された、

3.塔  1門5塔

 ルツウンデ Rutunde (1502) 町の南端にある唯一残った市壁の大きな門塔で、円錐屋根
   付・直径18mもある。侯爵エリック1世の下に着手し1579に完成した。2階に入る階段
   と市壁が門に付いている。今は世界大戦とナチスの被害者の記念碑となっている。
 壁塔1 Mauerturm1 南、幅10mの馬蹄形で、高さは半分に成っている。
 雹塔 Hagel Turm (13c) 1383にはフェリー小門とも言われ、フルダ橋の角に立つ幅8m高さ
   40mの馬蹄形の市壁塔である。今は仕事の博物館であり、1848からの所有者の
   ハーゲル・シュロスの古い機械・中世の町の防御についての展示がある。塔頂に登れる。
 壁塔2 Mauerturm2 東、幅8mの馬蹄形の塔が立っている。
 捕獲塔 Fangen Turm (13c) 東、バンホフ通りに直径8mの馬蹄形の塔が立つ。
 ティリィシャンテェ見張塔 Tillyschanze (1881-85) 30年戦争でテリィー将軍が1626に攻城を建てた
   所の西の山に観測塔として、2階建ての家屋と高さ25mの塔が建てられた。
   129段の階段を登ると展望台がある。

4.見所  B

   旧市街の殆どが木組みの家574戸で占められ、美しい景観が保持されている。
   町には鉄ひげ博士の話が残り、大きな注射器を飾った鉄ひげ博士薬局もある。
 市庁舎 Rathaus (14c) ゴシックの市庁舎は1603-18ヴェーザールネッサンスに改築され、ピラミット
   状の装飾と彫像で飾られた切妻がある。北側前面のカリヨンは12.15.17時に演奏
   され、鉄ひげ博士のカラクリ時計が動く。マルクトでは鉄ひげ博士の寸劇も見れれる。
   広間には町の歴史が描かれ、2階の祝宴会場は催物会場に使われる。
 ヴェルフェ宮殿 Welfen Schloss (1501) 侯爵エーリッヒ1世はゴシックの宮殿を建てた。1560
   大火で焼け、エーリヒ2世がヴェーザールネッサンスで再建した。その後重要性を失い、1849
   火災で焼けた南棟は再建されなかった。宮殿の2棟には壁画が残り、今は市文
   書館・市図書館・地方裁判所・市美術館となっている。
 歴史的保税倉庫 HIstorischer Packhof (1839-40) 内陸運送の商品を積み替えるた
   め、泊地の先端に2つの保税倉庫があった。大きく豊かな装飾の木組みの建
   物とシンプルな建物がある。今は展示場である。
 聖ブレイズ教会 St.Blasius Kirche (12c) 初めロマネスクのバジリカは、13cにゴシック3身廊の
   ホール教会になった。1584単塔が付けられ完成した。発掘調査では2500m2の敷
   地には墓地があり、1200には厚さ1.4mの周壁の囲まれていたが、1780取除かれた。
 聖アエギディーン教会 St.Aegidien Kirche (1150) 初め礼拝堂と内陣・聖具室があり、そ
   の後ゴシックの教会となり、1626隣接する火薬庫の爆発で破壊された。1773塔
   が建てられ、再建された。祭壇前の内陣の部屋には1717にアイゲンバルト博士が
   埋葬された。教会の北側には、1837にバロックの博士の墓石が置かれた。
 古い木組の家 Fachwerk Haeuser 戦災を受けなかったので、ドイツで最も木組の多い
   文化財な街である。旧市街地内の木組みの家は574軒在り、古くは13cからの
   家もあり、14-15cゴシック21軒、16-17cルネッサンス178軒ある。迫り持ち出し・木組み
   の美しさ・梁への碑文・歴史的な庇や入口など見所が多く、よく修復されている。
 古い石壁 Alte Mauer (12c) Packhofの南に古い石壁が立っている。
 市美術館 Stadt Museum (1898) 彫刻家グスタフ・エバーリエンのコレクションが主体である。
   町の文化と歴史・ハンシュタイン家の磁器も展示されている。

5.写真

市庁舎 ヘーゲル塔
ハンゲン塔 ロートウンデ
ランゲ通 ランゲ通
ヴェルヘン城 ヴェラ橋

戻る

戻る

ハノーファー Hannover NS19

1.歴史

  950 市場町として存在、     12c ハインリッヒ・ライオンが開発し伯爵ローデンに封土、
 1241 都市特権が授与された、    1350 市壁H8mと34壁塔、前に既存の堀と土堤、
 1371 リューネブルク承継戦争で関税・風車権・防衛権を獲得、14c ハンザ同盟加入、
 1426 14都市内陸航運貿易保護協定、1526 ライトビール醸造法発明、1533 宗教改革導入、
 1625 テイリーの包囲を市壁で守った、30年戦争中は安全、 1626 ペスト流行で人口半減、
 1636 旧新市街を近代新市壁で囲んだ、1692 侯爵エルンスト・オーガストは神聖ローマ皇帝へ、
 1714 選帝侯ゲオルグ・ルードビッヒは英国王ジョージとして即位しロンドンへ移った、
 1757 7年戦争で仏軍が町を占領、   1780 市壁の解体が始まる、
 1803 仏軍はファーレン王国で10年間支配、 1814 ウイーン会議後ハノーハー王国の皇居が置かれた、
 1886 プロイセン王国へ併合、1907 飛行場設置、 1945 空爆で町の中心部90%が破壊。

2.市壁  0.04m 0.01

   1350高さ8mの市壁と34の壁塔・3市門が造られた。その前面には既存の土堤に柵を
   建て堀を設け、30年戦争は守り抜いた。1636旧市街と新市街を合わせて要塞が造ら
   新たに市壁が囲んだ。1780要塞の必要性がなくなり取り壊しが進んだ。
    歴史博物館と銀行の前に僅かの市壁が見られる。

3.塔  0門4塔

 ペギン塔 Beginen Turm (1357) 中世要塞の最後の部分で、歴史博物館の一部とし
   て5万ユーロで元の場所に4階建て馬蹄形の塔が復元された。
 ドーレン塔 Doehrener Turm (1382) 市壁から200m外側に約4mの内径で1.3m璧厚の3
   階建の円塔の頂上に見張り所が置かれた。1486侯爵ゲルフに襲われ壊されたが、
   1488に再建されたが、30年戦争後には軍事的意義を失った。1650までは通行税
   を徴収した。1888塔の改修が行われ、住宅や厩舎は1930に解体された。2次大
   戦で損傷したが1975市民の寄付で修復された。今は小集会に使われる。
 馬塔 Pferde Turum (1373) 市壁から東20m外側に、一辺4mの正方形4階建の望楼があ
   る。下から3.8mは小石積それから上は煉瓦造で、1892木材床と失った屋根を付
   けて馬宿になった。その後森林盗木監視所になり、1890森林の家は壊された。
 リスター塔 Lister Turm (1387) 市壁の東北に元望楼の5階建て円塔がある。木組の林業
   家の邸宅と共に塔は音楽と演劇の大学として使われ、今は市のレクレーション
   センターと庭園ビール酒場になった。

4.見所  B

   旧市街の木組みの家と、52の博物館や多くの公園がある。町の西北には広大な王室
   のヘレンハウゼン公園があり必見である。
 旧市庁舎 Alte Rathaus (1410) 北独煉瓦ゴシックの前面を破風で飾った3階建ての建物。
   薬局翼はイタリアロマネスクに置き換えられた。1844取壊しの話があったが1500の
   形態で修復された。侯爵の肖像画・紋章・中世民俗ゲームの展示がある。
 新市庁舎 Neue Rathaus (1913) 皇帝ヴィルヘルム2世の就任時に、豪壮な新庁舎が市壁外
   の南側の池の近くに建てられた。今でも市長の部屋があり、弓の射手像が前
   庭に立つ。30mのドームの下にはホールがあり、東翼の斜めに上がるルフトで見張り台
   に登れる。南にはガーデンルームがあり、池の美しい景色を楽しめるビストロがある。
 マリエンブルク宮殿 Schloss Marienburg (1857-1866) 市外のPattensenにあり、丘の上に
   夏の離宮としてハノーハー王国によって建てられたが、プロイセンに敗れたため完成し
   なかった。18cからの家具・銀や銅の食器・王の図書・旧厩舎など生活が見られ
   る。チャペルでは、結婚式・演奏・演劇等が行われる。
 市場教会 Markt Kirche (14c) 北独煉瓦ゴシックの建物で4切妻の塔は計画の半分以下
   で、2次大戦の破壊後に1952歴史的様式で再建された。多色の木彫祭壇・14c
   内陣のステンドグラス・15c青銅の洗礼盤がある。
 十字架教会 Kreuz Kirche (1333) 古いゴシッくの教会内部は1537クラナッハの設計であり
   1655塔が再建された。この教会のある黄金の角は家並の美しい地区にある。
 旧市街 Alte Stadt (16c) 歴史的な木組みの前面に囲まれた旧市街には、落ち着い
   た狭い路地もあるが、戦災で40戸程度しか残られていない。市場教会と旧市
   庁舎のある木材市場の周りに復元した切妻の4階建ての木組みの家は美しい。
   1566最古の木組みの家は、キャッスル通り12.のKnochenHauerである。木材市場の
   ライプニッツに家は、1498に建てられ1652改装されゴルトフリート・ライプニッツが長年住んだ
   が戦災で壊され、詳細に復元された。
 ライネ宮殿 Leine Schloss (12c) 旧王宮で、ザクセン州議会である。12cフランシスコ会修道院は
   1537世俗化され、侯爵カレンベルガーが1636から改修して住んだ。宮殿の北西翼は
   1742に改築された。1816-44新古典主義で建物を完全に建て直した。6コリント式
   柱列が並び、南側は3部屋とマンサード屋根でむしろバロック調である。2次大戦の戦
   災後に1956-62再建され、南翼は近代的な商工会議所になった。
 ヘレンハウゼン公園 Herrenhaeusener Garten (17c) 町の北西に王宮の公園がある。性格を
   異にする4つの公園で構成されている。GrosserGarten:仏式、BergGarten:稙
   物園.霊廟、GeorgenGarten:博物館、WelfenGarten:。
 ケストナー博物館 Kestner Museum ゲーテの恋人シャルロッテ・ケストナーの息子によって創立された。
   世界の古貨幣・古代ローマ.エジプトの遺物・12c金銀細工・独陶磁器などの展示。
 ニーダーザクセン州博物館 Niedersaechsisches Landes Museum 美術館:中世ルネッサンスと独仏
   の印象派・19c絵画彫刻、考古学:石器時代から中世の遺物、自然史:化石.古生
   類.昆虫、民俗学:中世文化と生活、旧王国:ハノーハー.英国.アイルランド。
 シュプレンゲル博物館 Sprengel Museum (1979) 現代美術の展示。独表現主義・20c後半の
   絵画.彫刻.写真.グラフィック。
 歴史博物館 Historisches Museum (1985) ペギン塔と新設建物に開設された。ハノーハー
   市とザクセン州の歴史と文化・ハノーハー王家の文物を展示。
 ハノーハー美術協会 Kunst Verin Hannover (1832) 権威ある美術団体であり、現代美術の
   支援と展示を行っている。
 ケストナー協会 Kestner Gesellschaft Hannorver (1916) ドイツ最大の美術団体で、国際的
   な現代美術の展覧会を開催している。演奏会や朗読会も開かれる。
 市立美術館ファウスト Kunster Halle Faust (1991) 現代芸術の出会と展示の場。文化
   イベントも行われる。
 修道院博物館マリエン Kloster Museum Mariensee (1207) シトー派の女子修道院で、作家
   エーリッヒ・クラーンのコレクションが見られる。ニーダーザクセン尼僧院の歴史と建物が見られる。
 城館博物館 Museum auf den Burghof (1969) 伯爵の城の中に2千m2の展示場があり、
   ハンマー・ミル.鍛造.陶器.製靴.室内装飾.石の彫刻の生産展示、地質学.考古学.台
   所.洗濯用具.布製品の加工品.農業生産等の展示がある。
 航空博物館ラウツエン LuftFart Museum Lautzen Hannover (1995) 35機の飛行機、400
   航空模型、20エンジン部品、熱気球、ヘキコプターの展示が73千m2の展示場にある。
 テキスタイル美術館 Museum fuer Textile Kunst (2007) 世界の織物と加工品の展示。
 現代アート財団 Stiftung Ahlers ProArte (1995) 現代アート財団であり、美術展や航航
    などが行われる。
 シュタインフーダー Steinhuder Museum 古い工芸品や文化・オモチャの展示。1984まで住んでい
   た職人の家がそのまま残され、漁業の歴史や漁船・1860-1960の玩具とオモチャの
   文化史が展示されている。
 甲虫博物館と蝶々園 Insekton Museum und Schmetterlings Farm (2000) 鳥小屋、
   昆虫や蝶の10万以上の標本、熱帯植物園に大小の蝶が舞う。

5.写真

    
市庁舎 ヘレンハウゼン王宮庭園
市壁市壁

戻る

戻る

ハルデクセン Hardegsen NS20

1.歴史

 1266 騎士ロドルフのハーデック城を初言及、1379 城は侯爵オットーの住居と国の事務所、
 1383 ブランズウイック侯爵オットーは都市権・市場権・関税権を授与、町は市壁の建設、
 1387-1466 ゲッチンゲン公国が支配、    1467 貴族ロストルフが町を支配、
 1678 大火災で町は殆ど焼失、      1757 7年戦争で兵士が駐留し疫病流行、
 1807 ヴェストファーレン王国の設立、     1814 ハノーハー王国へ、
 1866 プロイセン王国へ。

2.市壁  0.46km 0.46

   ブラウンシュバイク・ゲッチンゲン侯爵オットーが1383都市権を与えた後に、1390から1440
  に市壁は造られた。市壁の高さは6m、幅1.4m、長さ800m楕円形であった。
  19cに市壁は武器の発達から存在意義を失い、門や塔は住居や作業場になった。
  1842に市壁や塔は採石場となり、1884以降は販売された。1988からは大規模な
  塔の改修が始まり、市壁も復元が行われた。

3.塔  0門1塔

   かっては上下の2門が要塞化され、1595までには8塔(南5、西2、北1)が追
  加強化された。現存するのは北の1塔である。
 見張塔 Wachturm (1400) 石造の円塔は、高さ11m、直径4.1mで、今の頂部は
   18cに改修された。塔内は25ステップで11m2の部屋に登り4つの窓から市内が
   見張ることができる。19cには市民に住居や作業場として使われ、1884に
   は市壁全体が売却された。1912に改修され、1985復元改装して歴史展を開
   催した。2004木組の上階部を再構築した。

4.見所  D

   斜面の町で最も高い所に城があり、東南に向かって下がっている。城と木組
  の街並みがある静かな小さな町である。
 旧市庁舎 AltesRathaus (1416) 周囲よりもやや大きい2階建ての木組の建物で
   あり、1678の大火災で今の姿になった。ラッツケラーは1932私有財産となり1959
   に復元され、旧市庁舎も修復された。1952市庁舎はOhlmorscheに移転した。
 聖マウリツス教会 St.Mauritus Kirche (1423) ブラウンヴィック侯爵オットーの未亡人が以前
   の教会の場所に、11c当時の守護聖人のために教会を建て、そこに埋葬され
   た。1579-80に修復が行われ、1765-89屋根や塔の改修、1986-93建物全
   体の改装、2005鐘楼と屋根の解体修理が行われた。
 ハーデック城 Burg Hardeg (1000) 最初の城は西の岩の台地上に建てられ、Hardech
   城と呼ばれ、1266に初文書言及された。14cに騎士コンラッドと貴族ロスドルフが
   拡張し、大きなMuthausesの建物や要塞の溝が造られた。16c中から1820ま
   で城はヘンデルセンの役所の場所であり、1820からハノーファー王国、1866プロイセン王国
   となった。1972城の複合体は町の所有となり、今は展示場・講演会・会議場
   として使われている。
 木組部屋通 Fachwerk Stube Strasse 旧市街の一番北側の通りで、何度かの火
   災で建て直された18-19cの小さく狭い木組の家が坂道に並び、職人や鉱
   山労働者などが住んでいた。
 エラマイラー博物館 EllermeirsMuseum  代官屋敷は1977に復元され、バイオリンの博物
   館になった。

5.写真

       
旧市庁舎モミ塔・北壁
ハルデック城ムースハウス ハルデック城東棟
ハルデック城西棟 聖モーリス教会

戻る

戻る

ハーゼリューネ Haselunne NS21

1.歴史

  834 皇帝はCorvey修道院に土地を与えた、  11c 町は要塞・交易所を備えた、
 1130 裁判所はラーフェンスブルク侯爵が相続、1252 ミュンスター司教はラーフェンスブルクから買収、
 1250 都市権を授与された、      1268 町はライン・エルベ川都市連盟に参加、
 1351 都市連盟の契約はハンザ同盟に拡張、 14c 町はミュンスター教区に550年間所属、
 1733 都市火災で45戸焼失、           1751 都市火災で51戸焼失、
 1803 教会の公国が溶解し町はアレッベルク侯爵へ、  1826 主権ははノーハー公国へ、
 1849 都市火災で101戸焼失、         1866 ハノーハー王国はプロイセンが併合、
 1945 米英軍は町を占領、           1946 町はニーダーザクセン州に帰属。

2.市壁  0.06km 0.09

    市壁の位置は判然としないが、西のクライナーハゲン沿いの壁が市壁の跡では。

3.塔  0門0塔

    見当たらない。

4.見所  C

 旧市庁舎 Altes Rathaus (13c) マルクト広場の旧市庁舎は、火事の後1850に半円アーチ方
   式で建てられ、1894に古い様式をレンガ造で複元された。
 市庁舎 Rathaus (1652-67) 今の市庁舎は、マルクト広場の南の外れにある2階建の建物
   に移っている。
 聖ビンコンティス教会 St.Vincontius Kirche (10c) 初めはシンプルな木造であったが、1200
   石造で拡張されて建て直された。16cに今の教会はゴッシクの背の高い3廊の建物
   となった。西側は墓地で要塞に近接している。
 クラリセン修道院 Klarissen Kloster (1668) 町の北東に修道院が建てられ、1812世俗化
   で修道院が廃止され、1685献堂の修道院教会が残された。学校開設1833孤児施
   設、1972メッペン郡が教会や学校を買収して、体育館施設とした。
 三位一体教会 Ev.luth.Dreifaltigkeits Kirche (1901) 初めは小さなフラットと祈りのホー
   ルが造られた。二次大戦後多くのルター派難民の急増で、1951教会は拡張され教区
   が設立された。1955鐘楼が追加された。
 西ホルト・城臣下館 Wester holtsche Burgmannhof (1592-1612) 北のリッター通にBere
   ntzen蒸留所があり、古い木組の家が囲んでいる。2階建の塔は14cの古い世俗
   的な構造物で、市壁に含まれていた。
 醸留所博物館 Breunerei Museum (1984) 元蒸留所の敷地に蒸留所博物館が開設され、
   収蔵した古い機器や写真で上流の技術を説明している。
 郷土博物館 Heimart Museum () 伝統的な木組の家と中庭に、町の歴史と生活を町の
   鍛冶屋・納屋・工芸品・歴史的展示などを展示している。

5.写真

  
市庁舎 聖ビンコンティス教会

戻る

戻る

ヘルムシュタッタト Helmstadt NS22

1.歴史

  800 ベノディクト会聖ルトゲリ修道院設立、 952 オットー1世文書に初言及、
 1199 マグデブルク大司教が町を破壊、   1230 市壁の建設、
 1247 都市権を授与された、      1286 北門として守衛門が建てられた、
 1426-1518 ハンザ同盟に加入、      1524 宗教改革の導入、
 1576 侯爵ジュリアスはステファン教会に大学設置、1810 ナポレオンは大学を廃止、
 1832 ブランズヴィク公国の郡庁所在都市に、1874 ブランズヴィク炭鉱で露天掘り、
 1945 空爆の被害、英国管理で国境の町に。

2.市壁  0.47km 0.21

    1230から市壁は造られ、北東部と南西部に残っている。

3.塔  2門1塔

    かっては8門あった。唯一北門が残り、まだ4基の残基が見られる。
 守衛門塔 Hausmanns TorTurm (1286) 高さ36mの正方形の門塔で、守衛が
   この塔に住んで火災の見張りをして市民に知らせた。2002塔は改修
   され町の結婚式場が設けられた。
 トルコ門 Tuerken Tor (1716) 南東の市壁の外に立ち、オスマントルコ戦勝記念に凱
   旋門として建てられたが、1945空爆で破損し、1986に再建された。皇帝
   と大修道院長の紋章が飾られている。
 東塔 Osten Turm (13c) 東北、3階建ての角塔に平屋根。

4.見所  B

   長距離通商貿易の主要都市でハンザ同盟にも加入して栄えた。16-17cの木組
   家が400以上もあり景観が保全されている。ヴェーザールネッサンスの大学の建物も壮大
   に復元され、修道院・市壁・市門なども残されている。東西国境の遺跡もある。
   市庁舎 Rathaus (1904-06) ネオゴシックの正面切妻3階建ての簡素な建物。
 聖ルトゲリ修道院 St.Ludgeri Kloster (800) マグデブルクの聖Liudgerが交易路に
   修道院を設立して町の重要性が増した。16cの宗教改革にも抗して継続し、
   1802ナポレオンの世俗化まで修道院は続いた。修道院の資産は公国が所有し、
   1980修道院の建物はカトリック教会のために使われた。
 マリエンベルク修道院 Kloster Marienberg (1136) マリエンベルクの上にアウグスチィーノ会修
   道士が創設し、町を壊滅した1199の戦いでも無傷であった。1279の相続
   戦争で略奪に在った。19c中にほぼ完全に修道院は復元された。
 ジュロイム Juleum (1592-1612) ヴェーザールネッサンスの建物で、大学の17棟の校舎とし
   て建てられた。1765嵐による階段塔の損傷に合わせて補修された。1810
   の大学閉鎖後には地元の学校として使われた。1966-71大規模修復と入
   口が南に移された。講堂は40*17mで南中央に高い8角の階段塔H50mを持
   ち、西側に切妻のある2階建ての赤色の建物である。旧大学ヘルムシュタット図
   書館には、1490からの35千冊の図書が保全されている。昔の大学に神学
   ・法律・医学の学部があった。
 市博物館 StadtMuseum (1753) 元裁判所に古家・馬小屋・納屋・庭等が農業や
   工芸品を中心に展示している。

5.写真

        
市庁舎 家来塔
壁塔 東門
北壁 北東壁
東壁 南西壁
Juleum

戻る

戻る

ヘッシシュ オルデンドルフ Hessisch Olsendorf NS23

1.歴史

 13c 伯爵ルドルフは要塞化された町を築く、 1552 宗教改革を導入、郡庁となる、
 1640 最後の伯爵の死で郡は3分割、    1633 オルデンドルフの戦でスエーデンに勝利、
 1756-63 7年戦争で仏軍が勝ち補償金徴収、1807-13 ナポレオンはファーレン王国で支配、
 1866 プロイセンによる併合でヘッセン・ナッサウ州へ、     1932 ハノーハー県に含まれた、
、1945 第2次大戦の被害は免れた。

2.市壁  0m 

   土堤は自然の風景の中に保護されているが、市壁は見当たらない。

3.塔  0門0塔

   3つの切石積の円塔跡が、土堤の南東・南西角と北に、検出可能である。
  土堤の北に在る市民強制塔の中で、1886の裁判所・刑務所の建設までは、刑の
  執行が行われた。

4.見所  C

   ヴェーザールネッサンスのミュンヒハウゼン館は堂々たる邸宅である。多くの木組の家が復元
  されて美しく見られる。対岸へはフェリーが運行している。
 聖マリア教会 St.Maria Kirche (1250) 町で最も古い建物で、教会にはかって鐘楼があっ
   た。町の中心の教会広場に位置し、周囲に牧師館や集会所がある。今の建物は14
   c末に建てられ1886に改新された。中に1590最後の晩餐と17c磔の絵。
 ミュンヒハウゼン館 Muenchhausen Hof (14c) ヴェーザールネッサンス2翼3階建ての邸宅と多角形階段
   塔があり、装飾的な帯模様が見られる
 木組みの家 Fachwerk Haeser (16c) 多くの木組みの家があり、1945-88に30以上の古
   い木組みの家が失われた。今は老朽化した木組の家は修復される。
    Langer Strasse47.(1585) 復元された。
           48.(1621) 大部分が碑文や帯状模様を残して再建された。
           60.(1576) 市会事務室、彫刻飾りの切妻、1709ポーチ付加。
           62.(1550) 自立切妻と突出階がある、19cに拡張した。
           63.(1563) 2階建ての切妻が扇型の建物。
           84.(1746) 半寄棟屋根の2階建。
           85.(1500) 木造構成のかっての銀行の建物。
           90.(1563) ロゼット模様で飾られている。
    MItter Strasse 1.(1543) 町で最古の住宅、ロゼット飾りは1585追加。
    Sued Strasse 2.(1550) 復元された板の家。
           10.(1607) 職人の古い家。
           12.(1608) 職人の古い家。

5.写真

市庁舎 聖マリエン教会
東北土堤 北西土堤

戻る

戻る

ヒルデスハイム Hildesheim NS24

1.歴史

  800 教区への援助記録が初言及、   815 王ルードビッヒが司教区を置いた、
 1167 市壁で囲まれた市場町になる、   1196 旧市街の隣に市民の新市街形成、
 1300 旧市街に司教が都市権授与、   13-17c ハンザ同盟に加入、
 1626.32.34 30年戦争の包囲と通行料支払、1711 ハノーハーの駐屯で自治の終焉、
 1803 プロイセンはハノーハーを併合して町を支配、1815 イギリス・ハノーハー家に割り当て、
 1824 旧市街と新市街の統合、      1866 プロイセン領となる、
 1945 2次大戦の空爆で町の40%破壊、   1948 忠実な復元が教会から始まる、
 1990 マルクトは木造の高い建物で美しく復元。

2.市壁  0.56km 0.15

   南のKehwiederTurmに50m、SendanStrasseに170m、HangenTorWallに
  340m見られる。西から南に4割2.5kmの中世の水堀付の土堤は並木の歩道になった。

3.塔  0門1塔

 ケールヴィーダー塔 Kehrwieder Turm 南の古い市壁に唯一残る塔で、中に暦の
   展示がある。
 黄色塔 Gelber Turm (1886) 黄色のれんがの展望塔で、1999大学の天文台。

4.見所  B

   町は中世の美しい建造物を保って来たが、1945の空爆で壊滅し、忠実な復元が
   教会やマルクトで行われている。南に戦災を逃れた木組みの街並みがある。
 市庁舎 Rathaus (1246-90) 改増築を重ね、1950に単純化されて復元されたゴシック
   の建物で、仕掛け時計が12.13.17.時に動く。
 大聖堂 Dom (11c) ロマネスクのバジリカを11cの姿に戦後復元。ただし脇祭壇はゴシック、
   交差部丸屋根は18cの形に復元されている。1015青銅鋳物の扉は有名。
   中庭には樹齢1000年のバラが聖堂後陣の壁に茂っている。中には11cの
   シャンデリア・11cの洗礼盤・11cのブロンズ記念柱などがある。
 聖ミカエル教会 St.Michaelis Kirche (1033) 二つの内陣を持つバジリカ教会堂は、疎開
     された12cの天井画を使って1957に復元された。
 聖ゴーデハルト教会 St.Godehard Kirche (1172) 3本の塔を飾る細い尖塔が特徴で、優
   雅なシルエットは昔の姿を留める。
   聖十字架教会 Heilig Kreuz Kirche (11c) 11cの古い要塞門を改造したもので、
   バロックの前面の後ろにロマネスクの教会がある。
 神殿の家 TempelHaus (1230-30) マルクトの南にある東洋風の建物で、1591ルネッサンス風
   出窓の下には、放蕩息子の物語が描かれている。階段切妻と2小円塔は、
   おそらく16cに付けられたものであろう。
 屠殺業会館 Knochenhaueramts Haus (1529) ゴシック9階建ての木骨組の堂々たる
   建物で肉屋のギルドの誇りが示され、1990までに忠実に復元された。
 木組の家 Fachwerk Haeuser  WedekindHaus1598:木彫装飾に飾られたルネッサンスの
   木骨組建築。LuentzelHaus1755:バロックの木組の家。BaeckeramtsHaus1451:
   パン屋・ギルド会館。Bruehiviertel:南に戦災を免れた木組みの街並みがある。
   1606ベルナー家1548ヴァッツフェンシュミーデ家は美しい。
。  レーマーと磁器博物館 Roemer und Polizaesu Musum 古代ローマ・エジプトの遺物と
   中国磁器を展示。

5.写真

市庁舎 ドーム
ケアヴィーダー塔 南門と南壁
南東壁 西壁
聖ゴーデハルト教会 ギルド会館
聖ミカエル教会 木組家マルクト
マルクト広場

戻る

戻る

ホルツミンデン Holzminden NS25

1.歴史

 1200 公爵エフェアシュタインはヴェーザー川畔に城を設立、    1408 町と呼ばれた、
 16c ヴェルフのヴォルフェンビュッテルに属す、 1640 町は帝国軍の破壊から徐々に回復、
 18c 町には支店や製材所の設立。      1831 最初の建設業学校の設立、
 1874 人工バニラ香料の発明し香りの会社設立、1815 ブラウンシュバイク公国に属す。

2.市壁  0km 

   中世の市壁の位置は、WallやGraben付近と思われるが、確認できない。

3.塔  1門2塔

 ReichsPraesidenhaus (20c) ヒンテレ通に砂岩4階建の長方形の門の家があ
   り、塔頂の尖塔とチャイムがある。
 Torhaus Katzenspring (1922)町の入口の通りに、砂岩3階建四角錐屋根
   の角塔が市守衛詰め所としてある。
 Wacht turm (15c) レンガ造6階建円錐屋根の見張り円塔である。

4.見所  C

   古い中世の建物が残っている。15の香の碑がある。
 市庁舎 Rathaus (1847) 旧市街地の東の新道に、2-3階古典主義の大きな庁舎の建
   物を建てた。
 ルター教会 Luther Kirche () 旧メアリ教会で、2身廊西塔のあるホール教会。1577に再建さ
   れ、1900に改修された。
 テリィの家 Taely Haus (1609) 廷史ニコラス・ラスターが建てた2階建木組の建物は、将軍テリィ
   が宿舎として使い、30年戦争の火災1640を生き延びた。
   ヨハニス・マルクト広場 Johannis Markt () 今のWasserhotel Schwagerは、2階建木組
   の大きな建物であり、古い見張り塔が付いている。
 リーケ・ルドルフ・レオポルト Rieke Rudolpf Kloplt () 7階建の大倉庫。

5.写真

  
市庁舎 ルター教会

戻る

戻る

ケーニッヒスルッター Koenigslutter NS26

1.歴史

 1135 ルッターと呼ばれる村として初言及、ヴェネディクト会修道院のロマネスク教会を建立、
 1400 ブランズウイック侯爵は町の憲章を授与、 1571 大火災で町の市庁舎を焼失、
 17c 醸造権を得て73醸造所が造られ、オランダにデュックシュタインビールを輸出して繁栄、
 1796-99 薬剤師が医薬品を発明、

2.市壁  0.40km 0.28

   初めはマルクトとマルクト通りを囲むだけの一次市壁であったが、15cに町の膨張に
  合わせて拡張された。今は、一時市壁の北東角周辺180mとWallStrasse220mと、
  二次市壁の北西Gerichtsweg400mと西Aid.Heidteuchsriede630mに残る。

3.塔  0門0塔

   見当たらない。

4.見所  C

   16cの美しい木組の建造物がMarktStrasseやMittelgasseなど随所にある。
 市庁舎 Rathaus (18c) 全ての管理機能を収容するため二つの建物がある。明るい黄
   色の建物は昔の正義の評議会と裁判所から儀式用と布商人の展示スペース<となり、
   1831再建され食堂となったが今は市庁舎である。オレンジ色の建物は古い修道院の
   物であったが宗教改革で民間所有となった。その後サミエル・ハーン博士が住んでいたが、
   町が1905に市庁舎とした。
 皇帝大聖堂 KaiserDom (1135) 南に離れてロマネスクの3身廊の教会がある。これはベネディ
   クト会聖ペテロとパウロ修道院教会であり、皇帝ロタール3世が創設し、未完成の内に埋葬
   された。多くの皇帝ロタールの遺物を備え、中世後期には巡礼の場所になった。大
   聖堂の南に在る回廊は北独で最大級である。2002-09オルガンを含めて復元された。
   近くには、町博物館(1986)が旧石工学校跡に開設され、石工の伝統工芸と機械
   式音楽楽器250が展示されている。
 市教会 Stadt Kirche (12c) 聖セバスチャンとファビアン教会と呼ばれ、15cに元の身廊は取り
   壊されて新築されたが、ゴシックの塔は今も残っている。1744湾曲した屋根は改築
   され、1802身廊の柱とアーチは取り除かれて拡張した。
 醸造所 Brauhaus (1624) 醸造所は円アーチのある大きな塔に沿ってあり、戸の上の梁
   には特別の文字と飾りがある。
 ケーニッヒルッターの城 Burg von Koeniglutter (1200) 水城であり堀に囲まれていた。北に
   は沼沢があり側面からは攻められなかった。代官はブラウンシュバイク侯爵の指示を受
   け町の管理を行った。その後郵便局・簡易裁判所・住家として使われた。1967大
   部分は取り壊され空の門屋と隣棟が僅か残る。今は監獄。
 町の図書館 Haus der Stadtbuechrei 梁に格言と文様のある木造2階建の古い醸造所
   の建物である。その中には商人オットー・クラーゲルの取集物を収蔵。
 十分の一税倉庫 Zehnt Haus 収穫の十分の一を税として収める場所であり、正面は豊か
   に飾られ、翼には聖書の格言が書かれた木組の建物である。
 木組の家 Fachwerk Haeuser  WedekindHaus1598:木彫装飾に飾られたルネッサンスの木
   骨組建築。LuentzelHaus1755:バロックの木組の家。BaeckeramtsHaus1451:パン屋ギルド
   会館。Bruehiviertel:南に戦災を免れた木組みの街並みがある。1606ベルナー家
   1548ヴァッツフェンシュミーデ家は美しい。
 レーマーと磁器博物館 Roemer und Polizaesu Musum 古代ローマ・エジプトの遺物と中国磁器を
   展示。

5.写真

              
市庁舎北壁
東北壁東南壁
木組家

戻る

戻る

リューネブルク Lueneburg NS27

1.歴史

  956 王オットー1世の文書に聖ミカエル修道院に税関を与えた、  10c 塩の生産地となる、
 13c 欧州最大の塩の生産地になった、1235 リューネブルク公国の王宮となり都市権授与、
 1247 町は拡充された、       1356 ハンザ同盟に加入し豊かな町として繁栄、
 1371 町は大公マグヌス1世を追放した、 1392 再販権を得て自由帝国都市として繁栄、
 1560 町は塩の販売不振で急速に衰退、経済の不振で歴史的な街並が保存された、
 17c 30年戦争とペスト流行で衰退加速、1810-13 仏軍が占領、  19c駐屯地の町に、
 1945 第2次大戦の被害はない、戦後古い建物の建替が進んだが、1970からは旧市街
   の復元が行われている。

2.市壁  0.08km 0.02

   15cの市壁は、北部Hinterder Bardowicker Mauerに80mが再建されている。地盤
  沈下で市壁に亀裂が発生し、12mの杭を打って基礎を補強して2010に復元された。

3.塔  0門1塔

 給水塔 Wasser Turm (1907) 高さ56mのネオゴシックの給水塔で、展望台からの眺めは良
   い。1985に不要となり、1998給水塔教会が塔を買って改修して、文化イベントやお
   祝いのために使われている。

4.見所  B

   16cまでの伝統的な切妻に特徴のある木組や煉瓦造の民家が保存されている。
   マルクト広場を取り囲んで市庁舎・教会など煉瓦造の堂々たる建物に圧倒される。
 旧市庁舎 Altes Rathaus (1230) 古い建物はその後拡張され、ゴシックシック期に壁と天井
   に絵のある裁判の間・天井画のある王侯の間・古い文書館・事務室・市長室が属す
   る。ルネッサンス期の見事な木彫の大評議会場1566-84があり、ゴシック期に忠誠の広間・
   マーク・ファサードが生まれた。塔にはマイセン磁器のグロッケンシュピール付の時計がある。この
   建物は、今でも市の行政の中心として使われ、美しい部屋をガイドツアーで訪れる
   事ができる。
 聖ニコライ教会 St.Nicolai Kirche (1407) ゴシックの3身廊のバジリカで8つの切り込みのある
   恒星ボールトの身廊は贅沢である。水地区に在る小さい船頭の礼拝堂であった。19
   cには多くの修復が行われた。尖塔は1587に完成したが、1831に老朽化で解体
   され、1895にネオゴシック98mの塔が新築された。中には、美しい中世の特徴的な
   ゴシックの絵画と彫刻が所蔵されている。
 聖ヨハネ教会 St.Johannis Kirche (927) 洗礼堂として始まり、町で一番古い煉瓦造の建
   物で、ほぼ正方形5身廊のホール教会にはかって39の祭壇があった。今の教会14cの
   もので、中は広大で、主祭壇は聖人の生涯を描いた木彫祭壇が飾られ、数回修繕
   されたオルガンはドイツでも古い16cものである。ここで若いセバスチャン・バッハがオルガンを
   学んだ。108mの塔は強い西風に対抗するため頂上で2m西に傾いている。
 聖ミカエル教会 St.Michaelis Kirche (1376-1418) 最初の教会は石灰岩の山に建てられた。
   14cに関連の修道院と共に新しい教会が町に建てられた。1701-02に修道院学校
   の聖歌隊にセバスチャン・バッハが所属していた。
 ワカサギ市場 Am Stint Markt 古いクレーンと美しい家並みがある古い港地区で、ここでワカサ
   ギが取引された。今はロマンティックな飲み屋街である。
 古いクレーン Alter Kean (1346) 木造を鉄で覆われたクレーンは、イメルナウ河畔に立ち19cには
   英国からの機関車を最後に荷卸しした。
 砂の広場 Platz am Sande 町で最古の市場で、美しい切妻屋根の煉瓦造の建物が並ん
   でいる。階段状や蝸牛状の切妻は特殊である。
 ハイネの家 Heinrich Heine Haus (1569) 1822-26にハイネの両親が住み、ハイネもよく訪れて
   いた。1986-93大規模改修が行われ、今は登記所・文学事務所や催物に使われてい
   る。文学事務所ではハインリッヒ・ハイネ文学奨励金を授与を行う。
 リュウネ僧院水車 Luener und Abts Muehle (16c) 二つの水車は歴史的な港地区に位置し、
   リュウネ水車は修道院のために壊され、修道院は修道院長の水車を参事会の一家に再
   び与え、水を町に導き1530の塔を使って貴族に水を供給した。
 古い百貨店 Altes Kaufhaus 港に在りダット・ヘリングの家とも呼ばれ、塩とハンザの繁栄の面
   影がある。1959に放火で焼け、バロックの前面1530のみが残った。
 妊娠の家 Schwangeres haus 家の外壁の石膏が水を含んで膨張したために 湾曲した家
   がWaageStrasseにある。
 沈下範囲 Senkenges Gebiet (16-17c) 塩水を汲み上げたため、市庁舎の西は明らかに
   沈下している。Auf dem Meere には16-17cの美しい住宅・手工業所。
 上オーリンク通 Ober Ohringer Strasse 昔は3段登って戸口に着いたが、今はは明らかに部
   分的に下に下がらなければ戸口に着かない。典型的な北ドイツの木組の家が密接し
   て建てられている。
 評議会図書館 Rats Buechrei (1555) 図書館は初めに市庁舎に設立されたが1555に修道
   院の図書館に合わせて元フランソスコ会修道院に収容された。地階のゴシック広間には市純文
   学、回廊には原稿と古版本、中庭の教区未亡人の家には児童・青年図書、合計で16-
   18c:2万冊、19c:1.5万冊もある。
 産業と商業会議所 Industrie und Handels Kammmer (1548) 印象的な木組の建物で、今
   の商工会議所である。二つの切妻のあるルネッサンスの建物は様々に使われ、二次大戦後は
   醸造所・食堂・小売店・銀行等として使われた。
 ブロムゼの家 Broemge haus (1406-26) 商人の家として建てられた古い木組の切妻付の家
   で、その後製塩所所有者ブレムゼが住んだ。正面にはハンザとブレムゼの紋章が飾られてい
   る。1937カール・ミューレン社が建物を借りその後購入して、今はドイツ・バルト文財団と東欧独文
   化と歴史研究所所有し、催物に使っている。
 ドイツ塩博物館 Deutsches Salz Museum (1980) リューネブルク塩生産は、956-1980に地下から
   含塩水を汲み上げ鍋で煮沸して微細な評判の良い食塩を生産した。その製造過程と
   歴史、塩味について説明している。
 東プロイセン州立博物館 Ost Preusseisches Museum 700年にわたる東ドイツの風景・文化・歴史
   を記録し、狩猟と森林の歴史・琥珀・金銀製品なども展示している。
 ビール醸造所博物館 Brauerei Museum (1485) 北独で唯一の醸造所博物館で、クラウン醸造の古
   い機器・カップなどが展示されている。
 リューネブルク博物館 Museum Lueneburg (2016) 公園博物館と自然史博物館と町の古文書など
   を含めた大博物館である。
 自然博物館 Naturmuseum Lueneburg 森林・湿原・ヒース等の自然の保全の展示。
 リューネブルク公国博物館 Museum fuer das Lueneburg 都市と公国の歴史と文化。

5.写真

市庁舎 商工会議所
民家 聖ヨハネ教会
木製クレーン アムザンデ広場

戻る

戻る

メッペン Meppen NS28

1.歴史

  834 皇帝ルードビッヒはメッペン修道院を言及、  945 鋳造・関税・市場の特権を授与、
 1252 公爵夫人はミュンスター司教に町を売却、1360 町は都市権を得て市壁と堀を建設、
 1408 市庁舎の建設、   1462 ガシック教会建設、    1532-52 改革の導入、
 1614-28 30年戦争で新旧が交互に占領、     1660 司教は町の要塞を拡充、
 1762 7年戦争が終わり要塞は取壊された、1803 アレンベルク公はライン右岸を取得し公国、
 1810 町は仏王国に併合、        1814 アレンベルク公国はハノーファー公国に割当、
 1866 ハノーファー公国はプロイセンに併合。

2.市壁  0km 

   1360に壁と堀の権利を付与され、要塞は数回の再構築を繰返し、最後の星型の要
  塞は今も旧市街の周辺に見受けられる。防衛土塁は1762に土地壊されたが、元の洪
  水防止用の土堤が何世紀にもわたって並木道として存在している。市壁はない。

3.塔  0門0塔

   見当たらない。

4.見所  C

   オランダ国境にある古い要塞の町で、エムス川とハーゼ川合流点にあり、地域の政治・文化
  ・経済の中心地として賑わっている。
 市庁舎 Rathaus (1408) 塔のある古い後方庁舎の前に、1605地下室のある3アーチの2階建
   の上に5列の切妻が乘っている。中世のハンザ同盟を示す塔がある。今はカフェとして使
   われ、歴史的な議会室はレセプションや市民の儀式が行われている。
 主席司祭教会聖フィタス Propstei Kirche St.Vittus (780) 小さなパプテェスト教会が、後にバジリ
   カになった。建替えや改築が1225.1463.1870に行われ、ネオゴシック3廊西ポータル教会の内
   陣は延長した。古いロマネスクの玄関は花嫁の門と言われ1980に再設計された。には偉
   大なゴシックの祭壇画がある。
 ボッケロッホ教会 Kirche Bokeloh (918) 948にはエムスラント最古のキリスト教会の一つであった。現在
   まで中央部に中世の建物の一部が保存されている。1462内陣が成長し窓が新しいゴ
   シックとなった。1512に塔が付けられ、1903-10内装はネオゴシック化された。1990大規模
   な改修の後に魅力的な外観となった。
 市公会堂 Stadt Haus (1816) 医師によってレンガ造で建てられ、1936市の行政が移転して、
   後と両側を拡張した。階段では展覧会が定期的に行われている。
 武器庫 Zeug Haus (1752) 選帝侯クレメンスは城の跡に武器庫を建てて、要塞の武器・弾薬・軍
   事時備品を保管した。19cには石鹸工場が設立され、その後住宅として使われた。
 ヘイルの家 Hexl'sches Haus (1809) 仏の支配下に議員のために建てられた。1810にはメッペ
   ンの知事事務室となった。新古典主義漆喰の内装となっている。今は地方銀行が使
   っている。
 蹄鉄 Hufeisen (1960) 1374の門衛がこの位置に在ったことから、歩道の舗装埋め込まれ
   おまじないとなっている。
 市博物館 Stadt Museum (1805) 古典的なレンガ造の2階建の世俗の建物は商人フェルナンドが建
   てた。侯爵アレン・バークが1835に購入し廷史の事務室・住宅として使った。1990市立博
   物館として、市の歴史と文化を展示している。
 考古学博物館 Archaelogisches Museum 石器時代からの歴史的・文化的な発展の様子を
   展示し、現代美術館でもある。の事務所である。

5.写真

市庁舎 ボッケロッホ教会

戻る

戻る

ニールブルク Nierburg Weser NS29

1.歴史

 1025 ミンデン司教の文書で城砦を堀・堤・柵を言及、1215 ホヤ家は町を設立し所有、
 1225 都市権を授与されて防衛・市場・鋳造の事業を実施した、
 1582 ホヤ家の断絶でブラウンズウイック・リューネブルク侯爵に落ち、   1866まで支配した。
 16c中-17c初 町の全盛期であった、       17c 30年戦争で破壊と略奪、
 1715-23 王ジョージ3世は最初の石橋を贈った、  1736 町の再建と要塞の修復、
 1807-08 ナポレオンは市壁を破壊、、             1945 英軍が進駐。

2.市壁  0km 

   30年戦争で壊れた市壁は、1730にヴェーザー川沿い市壁で、町の北東側と南東側
  には星型要塞が設けられた。1807-08仏軍によって市壁は取り除かれた。

3.塔  0門1塔

 杖塔 Stock Turm () かっての係留場の遺跡で、レンガ造最上階は木造で
   あった。4階建の四角錐屋根の角塔で、南東の端で階段塔が付いている。

4.見所  C

   木組の家や市庁舎・教会などの建物も中世の雰囲気が残っている。
 市庁舎 Rathaus (15c) 1533建て替えられた市庁舎は、建物の中心にまだゴシックのレンガ
   部分が中庭に露出している。1582西側の切妻と砂岩の入口はヴェーザールネッサンスで改
   装された。バロック時代には市場側の鐘楼が付けられた。
    市庁舎の周辺には2-3階建の美しい木組の建物が多く立ち並んでいる。
 教区教会聖マーチン PfarrKirche St.Martin () 高い72mの塔のある教会。
 パトリシアの家 Patrician Haus () 市内でも美しい木組の家。
 フレーゼンホフ博物館 Museum Fresenhof (20c) 1985まで伯爵名残の騎士が住んでいた大
   きな館は、今は博物館・美術館として使われている。
 農業博物館 Museum Quaet-Faslem () 2階建の邸宅に農業博物館がある。

5.写真

市庁舎 杖塔

戻る

戻る

ノルトハウゼン Nordhausen2 NS30

1.歴史

  910 王は城を築く、929 クヴェトリンブルク王ヘンリー1世は妻マチルダに町の収益を与えた、
  961 女王マチルダは未亡人の修道院を設立、 962 オットー3世は市場権・鋳造権を授与、
 1158 皇帝フリードリッヒは財産を女性修道院に、1180 皇帝フリードリッヒとザクセン公の戦争、
 1220 町は自由帝国都市に、女子修道院は大聖堂に、1290ハプスブルク王ルドルフ権利確認、
 14c 自由帝国都市の全盛期、       1430-32 ハンザ同盟に加入、
 1524 町に宗教改革を導入、     1612 町は大火災、1630 30年戦争で衰退、
 1703 ブランデンブルク・プロイセン軍が占領、   1757 7年戦争で仏軍が占領、
 1802 プロイセン王国に併合、        1807-13 ヴェストファーレン王国へ、仏軍占領、
 1816 プロイセン州のエアフルトの地区へ、    1943 ロケットV1とV2を製造、
 1945 第2次大戦の爆撃で建物の74%破壊し人口の21%が死亡。

2.市壁  1.79km 0.59

  半分以上の市壁が丘の斜面に残っている。老朽化した石積は更新されている。

3.塔  0門1塔

 ペトリ塔 Petri Turm (1362) ペトリ教会の一部として62mの高塔が建てられ、
   1731塔の下の部分に警備員を置いた。1945教会は破壊され、1987新しい帽子を付
   け、見張り塔として使われている。

4.見所  A

   市庁舎にはローラント像がある。ブラジウス教会の尖塔は1634の火災で壊れ左右不均等
   に修復された。木組みの家・市壁がよく保存されている。
 市庁舎 Rathaus (1360) 3階建ての市庁舎は1945爆撃で焼失し、1952に再建
   された。中央にゴシックの鐘楼が立ち、5アーケードの窓が前面に目立つ。東部の入口の
   上に紋章と碑文が置かれている。碑文には「410年ローマ皇帝による都市の創設」。
 谷間の聖マリア教会 AltenDorfer Kirche St.Maria in Tale (1294) 元は3身廊
   ゴシックの尖塔付の教会で、修道院教会として建てられた。1639西側廊が除かれ、
   後に塔と北通路が造られ1697に再奉納された。この時から西壁に木製ギャラリーや
   オルガンのロフトが置かれた。18c半ばから北の祭壇や説教壇が付けられた。
 ブラジウス教会 Blssii Kirche (1234) 市内で最大の新教教会で、1350改修が
   行われ、1634に南棟に落雷があった。1945爆撃で壊れ、1970年代に修復された。
   2002抜本的な改修がなされた。中には、1592説教壇がある。
 キュリアシ礼拝堂と施療院 Cyriaci Kapelle und SiechenHof (13c) 1284礼拝堂
   は病院に建てられた。1788病院は老人ホームに拡張され、1815まで使用された。一時
   刑務所にもなり、1823礼拝堂は老朽化して取り壊された。1845-46漆喰2階建木造
   の広間が古い基礎の上に造られて老人施設で使われ、1991音楽学校になった。
 聖十字架大聖堂 Dom zum Heiligen Kreuz (961) 旧城の敷地内に、ゴシック3身廊
   ハレン教会が建てられ、13cシトー派女子修道院となった。1813-44身廊と塔は
   大規模補修が行われた。1945歴史的な屋根が焼失し、1964ゴシックの急勾配の屋根
   が修復された。
 山の上の聖マリア教会 Frauenberg Kirche St.Maria auf dem Berg (1200) ロマネスク
   3身廊の十字型柱バジリカで古い教会である。1536改革後に学校となり、1557
   修道院の廃止の後に市立女子学校になった。1945身廊が壊され、翼廊と聖歌隊の
   みの今の姿になった。
 聖ブラジ牧師館市庁舎 PfarrHaus St.Blasii (1544) 美しく芸術的な木組の
   建物であり、1713に2階建て長方形の木組の家として屋根からの装飾で飾られ建替
   られた。1706-26牧師が住んでいた。
 真の北の家 Echter Nordhaeuser (1360) 伝統的な蒸留所が設立され、1907-08
   今の場所に蒸留所を設けた。リキュールは試飲も購入もできる。
 IFAモーター博物館 IFA Motorenwerke 2011にIFAの製品を実演・展示した産業
   博物館を設立した。ディゼルエンジン・トラクターなどが展示されている。
 ヴァルケンリーダー館 Walkanrieder (1292) 初め穀物倉庫として建てられ、修道院
   に買収された。1345拡張され何回か火事に遭ったが外壁は維持された。1540.1712
   の火事の際に窓の形状が変化した。19c税関・税務署・市図書館として使われ、今は
   博物館の保管・修理場所。
 ノミ城博物館 Museum Flohburg (1330) ローマ時代の地下室を持つゴシック3階建木組
   の建物は、元は騎士団の家であった。1789-1815町の劇場を収容し、1905避難所と
   なり、1968改装して子供の図書館「ノミの城」となり、2000古い町の博物館となった。
 タバコ店博物館 Museum Tabakspeicher (18c) 2階建ての木組の家は、20c葉巻・
   タバコの倉庫となり、1994「煙草の家」は工芸・商業・産業・考古学の博物館となった。
 フィンケ博物館 Finkenburg (1444) ゴシック2階建木組みの家はギルドハウスとして建て
   られ、1993放火で焼失し、1997復元された。今は郡手工業組合の事務所である。

5.写真

市庁舎 西北壁
西壁 南壁
ブラジ教会

戻る

戻る

ノルトハイム Northeim NS31

1.歴史

 1002 ノルトハイムのジークフリートはマイセン辺境伯を殺害、1100 修道院聖ブラジーンの設立、
 1252 町が誕生し都市権を得て市壁建設、 14c 町は市場・鋳造の特権を得た、
 1384 ハンザ同盟に加入して町は繁栄、   1539 新教となり聖システーナ教会が中心、
 17c 経済は衰退し30年戦争で略奪された、 1702 政府による自治体憲法の制定、
 1807-19 ヴェストファーレン王国へ、       1892 タバコと砂糖加工で工業化、
 1945 旧市街の大半で戦災は免れたが、周辺は空爆された。4月米軍占領。

2.市壁  0.95km 0.54

    市壁は都市権を授与された後1252-1305に建設された。新たに現れた銃撃に
   対抗して、15cに高い壁と堀を設けた。1627テリー将軍と戦って破壊された。
   1982-88に3か所を復元した。全長1.75kmの内約半分が残っている。

3.塔  0門2塔

    旧市街の市門は1773に道路拡張に伴い新しく広い門に置き換えた。1848
   市門は意義を失い排除された。
 醸造所塔 Brauereiturm (1468) 上門は二重門で造られ、1739-78に塔には
   醸造所が収容された。
 草取塔 WeiterTurm (1442) 望楼は山の上に築かれ、1883に土台の上に3階建
   の塔が完成した。

4.見所  C

    この町は主として16-18cの木組の家で構成し、旧市街は各年代毎の木造建築
   の特徴を良く保存している。教会・旧修道院を含む宗教建築も多く見られる。
 旧市庁舎 Ehem.Rathaus (1324) マルクト広場に在ったが、1832の火事で焼失して市
   庁舎は移転し、1895その場所に民家が建てられた。
 聖システーナ教会 St.Sixti KIrche (13c初) 中世のホール教会からの塔や地下室が残さ
   れ、1425の祭壇廊や1734のオルガンを収容している。1469-1519後期ゴシック3身
   廊で63mの塔のある教会になった。
 聖ブラジーン教会 Blsien Kirche (10c) 修道院聖ブラジーンは、ベエディクト修道士によ
   って千年前に設立され、ミュンスター・プラッツは町の格の一つとなった。11cバイエルン
   侯爵の墓所となり、今でも地下に墓があり、ガイドツアーで訪れる事が出来る。
    修道院の複合体としてゴシックの古いラテン語学校(1474)や聖ブレイズ礼拝堂
   (1515)もある。今は登記所・催物会場として使われている。
 病院聖スピリッツ Spital St.Spiritus (1500) 修道院の巡礼者用病院が拡張された
   印象的な木組の建物に、町の博物館が設置され、薬局も併設されている。
 ファビアンス・セバスチャン礼拝堂と旧守衛所 Fabians Sebastians Kapelle und AlteWache
    (1349) ペストの終わりを感謝して建てられ、1738小さな塔が付足された。
    旧守衛所は1734に礼拝堂に接して木組で建てられ、今は高齢者の集い
   の場と催物に使われている。
 市民の家 BuergerHaus (19c) 町には市民の家が調和のとれた都市景観を生して
   いる。1832の大火災の後に3階建の木組の家が一斉に建てられ、1892の火事
   被災後にも東部で印象的な煉瓦造の民家が建てられている。
 レーダーゼンの家博物館 RedsersenHaus und Museum (1420) ゴシックの古い木組の建物
   であり、1986マリー・レーダーセンの死後レーダーゼン財団が管理し、1997に修復して今は
   観光案内所と博物館の展示場となっている。
 アヒル広場 Enten Platz 旧市街地の北西に在るアヒル広場の周囲を華麗な木組の民家
   が復元され、壁にはバラと蔦が植えられている。
 広幅街路 BreiteStrasse(16c)大聖堂広場とマルクト広場を繋ぐ街路で、今は歩行者
   専用道路の中心にある。ここには16cからの木組の街並が残されている。
    最も美しい家として、後期ゴシックのKasse Boersche Haus(1566)があり、
   3階建の前面には豊かな装飾が見られる。

5.写真

               
旧守衛所北東壁
南東壁南中壁
西壁レッダーセンの家

戻る

戻る

オスナブリュック Osnabrueck NS32

1.歴史

  780 カール大帝が町の基礎を築いた、 800 シャルマーニュ朝の下に教区で初の司教設置、
  851 オスナブリュック教区文書に記述、   1002 ハインリッヒ2世は市場・鋳造・関税権を授与、
 1171 皇帝フリードリッヒは裁判・都市権授与、1246 貿易保護のためミュンスター・ミンデンと提携、
 1307 旧市街と新市街は合併した、   1348 共通の憲章を定めた、1350疫病流行、
 1430.88 暴動が発生、1530 大火災、 1575.97.99 ペスト流行で町は衰退、
 1613 大火災、1633 スエーデン軍占領、  1641 市庁舎の平和の間で30年戦争の協議、
 1648 ウエストファリア条約を市庁舎で公布、  1803 仏軍占領、1813 ハノーハー王国に属す、
 1843 要塞入札で1553からの市壁外建設禁止は廃止、 1866 プロイセンに併合された、
 1945 町の94%が破壊され、115万m3の瓦礫が発生した。

2.市壁  0.25km 0.05

    12-13Cの市壁は、独立して新旧市街に設けられたが、1307に合併された。
   HellingsMauer(1180-1250)二つの円塔が今も残る。18-19c構造上の変更がなされ、
    20cに南の半円塔にはコンクリートのフード付けられた。1980-81大規模補修がなされた。
   HoheMauer(1280)町を囲んだ市壁ではないが、Stadthausの構内に高い壁の残りが
    ある。16cには部分的に壊され、19c初に基礎壁の上に二つの庭小屋の塔が建て
    られ、1978-80修復され市壁の残りが確認された。
   Herrenteichswall(16c)この土堤はHase川を越えて東側に築かれ、二重の防衛線は
    高さ7mの土堤であった。1830に失業労働者の雇用のために壊されそうになった
    が、堤頂幅2mに削られて残った。北の部分は1853鉄道建設のため失われた。

3.塔  1門6塔

 ヘーグ門 Heger Tor (13c) 北西、二重門としての塔・門・要塞・ツインガー・通路から
   成る防衛施設は、1815全て取り払われた。1817ワーテルローの戦いでのオスナブリュック
   の健闘を称えて両側に2本柱のある凱旋門が建てられた。
 本塔 Bucks Turm (13c) 西北、城壁内の望楼として28mの塔であったが、1805荒廃
   のため10mが壊され新しい円錐屋根となった。銃眼で壁厚を見ると大砲を乗せ
   る想定であった。中世には町の監獄として使われ、1305リッペ伯爵サイモンはここ
   に6年間投獄された。16-17cには魔女が捕えられ、今は拷問道具が置かれている。
 市民従順塔 Buergergehorsam (1517-19) 北西、市壁に最後に付けられた円塔で、
   1542アーチ屋根に改修された。全ての階に銃眼があり、璧厚は最大3.5mと厚い。
   町を守るほかに反抗的な市民の拘束のためにも使われた。
 熊塔 Baren Turm (1200) 北端、石壁に沿ってHasetor wallがまず在り、14cに1.5
   mの厚い上流壁となり、その後3mの厚い壁と円形要塞が建てられた。1471今の
   2階建ての塔が構築され、上層部に多くの銃眼が付けられた。30年戦争でスエーデン
   軍は3年間の包囲の後に1633に占領し、この塔の後ろに3階建てのVitischanzeを
   築いた。19c上部3階にレストランが開業した。
 パーニケル塔 Parnikel Turm (13c) Hase川対岸のHerrenTeichWallに堰や水車を守る
   ために建てられた。1891に川岸は壊されたが再建され、19c塔も再構築され家
   具付きアパートになった。
 封鎖塔 Gesperrter Turm (15c) 南の新市街の4階建て角塔で沼地を守った。過去
   2世紀で塔は数回建て直され、2次大戦中は避難所として使われ、1980-84に
   改装がなされた。
 プリューマー塔 Pluemers Turm (14c) 南西、新市街の4階建て5.3m正方形の塔は、城の
   近くの丘に立つ要塞の一つであった。19c住居として使われ、小さな窓やレンガ
   抜け穴が地上階にはあり、2階には正方形の開口部がある。

4.見所  A

    司教区の中心都市で1802まで何世紀にもわたって首都であった。大きな町で古
   い建物や木組みの家や市壁などが復元されている。
 市庁舎 Rathaus (1244) 旧市庁舎は使用可能であったが、なぜか1487新市庁舎の
   建設に着手され、1505棟上げされ1512建築は完成した。平和の広間の入り口
   には、まだ完成していない1505の碑文がある。内装は平和の広間に座席を1575
   に運び込んでほぼ完成した。高寄棟屋根は18mの高さがあり、入口の木製階段は、
   1846説教壇付の石階段に置き変えられた。市庁舎の正面には、歴代の王の大きな
   像が飾られている。1944爆撃で焼失し、ウエストファリア条約300周年を記念して1948に
   新しい市庁舎を構築した。平和の広間には、当時の欧州の代表者42人の肖像画
   があり、小会議室には1648ウエストファリア条約のレプリカが見られる。
 宮殿 Schloss (1675-67) 司教の住居として、新市街の旧市街寄りに建てられた。
   宮殿の複合体は、最初に1673庭園とアナトリウムのある本館が建てられ、後で翼が続
   いた。1803から管理棟と内部が改修され、様々に使われた。1944爆撃で外壁が
   壊れ1974から大学として修復された。
 マリア教会 Marien Kirche (800) 初め木製の礼拝堂があり、11cに石造の単身廊ホール
   教会となり、14cに3身廊ゴシックの教会となり、内陣とアーチは15cに追加された。
   中には、1560砂岩の洗礼盤・13c内陣十字架・16c主祭壇がある。
 聖ペテロ大聖堂 Dom St.Peter (785) 初めは後期ロマネスクの市教区教会として建てられ
   たが、1100大火災の後に、壁に残りの上に強大な八角形の交差塔のあるドーム
   が構築された。1218-77に今の形になり、15c北西の双塔は後期ゴシックの塔に
   置換えられた。中は一松模様で、1225青銅洗礼盤・1230大十字架・16c八大使徒
   は柱を飾る。
 カトリック教会 Katharinen Kirche (12c) 後期ゴシックのハレン教会で始まり、1278教区は
   大聖堂から独立した。塔は1420に建設が始まり1493に火災時には完成していた
   が壊れ1511再建された。今塔の高さは103mとなっている。1945の爆撃で塔と身
   廊が破壊され1946-50に再建された。
 聖ヨハネ教会 St.Johannis Kirche (1256) 聖ヨハネ元修道院は1011新市街の中心に設置
   され、初期ゴシックの教会は1256-92に建設された。14cの回廊・1440砂岩の聖餐
   式の家と宝物殿は見所である。強力な西正面には両側に角塔が立ち、1996-97
   大規模改修が行われた。宝物殿は第1日日曜日の11時に訪問可能である。
 ルッター教会 Luther Kirche (1907-09) 人口増加による新教会の建設が行われ、塔の
   高さ37mと50mに展望室を設けた。2次大戦の被害は少なく、内装はアールヌーボーの
   塗装で、1985の修復で元の壁画を取り戻せた。
 レーデン館 Reden Hof (1588) バロックの宮殿で着色された装飾で際立っている。16-19c
   は貴族の邸宅であった。ハインリッヒ・レーデンは着色したルネッサンスの新館を建て、吹き
   抜けには北独で最初の螺旋階段が設けられた。今は平和研究のための財団が
   置かれ広間は催物に使われている。
 町計量所 Stadt Waage (1531) 元ギルドの計量試験場で、今は結婚室と都市行政の
   役所がある。
 フォリックス・ヌスバウム美術館 Felix Nussbaum Haus/Kultur Geschichtliches Museum (20c)
前者はアウシェビッツで殺害された芸術家の作品を展示し、後者は地域文化の歴史
   を展示している。
 オスナブリュック博物館 Osnabrueck Museum トイブルクの戦いのジオラマがある。
 ドミニコ修道院美術館 Kunsthalle Dominikanner KIrche (1971) 13c旧ドミニコ修道院の
   ゴシックのハレン教会に、ニーダーザクセンの現代美術を展示。

5.写真

市庁舎 東壁
東土堤 東壁塔
ペアニッケル塔 バーレン門
ブルゲンゲホルザム ブックス塔
西壁 宮殿

戻る

戻る

オスタオーデ Osterode NS33

1.歴史

1136 皇帝ロタールの文書に言及、     1152 聖ペーター修道院の年代記に言及、
 1234 町を守る城と市壁を建設、     1239 ブラウンシュバイクの関税から市民を解放、
 1289 ヴュルツ家の分割でブラウンシュバイク系列、1293 帝国都市ゴスラーの都市権で市場を得た、
 15c ハンザ同盟に加り交易と鉱業で繁栄、  16c初 領主は居住した城を見捨てた、
 1561 エルンスト3世は廃止の聖ヤコブ修道院を城に改造、17c 30年戦争・火災・疾病・洪水で衰退、
 1807-13 町はハルツ県に属した、     1945 3橋が破壊された。 

2.市壁  1.18km 0.72

  13cの市壁はその後拡充され、大くの場所に残されている。新旧市街は単一の防御壁
  で囲まれ、南東のふくらみは1230から既存の聖ヤコブ修道院を囲んだためである。

3.塔  0門3塔

  13cの市壁には4市門あったが残っていない。市壁塔としては、西南の角のPulver
   und Sonnen塔、西と南には半円形の鞘塔がある。

4.見所  B

  市壁がよく残った小さな町で、珍しく市庁舎が北に寄っている。聖アエギディーン教会の
  塔に登れる。木組みの家も残っている。
 旧市庁舎 Altes Rathaus (13c) 古い市庁舎が1545の大火で焼失し、1552常設市
   場と地下ワイン酒場のある管理棟として再建された。今は、市公文書館・郷土歴史クラブ・
   登記所の秘密の部屋・個人ビール醸造所のあるラッツケラーを収容している。
 聖アエギディーン教会 St.Aegidien Kirche 力強い塔がどこからでも見える。中には
   1589木彫の洗礼盤・格間天井・早期バロックの説教壇・有名人の墓スラブなどがある。
 聖ヤコブ宮廷教会 St.Jacobi SchlossKirche (1233) シトー会修道院の教会で、中に
   は、興味深い祭壇・ドイツ日本人ペーター・ハルティッヒの墓碑銘・ロマネスクの洗礼盤がある。
 マリア教会 Rathaus (1258) 元は市壁の外に在った。町で最小の木組の教会であり
   中には1517木彫祭壇がある。
 ハルツ穀物貯蔵庫 Rathaus (1719-22) 3階建て石造の建物で、上ハルツの食料供給は
   この穀物倉庫の建設によって確保された。ここで2000tのパン穀物が貯蔵された。
   今は修復されて市議会場として使われている。
 古い城 Alte Burg (1152) 丘の上のエアフルトの聖ペーター修道院の歴史を取り去って
   1152城が建てられた。16c初には放棄され、城跡は町のランドマークとして残された。
 市計量所 Rats Waage (1550) 3階建ての木組みの家で、美しく飾られた切妻と
   太陽バラ飾りがある。品物の重さや長さを測るだけでなく、結婚式場や郵便宿駅とし
   ても使われた。今はレストランやビヤガーデンとなっている。
 騎士の家博物館 Museum im Ritterhaus (1650-60) 3階建ての木組みの家で、騎
   士の館であった。1936から博物館となり、中には都市と地域の歴史と文化の展示。

5.写真

旧市庁舎 北壁
北東壁 西南隅壁
南壁

戻る

戻る

シュットルフ Schuettorf NS34

1.歴史

 1154 カーティス・シュトルグの財産として初言及、    1295 ベントハイム侯爵は都市権を授与、
 13c ベントハイム郡の中心地であった、    1297 更にグラーベルント独自の管轄権を付与、
 1465 侯爵エファーヴィンは市権限を拡張更新、  1555 市壁内居住には毎年の負担金義務、
 1625 侯爵アーンストは都市権の更新を拒否、  1682 侯爵ベントハイムは軍を使って税金徴収、
 1719 市議会の投票権は既婚男子市民、1806 町はベルク公国へ、1815 ハノーファー王国へ、
 1871 プロイセンへ併合、 1945 英軍進駐、       1946 ニーダーザクセン州が設立。

2.市壁  0.26km 0.26

   1295の都市権を受けて市壁の建設が始まり、15haの旧市街地を1.4kmの砂岩壁で囲み
  14cには3門のある防衛システムとなった。西南部に一部市壁は残る。

3.塔  0門0塔

   13cの市壁には3市門が、14-15cに付けられたが残っていない。
  Nind Tor(1379) Stein Tor(1392) Foehn Tor(1424)。

4.見所  C

 市庁舎 Rathaus (13c) 15c砂岩造後期ゴシックの2階建切妻付の建物には、黄金の風見鳥があ
   った。南東の角には1484の砲身があり、1933には一時車輪が付けられてパレードに参
   加した。入口の上には1760の日時計がある。2005市庁舎の地下には、歴史的な刑務
   所が展示されている。
 プロテスタント改革派教会 Ev.Reformirt Kirche (1154) ヴィートコルシェン修道院の寄付書に記載され
   ている。1295ベントハイム侯爵は都市圏を授与し、市庁舎と共に改革派教会も建てられた。
   1452-1533を3段階に分けて、塔と内陣なしの3身廊を最初に建てた。1537塔は高
   さ81mで八角錐のヘルメットで建てられ、落雷で1684.1796.1817.1889に破壊。
 聖マリエン教会 Kath.St.Marien Kirche (1233) 1544の改革導入から125年後の1669にカトリック
   の礼拝がアルテナ城で行われた。その後カトリック教徒が増え、1867に市庁舎の反対側の土地
   に、ネオゴシック彫刻のある砂岩の教会が建てられた。中には16cの砂岩のマドンナ像・1650の
   カップ・1670の十字架などがある。
 大公粉引所 Fuersten Muehle (14c) 大公の特権として、風や水力による粉引所が建てられ
   た。その後オイルミル・製材所が建て増された。火災後1914に高い天井の3階建レンガ造で再
   建された。
 シュリッカー邸 Villa Schlikker (19c) アールヌーボーの精巧な漆喰の装飾のある2階建の別荘である。
   家具は殆ど保存され、1903コークス火力のセントラルヒーティングが導入された。地下には停電
   用の非常用電源が備えられている。
 アルテナ城 Burg Altena (14c) 城はベントハイム侯爵家の未亡人の居所なり、1656に両翼が延伸さ
   れ、1973まで存在した。17cの城は30年戦争などで破損し、18-19cはカトリックの礼拝堂
   を務めた。1903アルテナ城跡は整備され、広場には彫刻がある。

5.写真

戻る

戻る

スプリンゲ Springe NS35

1.歴史

 11c に集落があり、       1013にヒルデスハイムのカトリック教区として初文書言及、
 1282 公爵ハラームントは城を建て郡を管理、13c 公爵の座席設置・都市権を得て町の要塞化、
 14c 町はハレルント伯その後継ケーファーブルク伯が支配、 要路に位置して繁栄、
   後にスプリング事務所がおかれた、1713.1780都市火災、   1884 サークル名の変更、
 1945 経済的に中都市へ拡大、              1974まで 郡庁舎在地、
 2001 ハノーファー地域に含まれた。

2.市壁  0.04km 0.07

    市壁の跡らしきものが、北に40mと南の駐車場北側に40mある。

3.塔  0門1塔

 鐘楼 GlockenTurm () 上門通に飾られた鐘塔がある。このカリオンは9.12.15.18時に季節
   に合わせて異なった曲が鳴り響く。

4.見所  B

    多くの美しい木組の家があり、彫刻とラテンの碑文で豊かに装飾されている。
 旧市庁舎 Altes Rathaus (1781) 初め郵便局として馬小屋と宿舎と共に建てられた。17
   66-71最初の舗装された大通りがスプリンゲの町を通り経済的に飛躍した。今は観光案
   内所として使われている。
 市庁舎 Rathaus (1974) 町の南のAmtshofは、2階建2翼の建物で斜面に立っている。今は
   市庁舎となっている。
 ラッツケラー Ratskeller (1638) 昔に市庁舎として建てられ切妻屋根の2階建木組の建物で、
   1846市議会はレストランに改造された。紋章付きのドアの天窓の隣に人物と動物のマスク
   がある。
 聖アンデレ教会 St.Andraus Kirche (13c)1445後期ゴシックのハレン教会は再建された。13cからの
   塔・3身廊・独立した内陣から構成されている。1692バロックで改装され、1860-62には拡
   張された。中には1500の洗礼盤がある。
 牧師館 Pekterat (1780) 牧師のための建物。
 教区未亡人の家 Pfarr Witwenhaus (1652) 小さな2階建の木組の建物は、聖アンデレ教会の
   隣に立ち、未亡人の家であった。後に町の穀物蔵となり、門の上の木の梁には、「参
   事会スプリンゲ1652」と書かれている。今は幼稚園になっている。
 ペーターの家 Haus Peter (1557.1619) ヴェーザールネッサンスの切妻付の低ドイツ風の邸宅で、梁には
   美しい彫刻があり、裕福な市民の贅沢な建物である。戦争や火災を生き延びた数少な
   い建物である。
 校舎 Schulgebaeude () 大きな学校の建物で、背後に市立図書館もある。
 地方裁判所 Amtsgericht (1775) 後期バロック3翼の高基礎の上に2階建寄棟屋根の9軸の大き
   な建物。
 森林公園 Sau Park (1836-39) 長さ16.3km高さ2mのSauParkMauerに囲まれた森林は、
   以前の狩猟地でハニーファーの皇帝に好まれた。今はニーダーザクセン州の自然保護区である。
 狩猟宮殿 Jagd Schloss (1338-42) 壮大な2階建のネオクラシックの天井画や壁画のある宮殿で、
   1988-93に修復され、ユーゲンクラフトの訓練センター・緑地博物館・催物会場となった。
 森林事務所 Forst Haus () 2階建の木組の建物は、20cにレストランとなった。
 城の中庭 Burg Hof (13c)
博物館 Museum 中央の建物には、地質時代史・町の早期歴史と今の市域・手工業と産業・
   文化と家の経済・繊維技術と経済の展示があり。旧駅舎には、地方農業と技術・森林と営
   林・新しい画廊の展示がある。この建物は、パレミュート伯爵が13cに水城を建て、1283ハレームント
   伯爵の本拠地となった。15cスプリンゲ地区役所の所在地となり、1884スプリンゲ郡の群会事
   務局が置かれた。1936から博物館となり、中には都市と地域の歴史と文化の展示。
   1974スプリンゲ市の市庁舎となった。

5.写真

市庁舎 マルクト
南東市壁 北市壁

戻る

戻る

スタット・オルデンドルフ Stadt Oldendorf NS36

1.歴史

 1186 教区が命名された、        1255 ハンリッヒ・ホンは町に都市権を授与した、
 1479 ハンザ同盟とチェコ軍との戦いで多数の死者、15c 領主ホンは首都として市壁で固めた、
 1625 帝国軍やスエーデン軍に数回占領され壊滅、1721 竜騎兵駐屯、7年戦争で仏軍占領、
 18c 麻織物で活況、            1864 石膏の採取。

2.市壁  0.43km 0.48

  13cの市壁は北西側の An der Mauerなどに残されている。Foersterberg付近の市壁
  は2013に復元されている。

3.塔  0門2塔

  13cの市壁には3市門と見張塔があったが、今は2塔しか残されていない。
 フェルスター山塔 Foersterberg Turm (13c) 標高260mの丘の上に立つ、旧市街の北西端に位
   置する角塔で、30年戦争で屋根が失われたが、1936に31mの上部トラスと屋根を再建
   して展望台とした。
 ハーゲン門塔 Hagen Torturm (13c) この門は市壁の簡単な出入り口と防御塔から構成さ
   れていたが、壊されて塔だけ残された。内側の通りに、レンガで門の輪郭が記され
   ている。1856まで塔は刑務所として使われ、1858門は取り壊された。

4.見所  C

  特徴ある木組みの家が多く残っている小さな町である。
 旧市庁舎 Altes Rathaus (13c) 今の煉瓦造の建物は1875に建てられ、下部に消防署・
   上部に事務所があった。1930ユースホステル、1945難民収容所・後に警察署となり、
   1953-82博物館、1987改装後に文化的行事が行われている。
 市庁舎 Rathaus (1845) 1725に建てられた背後の学校が狭くなり、資金不足で長期間
   1811-45を要して学校として建てられた。1912に正面切妻に玄関を設け改造し
   て。市庁舎として使った。
 侯爵地方裁判所 Herzogliches Amtgericht (1845) 侯爵地方裁判所は旧牧師事務所の
   敷地内に1825に設立された。初めは市庁舎の3階に置かれラッツケラーにも移った。
   今は警察署になっている。
 聖ドニ・キリアン・セバスチャン St.Dionys Kirian Sebastian (12c) 老朽したロマネスク3身廊の教会
   は、1800に再建され、1869に内装は改修された。1904昔の尖塔は41mまで置き
   換えられた。四つの鐘は1652から生き残っている。
 聖霊財団 Stift zum HeiligenGeist (1907) 中世キリスト教慈善団体は、貧しい老市民の
   ための入居施設を10戸設けた。無料で入居でき、電気と水と薪は支給された。
   1975財団が解散して、建物は町の所有となり、若者の余暇の家となった。
 ライツの家 LeitzHaus (19c) ライツ博士が購入した家は、財団が管理したが解散後に町の所
   有となった。1982改修され宿泊施設・図書館となり、2009町の博物館となった。
 修道院長館 Abtshof (11183-1409) 農場はホムブルクの貴族が所有しその家族が住んだ。
   1487修道院が購入し、1593修道院長の館となり、30年戦争で壊されたが木造で
   再建された。1807裁判所となり、その後国家林業局が入居した。
 地主の館 Herrenhaus von Campe (1418) 町で最古の農場でカンペの家族が1980まで所
   有していた。梁の年号は1561.1664.1669.18cと様々である。1981最後の所有者
   の死後買い取られて、2階建ての木組の建物は立派に復元された。
 階段粉挽場 Treppmuehle (14c) ホンブルクのヘンリー7世の意志により設置され、1409から下
   粉挽場とも言われ、1480に市が取得し穀物粉挽場とした。17c初にはミラーが所有
   1664にはカンペに売却され1964まで留まった。市壁の階段に至るため今の名前と、
   なり町で唯一の粉挽場として残されている。
 典型的都市在住農民の家 Typisch AckerbuergerHaus (19c) マルクト広場にある典型的
   な都市在住農民の木組の家であり、今でも町内に同様な構造の木組の家が
   多く見られる。この建物は2004に解体されて復元された。
 旧湯場 Ehem.Badeanstalt (18c) この2階建の木組の建物は、1759には既に存在してい
   た。1862この家を購入した人は染物を行った。数年後に入浴場として大きな木桶
   で市民を洗った。その後住家になり、近代化された木組の二階建てが再建された。
 マルクト1の家 Haus Markt1 (17c) この建物は町で3番目に古い2階建の木組の家で、30年戦
   争を生き抜き元の状態がほぼ保たてれいる。今は観光案内所と食堂である。
 パイネッケの家 Haus Peinecke (1602) マルクト4に建てられた3階建ての木組の家で、梁の装飾
   が美しい。30年戦争でも焼けず、町で最古の家と言われている。
19c半ばに
   パイネックが買収し、前面は町の古い民家の外観の良い所を集めて再構築した。
 ラッツケラー Ratzkeller (1621) 醸造所として建てられ、30年戦争で荒廃したが、1625に
   絵画を描かれて生き残った。町の中で2番目に古い家であり、1852町によって競
   が後に町の手に戻り、19c半ばまで市庁舎としても使われ、一時的には地方裁判所。
 ヴィルヘルム・ラッペの家 Wilhelm Raabe Haus (19c) 司法執行官グスタフ・テーベが家族と共に
   1841-45に住み、息子ウィルヘルク・テーベは作家となった。2008建物は改装された。

5.写真

                        
市庁舎ラッツケラー
バーゲン門塔ヘルスター山塔
東壁北東壁
北西壁カムペ農園
マルクトヂオニスキリアン教会北壁

戻る

戻る

フェルデン Verden NS37

1.歴史

  800 フェルデン教区の設立、        849 王ルードビッヒが教区を保護下に置いた、
  985 王オットー3世は市場・鋳造・関税の特権を授与、9-10c 城で大聖堂を守った、
 1028 木造教会の焼失、     1150-80 ロマネスクの大聖堂はバジリカデで構築された、
 1210 司教は町を守るために市壁を築いた、    1220 アラー川の橋と教会を築いた、
 1290-1490 国境紛争で壊された大聖堂は再構築、  1350 南市街に市壁が造られた、
 1271 南市壁は北市壁に接続した、   1406町は自由帝国都市であった、1648まで、
 1568 宗教改革の導入、      1618-48 30年戦争で各国軍が占領して町は疲弊、
 1648 ヴェストファリア条約でスエーデン王へ、     1651 南地区は特権を受けて独立した、
 1667 スエーデン王の命令で北と南は合併され、隔壁は不要となった。
 1780 町は4市門と中壁を分解し始め、    1800 町は市壁を越えて外へ拡張した、
 1933 二番目の橋として北橋が完成。

2.市壁  0.04km 0.01

   1210司教は北市街に市壁を築いた。1350新しい壁は南市街を囲こみ、1520西のアーラ
  川に固定された。この市街の間の分離壁は1667まで存在した。市壁が残っているのは、
  北のStadtwerkの中に40mのみである。

3.塔  0門1塔

 Schsrtrichter haus (16c) 木組みの家で、1831まで死刑執行人が住んだ。
   1210に建てられた市壁に立つ防御塔であった。

4.見所  C

   北と南に二つの町が有ったため、大聖堂をはじめ多くの教会がある。珍しい馬の
  博物館があり、馬の町として馬術大会が開かれる。木組みの家も見られる。
 旧市庁舎 Altes Rathaus (1730) バロックの市庁舎が建てられ、1903-05再構築と拡張が行わ
   れ、新しいバロックの塔が付けられた。
 大聖堂 Dom St.Maria und Caecilia (1290-1490) 初め木や石で作られ、中断もあって長期
   間を要し、1490には幾つかの建物は今の大聖堂に取って代わられた。塔は古いローマバジ
   リカ(1150-89)に属し、東部のゴシックは1323に建てられ西部は1473-90にレンガや砂岩
   で建てられた。1830内装の改修が行われた。
 聖ヨハネ教会 St.Johannis Kirche (1150) 北ドイツでも古い煉瓦造のロマネスクの建物で、1697バ
   ロックの帽子が付けられた。14c内部はゴシック化され、ゴシックの通路が追加された。部分的
   に中世のフレスコ画がみられる。1598バロック説教壇・1596キリスト磔刑図がある。
 聖アンドレー教会 St.Andres Kirche (1000) 元は司教の礼拝堂であったと思われる。初めは
   石造であったが、1220煉瓦造の後期ロマネスクの教会となった。1648スエーデン人の教会とな
   った。
 古い木組の家 Fachwerk haus (1577) 南Struktur通り7.にヴェーザールネッサンスの3階建ての木組
   の家があり、正面切妻には3段の装飾彫刻があり、草や蔦のロゼット飾りが付いている。
   公証人で牧師のエルダーが建て、後に女子修道院長も住んだ。
 ドイツ馬博物館 Deutsches Pferde Museun (1920) 馬砲の元兵舎に、馬の文化史全国中央博
   物館がある。乗馬と駆動装置、16cからの書籍や写真、乗馬学校、現代馬術の展示があ
   る。
 フェルデン歴史博物館 Historisches Museum Verden (1708) 聖堂参事会員の家に市歴史博物
   館が開設されている。古代からの地域と町の文化の発展について展示。
 マジック公園 Magic Park (1971) 魔法や妖精の物語をミニュチュアで表現している。2002の倒産後
   に再開され、コースター・ボート・列車・カヌー塔の遊戯施設もある。

5.写真

     
市庁舎 通り
教会 市壁

戻る

戻る

ヴォルフェンビュッテル Wolfenbuettel NS38

1.歴史

 1118 最初の文書言及、            1430ブラウンズウイック侯爵が永住、
 1542 シュマルカルデン連合軍による町の破壊、     1570 侯爵ジュリアスは川を拡大、
 1572 侯爵ジュリアスは侯爵図書館を設立、   1589 ドイツで最初の駐屯地設置、
 1626-43 30年戦争でデンマーク.帝国軍占領、 1643 侯爵アウグストは町に住み振興、
 1733 プロイセン皇太子と皇女クリスチィーノの婚礼、1747 磁器製作所の設立、後に移転、
 1757-61 7年戦争で仏軍が占領、 1806-13 ナポレオンの弟ヴェストファーレン王国の支配、
 1914-18 第1次大戦で降下、        1944 第2次大戦の爆撃で大被害。

2.市壁  0.05km 0.02

   15cにリューネブルク侯爵ヴォルフェンビュッテルが居住し高さ15mの市壁・土堤・堀の防御
  施設が築かれ、包囲に耐えた。16-17c要塞が強化され星形要塞も外側に付けら
  れた。18c防衛の有効性を失い市壁は取壊された。消防署の建設中にシュレンバーク
  要塞の市壁が高さ3m長さ50m発見され、今でも地下室に市壁が残され、予約制
  で見学できる。

3.塔  0門0塔

   見当たらない。

4.見所  B

   宮廷が1753ブラウンシュバイクに移されるまで3世紀の間侯爵の居住地であった。
  絵の様に美しい木骨組の家並みには、地区による社会性が示されている。
 市庁舎 Rathaus (1580) 1599までに建物を買収し侯爵ジュリアスは取り払って新市
   庁舎を建てようとしたが、実現できなかった。1602細長い市庁舎になり、
   古居酒屋がラッツケラーとなった。
 城館 Schloss (12c) 元々はハインリッヒ・ライオンが征服した城塞であったが改造・拡張
   を重ねてルネッサンスの白い塔のあるバロックの城塞となった。16-17cは学問・芸術
   の庇護者であった侯爵の下でこの城は集いの場となった。
 侯爵アウグスト図書館 Herzog August Bibliothek (1572) 侯爵ジュリアスによって侯爵
   図書館は設立された。1666公立図書館となり、親権図書・写本・文化書籍が
   集められ研究の場となった。学術書が集められ、今は85万冊ある。1883-87
   老朽化した建物はフレンチェの宮廷様式で建設された。
 レッシングの家 Lessihg Haus (1740) カール大帝が王宮の書記に与えた家でマンサール屋根
   の小館である。司書レーシングが1777-81亡くなるまで住んで演劇を書いた。博
   物館として、市民の当時の生活やレーシングの演劇の展示がある。
 主教会ベアタエ・マリア Haupt Kirche Beatae Mariae Virginis (1608) ゴシックルネッサンス・
   バロックの様式を合わせた建物が建てられている。非常に高い窓と交差リブ上の
   円天井のゴンクと渦巻模様はルネッサンスの要素で、バロック屋根の塔も在る。オルガンは
   豪華で、石棺には彫刻があり王室の棺は芸術的である。
 聖三位一体教会 St.Trinitis Kirche (1693) 古い邸宅の正面であった昔の門塔を
   前面に使ってドーム状の大広間のある教会が造られた。1705の火災で焼失し、
   1716-22古い前面の塔を保って再建された。
 聖ヨハネ教会 St.Johannis Kirche (1653-58) 職人のための教会として、小さな教会
   が造られ、その後1663と1960に献堂されている。1693の塔は安定性が無く
   大きな塔に取り換えられた。
 兵器庫 Zeughaus (1613) 力強いルネッサンスの建物で、渦巻型装飾とオリベスクが両側に付
   いている。切妻屋根には窪みがある。
 古い木組の家 Fachwerk Haeuser(17c) カンツライ通・ライヒス通・リールツ通の西側は高級官吏
   が住み、の中央入口の両側を固める出張りによって強調された堂々たる前面を
   持っており、迫り出し構造の2階以上は彫刻をされた持ち送りで支えられてい
   る。ランゲヘルツオーク通・ブラウアーギルデン通・ホルツマルクト・クラムブーデンには、身分の低い官吏
   や商人の家があり、装飾は豊かで、前面の幅が広く唯一の高い切妻壁を持って
   いる。その他より質素な家は、2階しかなく扇型で多彩色で綺麗に飾られている
   ことが多い。
 城博物館 MuseumSchloss ポーチの下の右の階段から入る大公の居間は贅沢な家具・
   調度・タペストrヒ・絵画・磁器・等が宮廷生活を想起する。

5.写真

市庁舎 城館
ランゲツオーク通 木組家
木組家 兵器庫
南壁

戻る

戻る

ヴュンストルフ Wunstorf NS39

1.歴史

 871 王ルードビッヒは修道院を保護した、  1010 落雷で大学教会破損・再建、
 1181 町として言及、            1235 ヴュンスドルフ侯爵の支配、
 1261 ミンデン司教から市の憲章を受けた、 1446 ヴュンスドルフ侯爵はヒルデスハイム、
    司教に城と町を売却し、   更にブラウンズウイック・リューネブルク公爵が買った、
 1624 テリー将軍は町を占領し焼払った、    1756-63 7年戦争中の再交渉、
 1788 ウエールズのドラゴン連隊が駐留、     1805 仏軍は町の1/4を占めた、
 1811 町の140戸以上が焼失した、     1816-74 ハノーハー陸軍砲兵隊駐留、
 1936 空軍基地の運用開始、        1945 連合軍が空軍基地を占領。

2.市壁  0km 

    土堤はあるが、市壁は見当たらない。

3.塔  0門0塔

    見当たらない。

4.見所  C

    旧市街地には、多くの古い市組の家が昔の儘に美しく残されている。
 市庁舎 Rathaus (1907) 旧市庁舎は、旧ラッツケラーの隣にあったが、1870に解体さ
   れた。1904町の東の外れに、ロマネスク2階建の新市庁舎が建てられた。ゲイブル
   とコーナータレットはゴシック様式である。
 旧ラッツケラー Ratskeller (1520) 中心の北側に今の切妻2階建の木組の建物が建てら
   れた。地下部分には、1501の年号があり切妻屋根2階建の最も古い木材は14
   cの物であった。1735代官が拡張した。1987補修され漆喰塗の建物になった。
   19cに長い側の大きな柱が追加され、安全性が増した。今でもラッツケラーの名前の
   食堂である。
 市教会聖バウトロメウ Stadt Kirche St.Bartheloaei (15c) 初め礼拝堂として建てられ
   塔は12cからの物で、正門は1700改修されシンプルなホール教会になった。中には
   15cの勝利のクロスグループ・16cの三明のマドンナ・1640-42の多角形の説教壇がある。
 旧修道院 Ehem.Kloster (1518) 1.2階建の木組の建物は、1985-87に傾いた屋根を
   元に戻して建て直された。今は市立図書館がある。
 参事会教会 Stift Kirche St.Cosmas und Damian (11c) 最古の教会で長方形の西
   塔と十字の平面の3aisiedの聖堂である。1853-59に改修された。
     大学教会 StiftKirche St.Cosmos und Damian () 大学教会の近くにまだ旧修道院
   の建物がある。
    牧師館18c)2階建の木組の家。  教区未亡人の家1584)木組板張の家。
    騎士団の家(1644) 2階建の木組の建物。 平屋の小屋16c)木組の小屋。
   ランゲ通 Lange Strasse かっては、生き残った木組の家が軒を連ねていた。今は
   地階が近代的に改装されて来ている。町で最古の16cの木造の家は消滅した。
    Lange Strasse 13.(16c) 切妻木組の家で地階は店舗となったが後部は元の街並
             が残っている。
    Lange Strasse 15.(1604)切妻木組の家で複数の片持支柱で地階店舗を改良
    Lange Strasse 17.(1534)切妻木組の家で町で最古の家。
    Lange Strasse 78.(19c)横向き板張りの家で縦柱が目立つ。
    Stift Strasse 2.(18c)木枠の建物で1525木材を使って建てられた。
 邸宅
   Adels Hof(1800) 高い屋根の単純な2階建木組の建物。
    LenthescherBurgmannnen Hof(16c) 板張りの建物は18cに拡張され、1911に
             改修され2009にホテルに改造された。
    Hollesches Haus (16c) 1569の火事の後に町で最古の世俗石造3階建住宅。
             1883-1907は市庁舎として使われた。

5.写真

  
市庁舎 市教会
メート通 ランゲ通

戻る

各町の歴史と見所

 表中の各町について、その町の歴史・市壁・塔・見所を説明します。

⑥ ザクセン州 S

戻る

アドルフ Adorf S1

1.歴史

 1260 一辺321mの正方形の耕作市民の町が建設され、今も残っている、
 1293 民事決済市場の町として初文書言及、 1543.1768 大火災で壊滅し復興、
 1632-34 30年戦争で大被害、     17-18c 交易の町で工芸と商業の進展、
 19c 織物・機械刺繍・淡水真珠の生産。

2.市壁  0.14km 0.11

   1477にエルンスト選帝侯とザクセン公アルブヒトの命を受けて、1542に市壁が造られた。
  町の北側に80+10+50mの市壁が残っている。

3.塔  1門0塔

   16cの市壁には3市門・4塔・5要塞があったが、1門のみ現存する。
 Freiberger tor 地階は石造のアーチ門と住宅があり、上に木組みの守衛の住居が乗
   っている。1955から市立博物館として、町の歴史と淡水真珠の資料
   を展示塔している。

4.見所  C

   小高い丘の上のこじんまりした町で、マルクトが広く立派な建物並んでいる。
 市庁舎 Rathaus (1895-96) ルネッサンス時計付2階建ての建物で、13cに231m2に拡大
   されたマルクトに面して立つ。1945切妻が損傷し、構造的に変更された。2007-09
   に大規模な改修が行われた。
 戦争記念碑 Krieger ehrenmal (1925) 市庁舎前の広場に1次大戦後に、大きな50t
   の彫刻された石に、銅製の骨壺が入っている。2011に戦争の場面や装飾的な風
   化した碑文が復元された。
 聖ミカエル教会 St.Michaelis Kirche (13c) 1543と1768に建直されている。火災で壊さ
   れ1905-06にアールヌーボーで建て直された。1990以降にルーテル派信徒が継続し、2005
   には新しい鐘楼と青銅の鐘が付けられた。
 聖ヨハネ教会 St.Joseph Kirche (1498) 墓地の南に四角形の旧礼拝堂の基礎の上に18
   58ゴシックのポータルで再建した。近年改修され主として新教の葬儀や会合のために
   使われている。
 アッカー農家 Acken Buerger Haus (18c) マルクトの近くに、18cの典型的な大きな門を持
   つ大きな農家がある。

5.写真

市庁舎 フライベルク門外側
フライベルク門内側 北西壁
聖ミカエル教会

戻る

戻る

 

アナベルク Annaberg-Buchhole S2

1.歴史

 1397 小さな町として初言及、     1740 銀鉱業の開始、
 1497 都市権と鋳造場所を保持、     1524-39 宗教改革の導入、
 17c 鉱業は衰退し30年戦争で数回破壊、 1730 大火災で町は焼失、
 1778 バイエルン継承戦争で墺軍の包囲、   1861 ザクセンの営業自由と繊維で好況、
 1945 2次大戦の空爆で町は破壊、

2.市壁 0.61km 0.24

  1503-40に 全長2.5km、5市門、19塔壁の市壁が築き、部分的に堀を設けた。
  鉱業の衰退による重要性の低下から市壁は荒廃し、17cには部分的に暫定修理が
  なされた。30年戦争では役立ち、19cまでは門も残され夜間閉鎖されていた。
   産業革命で町は市壁を越えて拡大し、1833-42門や壁は交通量の増大で壊され、
  幾つかの塔には人が住んだ。今1/4の市壁が残り、1990以降は丹念に復元された。

3.塔数 0

  見当たらない。

4.見所  C

   町並みは、18-19cの住宅や商店が多く、19c中から大規模な建物が加わった。
 市庁舎 Rathaus (15c) 初めは木造であったが1536に石造となった。その後1664.
   1731に火災に遭った。1751にバロックの簡素な建物で再建された。中に
   には、装飾豊かな山の長官の部屋がある。
 聖アンナ教会 St.Annen Kirche (1525) 後期ゴシックのハレン教会で、有名な山の祭壇の
   背面には鉱業の絵・石の絵入り聖書がある。1539まで豪華な装飾のカトリック教
 会であったが、そのままプロテスタントの教会になった。
 聖マリア山教会 BergKirche St.Marien (1502-11) ザクセン州にある唯一の鉱業教会
   であり、マルクトの北にある。中にはキリスト降誕の絵がある。
 山男の家 Wildermann Haus (1507) マルクトでも古い建物で、後期ゴシックの木製の天井
   の梁と地階のノレル星空ボールトがある。住宅の後に食堂・ホテルとして使われた。
 エルツハッマー宿屋 Erzhammer Gasthaus 昔の宿屋を18cに美術館とした。1948鉱夫クラブ
   も収容したが、1950からは町の文化の中心となった。
 町図書館 Stadt Bibliothek (1508) <鉱山会社の家としてゴシックのアーチと尖ったポータル
   のある建物が建てられた。何世紀にわたって「金の鵞鳥」旅館として使わ
   れ、1871町の図書館になり、1935更に資料が収納された。2003-04前面改修後は、
   4階建ての全てが図書館となった。

5.写真

市庁舎 マルクト広場
北壁 聖アナ教会

戻る

戻る

オイアーバッハ Auerbach S3

1.歴史

 1282 城主コンラッドと城の初言及、      14c 小さな町としてプラウエン知事の言及、
 1432 町はビール醸造権を得た、         1505 管理事務所が置かれた、
 1543 山の事務所が建てられた、              1524 宗教改革、
 1561 瀝青権を授与され瀝青の町と呼ばれた、    1632 30年戦争で大被害、
 17c 多くのギルドが結成され、織物工芸が栄えた、1757.1834 大火災で町は壊滅、
 1800 町は穀物交易の中心地、     19c 学校や大学が置かれ織物・家電生産、
 1945 4月米軍、7月赤軍が占領。

2.市壁  0m 0

    見当たらない。

3.塔  0門0塔

    見当たらない。

4.見所  D

    新旧マルクトと教会の3広場のある中都市で、宮殿塔44m・聖ラウレンティウス・聖十字架教
   会の3塔は、遠くからも取り巻く森の上に頭を出しており、「3塔の町」とも呼ば
   れている。町博物館には700年の歴史が展示されている。
 宮殿 schloss (13c) 高さ43.9m八角屋根の円塔が残る。その他の部分は1757の火災
   で焼失した。
 聖ラウエンチウス教会 St.Laurentius ()
 聖ニコライ教会 St.Nicolei Kirche (1553) 市壁の外に在った急勾配の屋根の中世の小さな
   礼拝堂である。1700病院も置かれた。1791荒廃し放棄、1792長方形7.5*18mの
   木製天井の新建物を建てた。1866大規模な復旧工事、1982復元工事が行われ、
   イベント会場として使われている。
 町博物館 Stadt Museum 町と城の歴史と文化や貿易・産業の発展を展示。
 モデル鉄道展示 Auerbacher Modellbahn Austellung モデル鉄道を展示。

5.写真

郷土博物館 城壁
聖ラウレンチウス教会
戻る

戻る

バウツェン Bautzen S4

1.歴史

 1002 Budusinとして初文書言及、  1018 ポーランドとのヴァウツェン和平条約締結、
 1158-1223 ボヘミア王が支配、    1240 都市権の授与、1250 自由都市となる、
 1346 6都市同盟で盗賊対策、      1429-31 フス戦争で包囲されたが守った、
 1525-30 宗教改革、          1618-48 30年戦争による破壊、
 1620.1634 大火災の被害、       1635 ニーダーサクセンに帰属、
 1707.1720 大火災に遭遇、       1813 ナポレオン軍を追撃、
 1945 2次大戦の砲撃で町は破壊。

2.市壁  3.70km 0.63

   15c初に内側市壁:城から北のSchueler塔、東Reichen塔、南Lauen塔を結ぶ
  約1.8kmの壁を築き、東南を除いて1.18kmが残る。
   15c末に外側市壁:Wallの付いた通りの緑地の内側に、北から東から南へ半円形
  に約2km築かれ、1859-91に高さを削られて1.51kmが各所に残る。

3.塔  4門12塔

 ラウエン門塔 Lauen Turm (0400-03) ボヘミアのライオン紋章に因んで命名された
   角塔である。用いられた石材は市議会の指示で城天守閣の物を転用した。1543
   犯罪者の刑務所となった。1720の火事で壊され、1739にバロックの天蓋で再構築さ
   れた。1827前門は取壊され、1913ザクセン王アルバートの騎馬像が置かれた。1958-59
   と1990-91に大規模な修復が行われた。
 漁夫の砦 Roehrscheidt Bastei (1469) 漁港を守るために築かれた。1639
   スエーデン軍によって壊され、1676円塔に円錐屋根で更新された。1867塔はレストラン所
   有者の庭に移された。
 漁夫の小門 Fischer Pforte (1500) 小門は漁港の入口で、要塞と市壁の間
   に入口を守るために守衛所が設けられた。漁港は1870に無くなった。
 僧要塞 Moenchs bastei (西) 内壁の7要塞の内の一つであり、フランシスコ会修道
   院の近くに立つ長方形の塔は、戦時は修道士によって守られた。1813病院となり、
   1868-71と1905に塔は改修され、今は住居と集会所となっている。
 水塔 Wasser Turm (1878) この給水塔は、修道院教会跡の西端に上部木枠で
   安価に造られた。1979給水施設は廃止された。
 工場塔 Muehl Turm (1500) Eselsbergに建てられ、1606ロバによる小麦粉や穀
   物を谷の粉挽き場から運ぶために再建された。坂道途中に2階建て花崗岩角塔にアーチ
   門が空いている。元の衛兵室はクラブ部室として使われている。
 工場要塞 Muehl Bastei (1468) 突出した円塔で、1684守備の砦として屋根を
   改修した。1830-40体育館として使われ、1847織物製造業者が取得して倉庫として
   使った。1945内部の木構造物が壊された。
 城水塔 Burg Wasser Turm (1400) 城に水を供給するために建てられた。1535
   給水は行われなくなり守備塔となった。1740-1900塔と中庭の間の建物は監獄とな
   った。1945戦争で屋根と内装が壊された。
 マテアス塔 Mathias Turm (1225) 初めマイセン司教は2階建ての塔を城の礼拝堂とし
   て建てた。1483-86新しい礼拝堂の入口に門塔が造られ、30年戦争で焼失し再建さ
   れた。正面にハンガリア王の砂岩の記念碑がつけられた。
 ニコライ塔Nicolei Turm (1532) 北東部市壁にツインガーの門塔として建てられた。
   初め木製であった上部は石の門塔と置き替えられた。1614落雷で燃え、1678再建さ
   れ1775今の円錐屋根となった。ニコライ門は町の出入口の元の姿を唯一保っている。
 火薬塔 Pulver Turm (1500) 1634の火事で壊れ、1674に新築された。塔の上
   部は1776に取り壊された。塔跡の半円形部分に、両世界大戦の追悼碑文がある。
 鞣し革要塞 Gerber Bastei (1503) 5階建の円塔は璧厚3.5mで、ツインガーの下
   鞣し革屋を守るために要塞として建てられた。30年戦争では1620と1634に壊され
   たが、1703に再建された。塔はペット病院として使われ、1913兵舎と体育館へ。
 生徒塔 Schueler Turm (1400) ツインガーと町の入口を守る角塔を建てた。北側
   に古い磔群像の砂岩レリーフがある。1515の修理の後に1634に30年戦争で上部工は焼失
   し、1673に4切妻で再構築された。1833落雷で壊れた後に屋根は今の姿になった。
 ベンデル塔 Wendlscher turm (1490-92) この門塔は、ラウエン塔と同時にヴェンデル
   門を守るために構築された。1566大きな木製頂冠は嵐で壊された。1663町の債務者
   拘置所が塔に設けれれた。1841塔の破壊計画は防止され、1842-44兵舎の拡張に包
   含された。1992塔の外観修復が行われた。
 境界塔 Reichen Turm (1490-92) 15c内側市壁を拡張する際に、塔の下部は成
   立した。1620.1635.1686.1709四回の火災・破壊の後に、1715-18バロック石造塔が造ら
   れた。1747塔の傾きが見付けられ、1953基礎の補強、1991-93包括的な復元。
 旧噴水塔 Altes Wasser Kunst (1558) 水道の技術的な博物館で、47mの高い
   展望塔とポンプの歴史的展示がある。

4.見所  A

   シュプレー川の湾曲点に、6cからスラブ系ソルビア人が伝統を守って住んでいる。町は
   中央マルクト・城・聖堂・入り組んだ路地・古い噴水の懐かしい風景が見られる。
 市庁舎 Rathaus (1213) マルクトの中央に、ボヘミア王オットカース1世の命令で建てられ
   た。1489-93塔が付けられ、1582上階を付け足し、石の回廊を付けられた。1634火
   災で壊され再建されたが、1704三切妻が崩壊した。1705バロックで再建され3階建て
   の塔には冠が付けられた。1728-32拡張と改修が行われて今に姿になり、北側に
   バロックの階段塔が付けられた。
 町公会堂 Stadt Haus (1333) 法律顧問の家または警察署として知られる家
   が建てられた。1514の火災の後再建され、ザクセン連邦政府の集会の場所、1625町の
   法律顧問の家、1799-1816小学校副校長の家、1880-84貯蓄銀行、1884-95改築され
   中央税務署となった。
 オーテン城 Orten burg (958) 600から存在した砦をハインリッヒ1世が国境の城として
   拡張した。1401.1441火事で壊れ、1483-84ハンガリー王マテアスは後期ゴシックで新築した。
   1621-39に30年戦争でひどく壊され、1698三つのルネッサンスの切妻が付けられた。1782
   新塔と倉庫、1869巡回裁判所が新築された。1971ソルブ語の博物館が置かれ、1945
   戦争で牢獄と倉庫が破損し、1979包括的な修復が行われた。
 バウツェン別荘 Bautzen LandHaus (1667-68) 1664大火災の焼跡に、上ラウジッツの
   ステンデが住宅を建て、それをBautzen LandHausと呼んだ。1910銀行家が所有したが
   1918軍の刑務所となり、1947労働局、1956市図書館となった。
 聖ペトリ大聖堂 Dom St.Petori (1213-21) 最初の教会1000が建っていた所に、
   聖ペトリ大聖堂教団により最初の大聖堂が建立され、1430に今の姿になった。1456-63
   第4の南身廊が建てられ、1492-97後期ゴシックのハレン教会となった。1634火災の後に復
   元され内部はバロックに改装され、1882-85.1950-53修復が行われた。
 僧教会跡 Moenches Kirche ruin (1240) フランシスコ会修道院あったが、1401焼失
   し再建された。1441屋根が壊れ、1598修道院と教会は焼失し、今は初期ゴシックのアーチ
   窓や玄関の遺跡が残る。1894その後建てた家屋も焼失し、1878給水塔を建てた。
 聖ミカエル教会 Kirche St.Michaelis (1429) 大天使ミカエルに捧げられ、1493拡張
   し塔を付け、1523円天井を再建した。1618-48殆ど無傷で過ぎ、1964-76大規模修復
   工事が行われ、15cの天井画が発見された。
 ニコライ教会跡 Nicolai Kirch ruin (1444) 1407に墓地とされた場所に、後期
   ゴシックの2廊の教会を建てた。1634に30年戦争で壊され、その後廃墟となった。
 聖母教会 Liebfrauen Kirche (1293) 塩市場に建てられ、1318-65墓地教会
   であった。1431フス戦争で壊され1443再建され、1620.1634.1686戦争や火災で壊さ
   れ、1690石造となった。1848教会は再建され、内部は改装された。1897.1936.
   1972-73修復が繰返された。
 ハルトマンの家 Hartmannsches Haus (1720-24) ザクセンバロックの大邸宅で、12煙突
   52室・365窓の宮殿のような4階建ての建物である。玄関にはこの世と神の2つの女
   神像がある。
 モンゼ出版所 Monsa Verlag Haus (1552) 最初の印刷所として4階建で建てら
   れた。1574最初のソルブ語の讃美歌を印刷した。
 旧兵舎 Alte Kaserne (1842-44) 建物は350人兵士が駐屯する兵舎で、ヴェンド
   塔と旧市街の市壁にある。1933税務署となった。
 市立博物館 Museum Bautzen (1869) 旧校舎に市博物館が開設された。1880
   民家に移り、1884新築の建物に移り、1910-12穀物市場に新築して再度移転した。

5.写真

市庁舎 オツテン城
ヴェンド塔 ライヘ塔
鞣し屋稜堡 マティウス塔
粉挽塔 粉挽門
ラウエン塔 外市壁
外市壁

戻る

 

戻る

ベルゲルン Belgern S5

1.歴史

  973 定住を初文書言及、              983 城を言及、
 1258 シトー会修道院を建設、            1286 町として言及、
 1309 マイセン辺境伯フリードリッヒはその場所をBuch修道院に移した、
 1570まで 町はマイセン辺境伯領だった、  1572 マイセン司教は町の憲章を確認、
 1610 木製のローラン像が建てられた、
 1 90 国民投票の末にトルブク公国ニーダーザクセンに。

2.市壁  0.06km 0.08

    中世の市壁で残っているのは、西Oschatzer門の右に10m、東KlosterHof
  に20m、南Kirschberg通りに30m。

3.塔  1門0塔

 オシャツアー門 Oschatzer Tor () 中世の4門の内1門が残っている。2階建の建物の
   端に小門が付いている。

4.見所  D

    旧市街は歴史的に保存され、ルネッサンス市庁舎・バートロメートロメ教会のある小
    さな町。エルベ川沿いのDoeher公園に世界のエキゾチックな木々があり珍しい。
 市庁舎 Rathaus (1575-78) ルネッサンス2階建ての長方形の建物で、マルクト広場に孤立し
   ている。その赤い色は、町の所有者であるマイセン司教の指示による。前面と
   背面の中央に、切妻壁がありマルクト側に時計塔がある。正面左端に、ザクセン
   自由州で唯一生き残った石造のローラント像が立つ。
 聖バートロメ教会 St.Bartholomaeus Kirche (1509-12) シトー派修道僧が建てた。内部
   は後期ゴシックと農民バロックで飾られ、4階建て角塔には4つの鐘ががある。
   1512-1658教会の年表がかかれ、1658碑銘は金文字、1660晩餐・磔・後架の
   絵がある祭壇、1844オルガンがある。
 修道院庁 Kloster Hof (1258) ライスニッツにあるシトー会修道士のブーフ修道院が経営上の
   修道院庁をこの町に設立した。この庁は当時全く特別な地位にあり、1309
   マイセン辺境伯フリードリッヒは全ての町を修道庁長に贈った。1370から修道院は
   裁判権の一部を獲得した。シトー会修道僧のブーフ修道院は、1512バーロレメ教会
   を組み込み、1486修道院学校をたて、1899更新した。いまは、保護記念物
   であり、新教教区事務局・地方事務所・住居を収容している。
 町博物館 Stadt Museum (2004) 19cの旧鍛冶工場に、古い鍛冶屋・エルベの魚・町の
   歴史・ローラントの歴史・工芸品を展示している。
 鋼渡し船 Gier Faehre (11c) 町に北側から入るためには、エルベ川の鋼ワイヤーとウイ
   ンチによる渡し船に乗らなければならない。堤防を越えて川に入り流水部を
   8.41*30.51mのフェリーに乗るのどかな風景に遭える。片道料金は小型車と運
   転手で3ユーロであった。

5.写真

市庁舎 オシャッツ門
南壁 修道院中庭
綱渡船

戻る

戻る

ビショッフスヴェーダ Bischofswerda S6

1.歴史

 1076 ヴェーダス司教が町に教会を設立、 1227 初文書言及マイセン司教が破門、
 1286 円型の市壁と堀の建設、   1361 町と呼ばれ、毎週市場を開催、
 1379 ギルドの組織、パン・肉・靴・毛皮・錠前・車・鍛冶・織・仕立・石工等、
 1406 都市権の授与、工芸・商業の発展、  1469 大火災・ペストの被害、
 1503 司教の要請で醸造所が設立され醸造組合に発展、 16c 疾病5回も流行、
 1618-48 30年戦争クロアチアとスエーデンが占領、 1756-63 7年戦争で略奪に遭う、
 1812 ナポレオン軍の通過、町は焼失、  1813 町は再構築され新古典で再建、
 1913.45 世界大戦で被害を被った。

2.市壁  0.23km 0.20

   1286最初の市壁、1288拡張更新された。南側の堀や水路に沿って石積が
  残る。南西に中高壁50m、南中に低壁40m、南東に高壁8mと中高壁50mある。

3.塔  0門1塔

  1288には4門が設けられたが、全て取り壊された。
 前衛 Fronfeste (1286) 4階建ての角塔は元々はドレスデン門に接続し
   ていたが、その後刑務所として使われ、町で最古の建物である。

4.見所  C

    司教の家には、球根状のドームの階段塔が中心にある。1813戦争の多く
   の銃弾の跡がマルクトの扉にある。新市庁舎は2007-09の改修でオリジナルの装飾
   が復元された。
 市庁舎 Rathaus (1227) マルクトの中央にゴシックで建てられ、今はマルクトのガラス
   張りの下に旧市庁舎の基礎が、掘出されて展示されている。
   1813の新市庁舎は古典的な様式で、広場の北西に建てられている。
 市図書館 BIbliothek (1816-18) 3階建ての司教の家は、新古典様式で中
   央の円形階段塔がポイントである。今は、町の図書館として書庫の他に
   文化観光資料・教育青年体育局・オールローゼガラリィがある。
 キリスト教会 Ev.Christus Kirche (1816-18) 旧市街の最高地点に立つ単塔
   白色新古典主義の教会で、各入口のモザイク画・説教壇の絵画・祭壇画
   など芸術性は高い。
 聖ベノ教会 St.Benno Kirche (1925) 旧市街の外、北西の公園に在るアールデコ
   の教会で、2008改修された。中には、古くからの祭壇・洗礼盤・告白
   所などが置かれている。

5.写真

市庁舎 旧マルクト
南壁

戻る

戻る

ボルナ Borna S7

   この町は、Coesfeldの市内にある。

1.歴史

 12c 水城に守られた小さな市場、    1251 文書言及、15c戦争で5回破壊、
 14c 4門のある市壁が築かれた、       1493 町はヤーネー族の土地を取得、
 11522 ペガウ修道院は教会・学校・牧師館を売却、   1668 大火災で町は焼失、
 1799 ローゼンベルクの褐炭採掘許可申請、1813 ナポレオン・皇帝ヨーゼフ・ヴィルヘルム2世滞在、
 1849 第3騎兵連隊が駐屯、      1876 ザクセン王はカービン銃連隊と名付けた、
 19c 玉ねぎの町から褐炭採掘で工業化、 1945 4月米軍、7月赤軍が占領。

2.市壁  0.01km 0.001

   ReichsTorの北に在る町博物館の前側10mは市壁である。

3.塔  1門0塔

   中世には4門あったが、今は1門が残り、塔は見当たらない。
 帝国門 Reichs tor (12c) 元の基礎の上に、1727バロック5階建ての角塔が再建され、
   火事の見張塔として使われた。北に隣接する塔見張り人の家は、1882に壊さ
   れた。その後塔は、自警団・住居・牢獄として使われた。

4.見所  D

   5階建ての門塔、2階建ての市庁舎、自衛教会堂のある小さな町である。
  駅通りの4階建ての民家の側面には、町の古い絵葉書の絵が描かれている。
 市庁舎 Rathaus (1439) 選帝侯ヴォルクファーによって建てられ、1648正面小切妻と時計
   塔付に3階建て長方形の建物で再建された。
 聖マリア教会 St.Marien Kirche (13c) 1170のクヴェドリン教会が、1522ペガウ教会から教
   会・学校・牧師館を買取った。1524旧市街のヨハネ教会が取り壊され、聖マリア教会
   が唯一の教会となった。最古の部分は、13cの地下部分と幅広い西塔である。
   1411後陣の建設を始め、1455身廊を構築、6祭壇の一つは15cからの物で、
   1511の年号のある彫像もある。1964改修が行われた。
 エムクス教会 Emmqus kirche (1258) ザクセンにおける最古の自衛教会堂であった。2007教
   会はHenersDorfからトレーラーでこの町に移された。長さ14.5m*幅8.8m高さ19.6mの
   大きさがある。
 町博物館 Stadt Kirche (1935) 設立当時は町の中にあったが、1994からReichsTor
   と隣の家に移され、1999復元されそこで常設展示が成立した。

5.写真

市庁舎 ライヒ門
市博物館

戻る

戻る

ケムニッツ Chemnitz S8

1.歴史

 1136 ベネディクト会聖マリア修道院の設立、    1142 王コンラッド3世は市場権を付与、
 12c末 赤塔と高塔の建設、           1264 聖ヤコブ教会と市壁の完成、
 1291 帝国都市として参事会憲法の制定、     1324 マイセン辺境伯の所有となる、
 1379.89.95 大火災に遭遇、        1412 辺境伯は町に市場権を与えた、
 1539 宗教改革の導入、        1613 ペスト流行、1631大火災で300戸焼失、
 1648 30年戦争で人口・家屋は半減、  戦争の負債額の返済には1698まで掛かった、
 1680 ペスト流行、1706-07 北方戦争でデンマーク軍が占領、1756-63 プロイセン軍の占領、
 1813 仏軍と墺・露軍が戦闘、              1945 空爆による被害。

2.市壁  0m 

   見当たらない。 旧市街の1次市壁は12-13cに建てられ、19c初に市壁と市門
  は取壊され、市堀は埋め立てられた。AmWallの名前がその位置を示す。

3.塔  0門1塔

 赤塔 Roter Turm (12c) 市壁の一部として6階建ての角塔が建てられ、16c赤色の屋
   根瓦となりこの名前となった。1960まで刑務所として使用され、1945空爆で焼失し
   1957-59復元され博物館となった。

4.見所  C

大きな工業都市で、再開発が進み、近代的な建物が立ち並び、中世の雰囲気は
  感じられない。
 旧市庁舎 Altes Rathaus (15c) 旧市庁舎は、1496-98木造建築で建てられ、何回か再建
   されたが、2次大戦で全焼した。戦後の再建は、1階増して14cの高い塔の正面を残
   して、ゴシックと17c様式の美しい前面を見せている。塔は1946に崩壊したが、1986
   バロックで復元された。
 新市庁舎 Neues Rathaus (1907-11) 高さ5mのローラント像と紋章が正面を飾っている。建物
   の内部は主としてアールヌーボーである。1978塔にカリオンを付けた。旧庁舎と調和した入
   口は、そこに在った古いラテン学校から来ている。
 劇場広場 Theater Platz 1909オペラハウス1992再建、1906-09キングアルバート博物館1885-88聖
   ペテロ教会、1928ホテル1994改修、等の大きな建物が囲んでいる。
 聖ヤコブ教会 St.Jacobi Kirche (14c) 現存する唯一の中世教会であり、後期ゴシック3廊の
   教会で、15cに内陣が付けれれ、1911前面は再設計された。1945身廊が内陣を残し
   て崩壊し、1997-2007に再建された。
 聖ヨハネ教会 St.Johan Kirche (13c) 初めの木造の教会は1566までに破壊され1866-78に
   現在の形になり、1912-13高塔が計画され、戦後23mの塔が建てられた。
 市美術館 Staedtische Kunsutosammlungen 19.20cのドイツ絵画と彫刻、ユーゲントシュティールや
   アールデコの織物・工芸・家具が見られる。

5.写真

市庁舎 赤塔
歌劇場

戻る

戻る

コルディッツ Colditz S9

 Leipzigの市内

1.歴史

 1046 コルデッツ教区の初言及、           12c 市場取引決済の台頭、
 1256 市民権の初言及、          1404 ヴィッテン家のマイセン辺境伯領となる、
 1430 フス軍の攻撃で城と町は焼かれた、     1504 大火災で町の殆どは焼失、
 16c 亜麻布の織工場の生産と貿易で繁栄、    1578-91 城はザクセンの狩の館に、
 1602-22 ザクセン王女ソフィアの治世下で最盛期、    1710 マイセン磁器製作所の設置、
 1800-29 城は救貧院となった。

2.市壁 0.20km 0.13

   12cの市壁は、下市場を囲んで高さ4.5mで町側に壁上通路を持ち、前に置かれた
  堀には水が満たされていた。中世の市壁の復元は、Am Grabenで2006-07に高さ4.2m
  延長30m行われた。市壁は敷地の垣根としても長年使われてきた。

3.塔  0門0塔

   市壁には6門と多くの塔が在ったが、残っていない。

4.見所  C

   中心部にルネッサンスの市庁舎・教会がある、川の右岸にある城の下の小さな町。
 市庁舎 Rathaus (1738) 3階建ての建物で、小破風と鐘楼があり、地階は星形アーチと綾
   格子で形造られている。
 コルディッツ城 Schloss Colditz (1083) 皇帝ヘンリー4世は、Wiprechtに地区を授け、城が構築
   された。1430フス軍に破壊され1484に再建された。1504の大火で焼け1506から再
   建を始め、1524上層階が築かれた。1578-91ザクセンの狩の館としてルネッサンスの建物を
   建てた。1697バロックの城を築いた。1753選帝侯裁判所となり、1787崩壊が始まり、
   絵画や写真は競売で処分された。1800救貧院となる。1829精神病院を併設。1913
   容所。1939軍将校収容所。1945病院・老人ホーム。1996博物館も一部使用。1997復
   元作業を開始。
    SchlossKirche:城の中庭に斑岩の扉のある教会が復元されている。
 聖ニコラス教会 St.Nikolaus Kirche (12c) 南西、1431古いロマネスクの建物で、町の墓地に在
   った。1571回廊・祭壇・説教壇が整備され、教区教会として使われた。
 聖エジデン教会 StadtKirche St.Egidien Kirche (1286) 初めの教会はフス戦争焼かれ、単
   塔の教会が再建された。1598王女ソフィアが祭壇を寄贈した。
 マルクトの家 Markt8:斑岩の円アーチ玄関、勤勉な蜂を象徴した要石のある民家。
     Markt13:1600 壮大なルネッサンス切妻のある民家。
    Markt21:1602 ヴィッテンベルクの法学者が所有した、元役所の建物。
 宮殿通り Schloss Gasse (16c) 絵の様に美しい16cからの木組みの家並があり、変形バ
   ルコニーの特異な外観のために、「偶像の神殿」「見せかけの家」「ウサギの家」等と
   地方で呼ばれている。
 コルディッツ博物館 Colditz Museum 町の長い歴史と文化、有名な人物の生涯と業積につい
   て展示。

5.写真

マルクト広場 市壁表示板
南西壁 南西壁

戻る

戻る

デリッツシュ Delitzsch S10

1.歴史

 1166 最初の文書の言及、       1291 町として挙げられた、
 1348 ペスト流行、           1399-96 市庁舎塔の建設、
 1410 市壁と壁塔による町の防御、   1539 宗教改革の導入、
 1644 スエーデンの占領と略奪、      1657 ザクセン・メルセブルク公国に、
 1661 大火災が発生、         1728-1810 ザクセン軍の駐屯地、
 1815 プロイセン領となり郡庁となる、   1945 4月米軍、7月赤軍が占領。

2.市壁  0.75km 0.45

  1410から赤レンガの市壁が、長さ1.5km高さ1.8mで町を囲った。30年戦争中に部分的
  に壊され、その後高さ3-4mで再建された。西側を除いて煉瓦の市壁は殆ど残り、北側
  の一部には木製壁上通路が付けられている。

3.塔  2門0塔

 ハレ塔 Hallescher Turm (1394) 西入口の高さ39mの角塔で、1686-98には夜警が
   詰めていた。中世から近世では刑の執行を待つ囚人の牢獄が地階に在った。
 広い塔 Breiter Turm (1396) 東入口の高さ46mの角塔は、市で2番目に高い建物で、
   1504-1890警備員の詰所があった。中には、展示品かあり、古い靴職人の店
   もある。

4.見所  C

   高い市壁と広い堀が旧市街を囲み、市庁舎・中世の教会・市長の家・騎士の家の
   ある古い町。
 市庁舎 Rathaus (1474-97) クラシカルな外観を持つ3階建ての建物で、ゴシックシック・ボールト
   はまだ内部に残っている。
 町管理者邸 Stadtschreiber Haus (1568) 町の管理者の居所で、入口はルネッサンス
   の栽冠ペディメントを持つ。
 浴場 Baederei (1386) 大型浴槽で入浴させていたが、病気のために1810に閉
   鎖された。
 市長の家 Buergermeister Haus (1583) ルネッサンス切妻付3階建の松ぼっくりが飾
   られた建物で、大きなポータルを持つ。
 騎士の家 Ritters haus (1558) ルネッサンス切妻付の3階建ての建物で、開口部に
   赤いアクセントが゙ある。
 聖ペーターとパウロ教会 St.Peter und Psul Kirche (1494) 煉瓦造の2尖塔と大身廊の
   教会で100年を掛けて建てられた。ゴシックの主祭壇は絵画が修復されている。
   内部の壁画は一見の価値がある。
 聖ヨハネ教会 st.Johann Kirche (1516) 市庁舎の向かいに建てられた病院の教会
   である。1391-92に建てられた病院に属していた。
 バロックの館 Barockeschloss Delitzsch 1689-96には、ザクセン・メルゼブルク公の未亡
   人が居住した。博物館として、城や町の歴史や文化的・政治的な収集品、未亡人の生
   涯と生活を展示。

5.写真

市庁舎 ブライト塔
ハレ塔 北南壁
北東壁 東北壁
東南壁 南西壁

戻る

戻る

ディッポルディスヴァルデ Dippoldiswalde S11

1.歴史

 1218 聖職者Johnの所有地として言及、    1326 市壁の小裏門アーチ要石に記述、
 1266 マイセン辺境伯ヘンリーは鉱山町に自治を、1300 伯フレデリックは銀鉱山の1/10を修道院へ、
 1358-62 マイセン辺境伯フレデリックは町の防備強化、 1429 フス軍と戦って負けた、
 1503 侯爵ゲオルクは城に住み他役所を置いた、  1540.1760.31815.1841 大火災、
 1569 鉱山122、製錬所、スタンプミル3、錫製錬所があった、 1634.43 スエーデン軍の略奪、
 1707 7年戦争の戦場となった、        1806-13 ナポレオン戦争で被害、
 1945 2次大戦でソ連軍の占領。

2.市壁  0.30km 0.33

  1358-63の市壁は、堀と2門1小門で守られた。市壁は主として西に残っている。

3.塔  1門0塔

   マルクト広場には、次の面白い3小門がある。
 シュルツ門 SchulzscheTor 市庁舎近くの右側に元市長シュルツの家があり、その正門は長い
   間守られ、2000市庁舎の近くの市道の小道に取り付けられた。アーチ門の上に三角
   の飾りが付いている。
 マルテッツ門 MaltitzscheTor マルティッツ家の門は、ルネッサンスの飾りのある左右の門柱が立ち、
   マルクト広場にある。
 飾り門 ZierTor des Rathaus(1543) 円アーチと壁のへこみがある。門の上にはマルティッ
   ツの紋章がある。
    14cの2門1小門は、何れも残されていない。
 上門塔 OberTor 1634以降評議会場となった。1845取壊時に牢獄の証拠を発見
 フライベルク小門 FreibergPforte PforteBurgに下る斜路にあった。
 下門 NiederTor 16cには、両切妻屋根の四角い主門塔と書記室・収税室があった。
   堀の上を通る木橋は石橋に代えられ、1814通行税の廃止で塔書記は解雇され、
   町は開かれた町となった。19c後半に取壊された。

4.見所  D

 町庁舎 Rathaus (15c) ルネッサンスの3階建の建物で、破風と鐘楼が付いている。
 宮殿 Schloss (1200) マイセン辺境伯は住居として突出部に城を築いた。1289-1300
   一次ボヘミア王ヴァーツラフに売却されたが取り戻した。1358-63辺境伯フレデリックは城・堀
   ・市壁・門塔で町の守りを固めた。1485侯爵アルブレヒトは城を修復した。16-17c今の
   宮殿はドレスデン宮殿に似せて造られた。今は、地方裁判所と東エルツ美術館である。
 聖マリア市教会 St.Marien Kirche (1218) 最初のロマネスクの教会は、1409フス戦争で壊
   され、1500ゴシックのホール教会で再建された。1634に30年戦争で崩壊し、1638簡素
   に再建され逐次充実された。1841抜本的に改修され1964-80内装も復元された。
 聖ニコライ教会 St.Nikolai Kirche (13c) 町の南の外れの墓地に在る、ロマネスク3廊
   のバジリカである。1882-83大規模な修復が行われた。
 鞣し革博物館 Lohgerber Musum (18c) 3階建の古い鞣し革工場を博物館として
   1975に復元した。皮革製造業界の資料と東エルツ山地の歴史的な発展、民族芸術・
   地域の歴史等を展示。

5.写真

マルクト広場 宮殿
西北壁 西壁

戻る

戻る

デェベルン Doebeln S12

1.歴史

 981 皇帝オットー2世は城と村を修道院に寄贈、        1286 町と呼ばれた、
 1307 辺境伯フリードリッヒは市場権を、          1333 町は大火災で焼失、
 1383 辺境伯ヴィルヘルム1世は入門税・車両税徴収、 1422 1.7Kmの2重市壁を建設、
 1423 選帝侯フレデリックは上級裁判所設置、        1439 ペスト流行で人口減、
 1481 町は交易の集荷権を得た、        1539 侯爵ヘンリィは宗教改革導入、
 1624-48 30年戦争で略奪・破壊・疫病、        1730 大火災で町は全焼、
 1756-63 7年戦争の戦場となった、        1829-33 市門・市壁・塔を廃止、
    1886 駐屯地となった、1888 兵所建設、    1945 2次大戦で米軍の占領。

2.市壁  0.07km 0.01

   14-15の二重市壁は、高さ10mの石積だったが、1829-33に殆どの部分が取り除け
  られた。

3.塔  0門0塔

   見当たらない。

4.見所  C

   ムルデン島に千年以上にわたって旧市街があり、中心の市庁舎と聖ニコライ教会の尖塔
  が町のシルエットを支配し、19-20cの大きな建物が多い。2007から馬車トラムが再建
  され、旧市街地を巡回した。2009には馬鉄道博物館会内に常設し、特別の日のみ
  馬が牽引する事になった。
 市庁舎 Rathaus (1409) 初めの町役場は1571に再建され、1740旧市庁舎が建てられ、18
   53-1901に管理席となる。3階建の建物には2つの湾曲切妻があり、6階建の市塔が立
   ち、登れる。1910-12に新築された市庁舎には、市立美術館と小ギャラリーがある。高さ
   3.7mの巨大ブーツは、靴制作600周年の1925に伝統的なザクセン職人の技で造られた。
 聖ニコライ教会 St.Nicolai Kirche (1333) 初めの教会は1293に奉献され、1479に3階建の
   ゴシック教会は5/8身廊、1515ザクセンで最大の後期ゴシックの主祭壇がある。
 聖ヤコビ市教会 St.Jakobi Kirche (1904) ネオロマネスクの地味な教会で、多角形凹合唱団の石造
   の建物。1904西塔の設置。
 聖ヨハネ教会 St.Johanis Kirche (1916) 新ロマネスクのホール教会。窓ガラスにザクセン選帝侯を描い
   た。1997オルガンを設置。
 鉄道馬車 Pfarde Bahn Museum (2009) 1892-1926に駅とマルクトとの間2.45kmを鉄道馬
   車が運行した。2007に550m区間の運行を再開した。2009ドイツ鉄道馬車博物館に
   鉄道馬車の歴史を説明し、鉄道馬車を展示した。
 高級住宅 Villa (1880) ヴィルヘルミアン様式の印象的な石膏の2階建の建物。2窓付の屋根部屋が
   ある。
 住宅・店舗 Wohn und Wirschaft haus (1898) レンガ造4階建の新しい建物、中央突起の構
   造美のある前面で石のレリーフがある。
 市水泳場 Stadt Bad (1934-36) オリンピックの年に開場した水泳場は、屋外・屋内のプールと
   サウナで構成され、2003.2013に改修された。
 簡易裁判所町庁舎 Amtsgericht (1900) 白いクリンカーの2つの建物。
 郡会事務所 Landratsamt(1897) 2階建レンガ造の長大な建物で、元Amtshaupt-Mannschaft
   であった。

5.写真

戻る

戻る

ドレスデン Dresden S13

1.歴史

 12c マイセン辺境伯はエルベを守って築城、        1206 町として初文書言及、
 1261 城の近くに商人入植地が形成、  1270 Wettin家チューリンゲン伯ハインリッヒ3世の居城、
 1429 フス軍が町を包囲、   1485 Witten侯爵マイスナーの息子アルベルトが相続し居住した、
 1491 町は大火災に遭ったがその後第1次全盛期、1547アルベルト家に移りザクセンの首都に、
 1620 30年戦争で破壊・疫病・飢餓で衰退、17-18c選帝侯はポーランド王を兼ねバロック都に、
 1756 7年戦争でプロイセン軍が占領、       1760 プロイセンの砲撃で中心部は壊滅、
 1815 プロイセンが領土の半分を取った、       19452次大戦の空爆で壊滅的被害。

2.市壁  0km 

   13cの一次市壁は、旧市街地を今の緑地で囲み、その後対岸の新市街を含めて、大
  きく市街地を拡大した。今は探したが見当たらない。

3.塔  0門0塔

   見当たらない。

4.見所  S

   灰燼に帰した町から、文化的な建物を瓦礫を積んで徐々に復元し、バロックの街
  はエルベ川沿いに蘇っている。
 ツインガー宮殿 Zwinger (1728) アウグスト強王が古いツインガーにオレンジ園を造る計画をたてたが、
   次第に拡大され今の姿になった。南北にグロッケンスピール・パビリオンと壁パビリオンの半円
   形の建物があり、西はツインガー展示室と冠塔、東にゼンパー展示室がある。中には、陶
   磁器コレクション・アルテマイスター絵画館・兵器庫・数学物理サロン・ニンフェバード等が有る。
    歌劇場 Semper Oper (1871-79) イタリアルネッサンス風の建物で、戦災後再建に40年を要した。劇
   場前の広場には、ザクセン王ヨハンの騎馬像がある。
 旧カトリック宮廷教会 Ehem.Katholische HofKirche (1736-55) 大きなマイセン司教区のバジリカ教
   会堂5000m2で、屋根の上には78体の聖人像がと高さ85mの塔が立ち、身廊は4つの礼
   拝堂に通じる周回廊で中央廊と側廊に分けられ、主祭壇には1750キリスト昇天の祭壇画
   がある。地下にはザクセン王の高価な石棺がある。
 王宮 Residenz Schloss (18c) 旧宮廷はルネッサンス様式で、緑の円天井には王家の財宝が並
   ぶ展示場がある。北東の中庭の武芸競技場StalHofの外壁にはマイセンタイルの長さ101mの
   君主の行列の壁画がある。東側の厩舎ヨハノイム入口には美しいルネッサンスの扉があり、中
   には交通博物館を収容している。
 旧武器庫 Ehem.Albottinum (16c) 1885新しいルネッサンスの美術館に改造され、があり、中
   があり、中2階にノイエマイスター絵画館があり、ロマン派・印象派の名品が並んでいる。
 ブリュールのテラス Bruelsche Terrasse かっての堡塁のあった場所にエルベ川をを見下ろす
   絶景のテラスがあり、川の舟運と対岸の新市街が見渡せる。
 市博物館 StadtMUseum Doresden (1770-76) ロココ的後期バロックの別荘に、市の歴史をた
   どる展示がある。
 聖母教会 Frauen Kirche (1726-38) 直径23.5mの大ドームの教会で、1945破壊され、放
   置された後に、1994-2005に復元された。
 十字架教会 Kreuz Kirche (13c) 前身はニコライ教会で、今の後期バロックに初期古典主義を
   加味した建物は1764-1814にたてられ、高さ54mの塔には256階段を上がる展望テラス
   があり、展望は良い。
 新市街 NeuStadt (18c) 対岸の新市街には多くの大建築物がある。ケストナー博物
   館 Erich Kaestner museum 作家の博物館。
  日本宮殿 Japanisches Palais (1715-37) アウグスト強王の磁器展示場として建たれ
     建物の形から名付けられた。
  ザクセン民芸博物館 Museum fur Saechsische VolksKunst ルネッサンスの建物に、ザクセンの
家具・玩具・錬鉄製品などが展示されている。

5.写真

市庁舎 マルクト
交通博物館 カトリック教会
レジデンツ ツインガー宮殿

戻る

戻る

アイレンブルク Eilenburg S14

1.歴史

  961 ドイツのとして初文書言及、  1089 ヴェッテン家マイセン辺境伯ヘンリー1世の領土、
 1362 最初の市議会開催、     1376-86 コルディッツの貴族は町の館を買った、
 1394-04 マイセン辺境伯ヴィルヘルム1世は城を再建、     1413.1535 町の大火災、
 1631-48 30年戦争とペストの大流行で町は衰退、       19c 産業の発展、
 1945 第2次大戦の米軍砲撃による破壊。7月赤軍が占領。

2.市壁  0m 0.00

    通りの名前で、市壁の位置は分かるが、市壁はは見当たらない。

3.塔  0門1塔

 ゾルベン塔 Sorben Turm(12c)丘の上に16mの塔が見張りのために建てられた。1865
   望楼として保存され、1997-98改修された。正方形の壁厚は1階で1.6mもあり、古い
   煉瓦で構築されている。

4.見所  D

    楕円形の旧市街は空爆で90%が破壊され、市庁舎と教会は復元されている。
 市庁舎 Rathaus (1403) 当時はまだ百貨店と呼ばれた町役場の建設が始まった。町役場は数
   回破壊され、1521新築の建物は1535に焼失し1544-45ルネッサンスで再建され、その後も改
   造が行われ階段は内側から外側に変わった。1945砲撃で破壊され、1949に再建された。
   1991-96近代化が図られ、2002の洪水後にも改修された。
 城山 Schlossberg (10c) 旧市街の西500mの丘の上に、ザクセンの発祥地として1089伯爵ヘンリー1
   世が領土国家を誕生させた。1997-98Sorben塔・2001城門と城壁改修された。
 聖マリア教会 St.Marien Kirche (1140) ロマネスクの教会は石造となり、1516-22後期ゴシックに転
   換され、絵画が多く残っている。1603オルガン・1625三つの鐘が付けられ、小さい方の祭壇
   はロマネスクのまま残された。1945の爆撃で破壊され1948に再建された。
 聖ニコラス教会 St.Nikolai Kirche (970-80) 町で最初の教会で最古の建物である。1404教会と
   墓地が再奉献され、1435.1535火災で損傷し、1413.1434.1573.1771.1858の洪水に見舞
   われた。1945の砲撃で損傷し、再建はまだ完全ではない。
 カソリック教会 Katholischen Kirche (1853) 1525の宗教改革でカトリックの司教は去り、1777カトリック
   の礼拝が始まり、その後聖ニコラス教会で開催され、1853自らの教会を建てた。
 町博物館 Stadt Museum (1900) 当初旅館で古代博物館が開かれ、スエーデン王の宿泊記録が知ら
   れていた。2003貯蓄銀行の建物に展示場を移し、町の歴史とオモチャの展示。

5.写真

市庁舎と聖ニコライ教会 ゾルベン塔

戻る

戻る

エルスターベルク Elsterberg S15

1.歴史

 1198 レイエ騎士団が来た初文書言及、1225 Lobdeburg領主は丘に城を麓に教会を建てた、
 13C 町は市場権を得た、       1354 都市権を得て正方形の市街を造り管理した、
 1492.1705.1840 大火災で焼かれ再建、  19c モスリン・綿織物を生産し通商、
 1882 最初の機械的な織物工場が開業、  1945 2次大戦4月米軍7月赤軍占領。

2.市壁  0.25km 0.28

   市壁は、通りの名前だけで残っていない。城跡に城壁140mと接続市壁110mが見られる。

3.塔  0門0塔

   見あたらない。

4.見所  D

   川から登った丘の上の城の下に旧市街地がる。城の他に見所は少ない。
 市庁舎 Rathaus (14c) 市場の確立と都市権授与に伴い市場の下側に建てたが、1840大火災
   で文書庫と共に焼失した。1843ネオゴシックの窓に特徴のある2階建ての小破風時計付の簡
   素な建物になった。今は貯蓄銀行が入っている。
 エルスター山 Elsterberg (1225) Lobdeburgの領主が来て、城を建てた。1354Vogtland戦争で占
   領され破壊された。1366城は再建され、円型城壁と空堀で守った。建物は宮殿・礼拝堂
   等が有り、二重壁の間のツインガーを長々と通らないと中庭に到達しない。1394Lobdeburg
   家が絶滅し、ビューナウ家が購入し、1636-1736裕福なボーゼ家が来た。1750に人が住まな
   くなった。1840町の大火災後に、城は町の再建資材として取り壊された。1909から修
   復が始まった。
 聖ローセンス教会 St.Laurentius Kirche (1225) 教会の建物は火災で何回も破壊され1840の大火
   の後に19mの高さの内部空間のある今の建物が建てられ、1848に2千本のパイプオルガンが
   付けられ、1987-95大規模改修が行われた。

5.写真

市庁舎 広場
城跡と城壁

戻る

戻る

 フラウエンスタイン Frauenstein S16

1.歴史

 1200 交易路と銀採掘の保護のため築城、  1329 マイセン辺境伯は城と領土をマイセン城伯へ、
 1416 マイセン城伯ハインリッヒは都市権を授与、  1438 城は辺境伯に6週間包囲され破壊された。
 1473 シェーンベルク家は町と城と役所を授けられた、     15c 新しい今の町が成立した、
 1585-88 新しい宮殿が建てられ、4門のある市壁で守られた、旧城は放棄された、
 1647 シェーンブルク家は30年戦争で借金を背負い込み、領土の資産をザクセン選帝侯に売った、
 1728.1869 町は大火災で焼けた、        1873 町は地方行政の中心から外れた。

2.市壁  0.05km 0.06

   16cの市壁は、町の南側に切れ切れに15m+15m+20mに残っている。

3.塔  0門0塔

   城の入口には、2つのアーチ3階建ての方形の建物がある。

4.見所  D

   広大なマルクト広場は、2階建ての建物がが囲み、中央には教会が際立っている。
 市庁舎> Rathaus マルクト広場の北側に、2階建て時計塔付の小さな建物がある。
 城と宮殿 Burg und Schloss 旧城は1200に創設され、13c住居塔と礼拝堂が建てられ、14c
   大きな円形の城壁で守られた。1585-88ルネッサンスの新宮殿が、城の下に建設され旧城は放棄
   された。東に開いたコの字型の3階建ての建物で塔が付いている。
    今は、Silbermann Museum があり、城の円天井のホールに、有名なオルガン製作者の生涯
   やゴットフリート・シルバーマンの仕事に関する展示がある。
 教会 Kirche マルクト広場の中央に立つ単塔の教会。

5.写真

市庁舎
教会 西壁

戻る

戻る

フライベルク Freiberg S17

1.歴史

1168 村に教会が置かれ、鉱物発見、1170 マイセン辺境伯のマナーハウスと石造教会建設、
 1180 マイセン辺境伯の城を構築、  1233 町や山の憲章を授与され鉱業で栄えた、
 1375.1386.1471.1484 四大火災で焼け再建、1542 高等鉱業事務所が置かれた、
 1632.1639.1642 30年戦争で疾病と貧困、1756-63 戦争の戦場となって
 1724.28 町は火事に襲われた、     1765 鉱山アカデェミーの設立、
 19c 5市門とかなりの市壁が取り壊された。

2.市壁  0.795km 0.36

  15cまで州でもっとも裕福な町で、防備施設に多くを支払った。19cに多くの市
  壁が取り壊され約1/3しか残っていない。

3.塔  0門6塔

 ドナット塔 Donats Turm 東、高さ35mの円塔。
 黄ライオン塔 Gelberloewe Turm 南、シラー通りに復元された4階建ての角塔。
 石灰塔 Kalk Turm 南、シラー通りに復元された3階建ての4角錐屋根の角塔。
 旧城塔 Alte Schloss Turum 城の北にある5階建ての角塔。
 宮殿塔 Schloss Turum 城の西南角の5階建て円塔。
 ペスト牧師塔 Pest Pfarrers Turm 北、マイセン・リンクにある角塔。

4.見所  B

   昔栄えた大きな町で、城も復元され、二つの広場に立派な建物が並び、多く
   の教会が復元されている。今は大学都市と呼ばれている。
 市庁舎 Rathaus (1410) 1484の大火の後に後期ゴシック3階建てで建てられ、
   5階建ての時計塔の地階には礼拝堂がある。マイセン磁器のチャイムががあり、11.15と
   16.15notaiga-の歌が鳴らされる。
 旧市場 Alt Markt (1210) 正方形の上広場の周囲には15c後半の後期ゴシック
   の歴史的な高い建物が立つ。標高で10m低い下広場も一見の価値がある。大聖堂・
   町と山博物館・高等学校等の建物が並んでいる。
 フロイデンスタイン城 Schloss Freudenstein (1175-80) マイセン辺境伯オットーは、町や
   銀鉱山を守るため城を築いた。16cから4翼の宮殿にに拡張された。2008-2010に
   大規模な改修を行い、鉱物の世界最大のコレクションと鉱業の歴史を展示した。
 聖マリア大聖堂 Dom ST.Marien (1180) 初めロマネスクの聖堂として建てられ、16c
   に後期ゴシックのホール教会となり、その後も改修が重ねられた。1230の後期ロマネスク砂
   岩のアーチの入口は、ゴールデンゲートと呼ばれ金色が残っている。16cチューリップの説教
   壇・1638バーブマン説教壇・シルバーマンのオルガン(大2574本)・6鐘の美しい旋律がある。
 聖ペテロ教会 St.Petri Kirche (1190) 初めロマネスクのバジリカが建てられ、
   16cから1905まで、町の警備員が72mの高塔に住んだ。今この塔には登ることが
   できる。2003-25鐘楼が再建され、1487の鐘が置かれた。1735内部の主要部分と
   オルガン・説教壇も更新された。毎週水曜日にはシルバーマンのオルガンが演奏される。
 ヤコブ教会 Jakobi Kirche (1160) 昔のセントジェームス教会は、村に最初に建て
   られ、1890-92新しい場所に新聖ジェームス教会がネオゴシックのホール教会として建てら
   れた。
 聖ニコライ教会 St.Nikolei Kirche (1185) 村で2番目に古いロマネスクの教会で、
   1200大幅な拡張が行われ、1484大火で破壊された。1630から再建され、1750
   ロマネスクの主塔を残しバロックに変換され、1753西塔が追加された。20c隣接した劇
   場の倉庫として使われ、1992-2002元のロマネスク双塔の前面に修復され、演奏や会
   議に使われている。
 町と山博物館 Stadt und Berg Museum (1861) 1484大火の後に建てられた
   Domherrenhofであり、後期ゴシックの切妻と階段塔のある3階建ての建物は1902
   世俗化で不要となり高等学校として使われ、1903博物館が創設された。鉱山の町
   の歴史と宗教芸術が展示されている。
 鉱山訪問 Besucher Bergwerk 銀の採掘跡で、地下150m延長20kmの坑道が見
   学できる。
 テッラ鉱物 Terra Mineralia (2008) 3500以上の鉱石・宝石・隕石・銀貨・銀細工
   等の世界最大級の展示が宮殿で行われている。

5.写真

市庁舎・上マルクト フロイデンシュタイン宮殿
旧宮殿塔 北壁
西壁 南壁と石灰塔

戻る

戻る

フライブルク Freiburg S18

1.歴史

 1090 新城ノイエンブルクの建設、       1203 町として初言及、
 1260 市民憲章の文書化、市壁を備える、  1293 ナッサウ王アドルフによる侵略、
 1347 鋳造場所となった、         14c中 市壁の建設を開始、
 1441 最初の自治法令、          1539 宗教改革の勅令、
 1551.1608.78.82.93.94.1740.1851 大火災、1632 30年戦争でスエーデン軍略奪、
 1681 疾病の大流行、           1806.13 仏軍の侵攻、
 1815 プロイセン領となる、           1866 コレラ流行。

2.市壁  1.04km 0.80 

   約1.2kmの市壁で85haの旧市街を囲んでいる。教会のある南東で膨らんで
   いる以外は、四角形の市壁はほぼ残っている。

3.塔  1門7塔

   北のOberTor、南東のKirchTorは、外側の要塞に加えて二重門の角塔であ
   ったが何れも残っていない。12の円塔が壁から突出していたが、塔頂飾りが
   残っている物がある。幾つかの抜け穴があり、木製の蓋で閉鎖されている。
 町角塔 Eckstaedt Tor 南西、単独角塔門でそのまま残っている。

4.見所  C

   ワインの町と呼ばれ、スパーリングワインの生産で有名である。旧市街の殆どの石造
   の家は、1551の火災の後に18cまでに建てられたものである。
 市庁舎 Rathaus (1425) 現在の外観は1551と1682の火事の後の建物の
   補修されたもので、建物の多くの部分は今も残っている。アーチ状のセラーは中世
   からの物である。
 新城 Neuenburg (1090) 旧市街南東の山上に、城壁に囲まれた石造の城
   が残されている。中には王子の広間・家庭用具・地下のワイン博物館・ロマネスク礼拝堂
   がある。1896のワインの大樽は12万m3の大きさで、その他ワイン器具もある。
 聖マリア教区教会 St.Marien PfarrKirche (1220-30) ロマネスクの市教会で、
   姿や装飾は、ナウブルク大聖堂の妹呼ばれるように似ている。正面玄関の上の像
   と祭壇は有名である。
 フリードリッヒ・ルードリッヒ・ヤーン博物館 Museum (1894) フリードリッヒ・ルードリッヒ・ヤーン
   (1778-1854)は国民運動による体操の創始者で、ナポレオン占領の反対闘争とし
   て体力増強を図った。博物館には体育館と展示がある。

5.写真

市庁舎 シャンパン醸造所
北東隅壁 北聖壁
南壁 北東壁

戻る

戻る

ガイタイン Geitain S19

1.歴史

 1186 メアリー教会の贈物簿で初言及、 1209 ランツベルクのコンラート2世は市場・市壁設置、
 1335 憲法評議会を開催、   1349 ライプティッヒの下で裁判所・火薬塔・市壁を設置、
 1292 地方の下級裁判所を取得、   1467 地方の上級裁判所を取得、
 1499 各ギルドは特権を使って結成、 1553 選帝侯モリッツは町に醸造権を与えた、
 1618-48 30年戦争で17回略奪、   1861 ザクセンは貿易が自由で産業が興る、
 1945 第2次大戦の爆撃で被害。

2.市壁  0.90km 0.55

   最初はニコライ教会に壁に、町は囲まれていた。1209市場を囲む拡張市壁が築か
   れた。市壁の西部は、守衛詰所から南壁は湿地や池に伸びていた。
   今は、北と西南の市壁が残されている。

3.塔  1門1塔

   町には4門を備え、常に守衛に守られ夜間には閉鎖されていた。19cに市門も
   市壁も取壊が行われた。
 上門 Ober Tor(13c)1840に上門も取り壊されたが、2階建ての門塔のみは
   みは残された。
 火薬塔 PulverThrm (1186) 町を守る市壁の一部で、1682ザクセン選帝侯は常備
   軍を町に置いた。駐屯の建物は火薬塔の隣にあり、砲弾や粉末は塔に格納さ
れた。1950歴史資料を収容し、1986文化遺産博物館となった。

4.見所  C

    東西に長い町で、市壁が残り中央の広いマルクトに市庁舎が立つ。
 旧市庁舎 Rathaus (15c) 市庁舎には15c基礎が残り、1538建設時のボールトが見ら
   れる。1994町は旧市庁舎の購入を決定した。
 聖ニコライ教会 St.Nikolai Kirche (12c) 42mの高塔のあるロマネスクの教会で、二つの
   塔の間の西側に美しい門がある。1564ゴシックの内装が始まったが、途中の
   1595に格間天井となった。教会の隣に新しい牧師館としてKaland Stubeが
   あり、1990に改修された。
 聖マリア教会 St.Marien Kirche (13c) 病院の礼拝堂に塔が付けられ、15c3身廊
   後期ゴシック石造教会となった。1648落雷で火災となり3つの鐘が溶け、直ぐ
   に付けたが1752塔は焼失し、1753再度付けたが、戦争で供出された。
 郷土博物館 Heimat Museum 町の歴史を展示し、1995美術館を併設した。
   1997庭のコテッジとテラスを設けた。子供のための中世・妖精・古いゲーム等の説明。
 古い税務署 Alten Zollhaus (12c) 西側の入口に在り、ほぼ完全に保存された
   市壁に囲まれている。

5.写真

市庁舎 火薬塔
市門 北東壁

戻る

戻る

ゲルリッツ Goerlitz S20

1.歴史

 1071 マイセン司教ヘンリー4世の文書に村言及、1076 上ラウジッツ全体がザクセン領に、
 1220 ゲルリッツは町となった、     1268 上市場の町を拡大し600年保った、
 1303 都市権を授与された、      1329 貨幣と塩山の管理権を確立、
 1346 上ラウジッツ6都市同盟が成立、   1635 プラハ和平で町はザクセン州となった、
 1815 シレジアの一部としてプロイセン領へ、 1816 最初の織物工場の建設、
 1900 旧市街と鉄道駅との間に新住宅地、1945 町は無傷で占領され国境に。

2.市壁  0.64km 0.27

  1220木柵と城があった。1250市街が拡大し石の壁が築かれ、堀・二重壁・壁塔・
  門塔が整備された。郊外とは別の周壁があった。1700には外壁に8と内壁に12の
  壁塔が在った。19cから要塞は取り壊され、今では東側に残る。市壁は、東北部
  ニコライ塔から旧市街橋に430m、東南部旧市街橋から雄牛要塞に210m残る。

3.塔  2門5塔

 国境川塔 ReichenBacher Turm (1376) 西の門を守るための7階建51mの塔は1485
   に上部工を強化し、1782ゴシックの尖塔はバロック銅蓋となった。1869歩行者通路を
   追加。1935補修され1946から塔へ登れる。大きなロータリィは、昔の二重壁と前門
   の跡である。
 暗い門 Finster Tor (14c) 東の川に下る坂道の途中に残されたアーチの上に建物
   のある門であり、落とし格子で通行は止められた。1455には死刑執行への門
   と呼ばれた。
 皇帝要塞 Kaiser Trutz (1490) 西側を守るための新しい円形の大要塞で、30年
   戦争で有効に使われた。1848-50プロイセン軍の駐屯地を守るためアーチと塔が追加
   された。1922以降は市立博物館として使われ、2008-2011に改修された。
 太った塔 Dicker Turm (1305) 南西の門塔で女性塔とも呼ばれた。外見は少し
   づつ変更され、16cには今の塔頂となった。下部の厚さは5.4mもあり、石の
   レリーフは1477外壁のものである。1852に解体され今の場所に移され、1433の
   皇帝の紋章が飾られている。1854の前門が壊され塔のみが残った。
 ニコライ塔 Nikolai Turm (1348) 北の門を守るため、1717大火災の後に尖塔やドーム
   とランタンに置き換えられた。1848門が壊され塔が残った、1903に2階に住居が
   あった。1969展示会や展望塔として管理されている。
 ニコライ・ツヴィンガー Nikolai Zwinger (14c) ニコライ塔から東に登る二重壁の間に小門と
   ニコライ小屋がある。坂を登ると隣接するHotherBasteiがある。これは北東角
   の要塞で現存しており、大規模な大砲の砲眼がある。1990年代にこれらの
   構造は修正された形で復活した。
 雄牛要塞 Ochsen Bastei (14c) 東南の緑地に二重壁と3階建て円壁塔が残る。1834
   の門は壊されたが、1963再構築され、1999-2000に改装された。

4.見所  B

   ポーランド国境であるナイセ川の左岸に、13cに建設された町であり、下マryクトと上
   マルクトの周囲には修復されたゴシック・ルネッサンス・バロック・アールヌーボーの建物が並んでいる。
 市庁舎 Rathaus (1369) 今の外観は、何度かの再建の結果である。1537-38上の
   3/4が変えられた。ハンガリーとボヘミヤ王の紋章が飾れれている。1524時計塔に
   ダイヤルが付けられ、1584に12時間表示に変えられた。内部はルネッサンスで、1903
   拡張は完成された。
 代官屋敷 Vogtshof (13c) 北東、初めは領主の城であったが、13cから代官の屋敷と
   なった。1826-30プロイセン州の駐屯地と刑務所を置くために増築拡張された。
   1945雑多な目的で使われ、1975学生寮・宿舎・評議会公文書保管所となっている。
 聖ミコライ教会 St.Nicolei Kirche (1372) 北、1452後期ゴシックの教会で1515南ポータル
   には聖ニコラスと聖キャサリンの彫像がある。1925表現主義の様式で1次大戦の戦死者
   の記念碑がある。
 聖母教会 Frauen Kirche (1449) 南、1473ゴシックのホール教会となり、聖体拝領され
   た。内装は1869-70ネオゴシックで再建され、1840近くの墓地は整理された。
 聖十字教会 Kreuz Kirche (1850-53) 南、ローマカトリックの教会がネオビザンチン様式で建て
   られた。
 教区教会 PfarrKirche St.Peter und paul (11c) 東、ナイセ川沿いの丘に立つ長さ
   72mの銅屋根でその富を示す。初期の城に建てられた最古のきょうかいで、13c
   教区教会になり、1372守護聖人ペトロとパウロの小塔で飾られ、巨大な5廊のホール教
   会になった。1423外装もゴシックとなった。1691火災で西正面を残して焼失し、
   1696再建された。1891ネオゴシックの尖塔が付けられた。
 トリニティ教会 Drei Faltigkeits Kirche (1234) フランシスコ会の修道院の元教会で、修道
   院の壁は市壁に組み込まれた。1371-81ロマネスクの後陣は八角形のゴシックに置き換
   えられた。15c布貿易の富からの寄付で、美術史上に輝く彫刻群が置かれている。
   世俗化で一時荒廃したが、三位一体の聖体拝領でルネッサンスに改装され、1715
   バロックの祭壇が置かれた。
 聖書の家 Biblisches haus (1570) 1570家は再建され、聖書からの場面の彫刻装飾
   が前面に付けられ、聖書の家と言われた。
 ライフル隊兵舎 Jaeger Kasern (1857) 丘陵地に1854-588ライフル大隊兵舎として石と煉瓦
   の巨大な外塀の中に、100mの長い建物、不規則な石積と正方形の塔で兵舎の
   防備力を高めた。1945まで兵舎として使われ、その後ソ連収容所、住宅として
   使われ、1990からは事務所として改修され、市の技術部門が収容されている。
 アールヌーボー百貨店 Jugendstil Kaufhaus (1912-13) アールヌーボーの百貨店は、戦争を生
   き延び1985から修復が行われている。
 ランズクロン醸造所 Landskron Brauerei (1869) ナイセ川に沿った煉瓦壁の中に設立され、
   今もピルナーと黒ビールを醸造している。1872ホールが建てられ中庭を含め3千人を収
   容できて、多くのイベントが行われている。見学・試飲ツアーが行われている。
 評議会薬局 Rats Apotheke (1558) ルネッサンス切妻の豪華な家として建て替えられた
   薬局である。
 美しい館 Schoen Hof (1526) 1525大火の後に、以前の家を含めたルネッサンスの複合建
   築物で美しい。1617改修され、1991改修変換が行われ、2006シレジア博物館となり
   2千m2の大展示場を有する。
 計量所 Waage (1600) 角地に立つ4階建ての計量所は、貿易品や商品の通関のため
   に使われた。1823まで関税事務所として使われ、1830貿易協会が設立され、こ
   こに入居した。
 死刑執行人の家 Schsrtrichter Haus (15c) 東、暗い門の近くにあるフランコニア様ため
   ため木組の家は、町の外に住まねばならない死刑執行人の家として1571から使わ
   れ、地上階は近年大規模な改修が行われた。
 青い家と賃貸家 Waidhaus und RentHaus (14c) 聖ペテロ教会の南東側に、破風付4階
   建ての醸造所が建てられた。その後学校・市長や審査員の住居となり、1529町
   の商品倉庫となる。1529最初の印刷機が置かれ、1728王宮の穀物倉庫となった。

5.写真

市庁舎 ニコライ塔
太い塔
北壁・Vogtshof 東北壁・聖ペーター・パウル教会
雄牛塔 東南壁・雄牛稜堡

戻る

戻る

グリマ Grima S21

1.歴史

  1170 辺境伯オットーが村を作った、    1344 民兵の初言及、
 14c 町は最初の永久橋を築き、自治が行われ、好景気であった、
 1440 地方の会議、
 2002 世紀の大洪水で多くの家屋が破壊され、再建された。。 

2.市壁  0.49km 0.21

   旧市街を囲んでいた市壁は、南東400mと西北90mに残っている。市壁の
  上に民家のベランダが乗っている。

3.塔  0門0塔

   見当たらない。

4.見所  C

   ムルデウ川の西側に半円形の旧市街があり、美しい木組み家や大くの時代の
   壮麗な建物が見られる。宮殿の地下通路は珍しい。
 市庁舎 Rathaus 大きな切妻のある2階建の美しいルネッサンス建物である。中には、
   市長の秘密のの通路や秘密の拷問部屋がある。
 旧アウグスティン修道院 Ehem.Augustinians Kloster (1550) 豪壮な3階建ての建物
   である。アウグスティノ修道会修道院には、修道院教会・高等学校・地域博物館
   がある。
 聖母教会 Frauen Kirche (12c) 双塔の教会は、火災・戦争・洪水を生延びた。
 グリマ宮殿 Grimmaer Schloss (2009) 町の最古の建物であったが、1009-11
   に再建された。

5.写真

旧市庁舎 マルクト広場
聖母教会 東壁
東壁 東壁

戻る

戻る

グロイツシュ Groitzsch S22

1.歴史

 1039 Pegau文書に城と市場を初言及、           1073 城の要塞化、
 1214 辺境伯ディートリッヒは都市権を与え市場を拡大、     1294-96 城の破壊、
 1513 火災後ザクセンのフレディリックは城を構築、   1647 ザクセン選帝侯は町を売却、
 1830 町で自治統治した、              1834 町と郊外の統合。

2.市壁  0

   見当たらない。

3.塔  0門0塔

 市塔博物館 Stadt Turm Museum (1170) 元Aegydius教会の塔が1513の火災で残り、
   市塔となった。他の二つの建物と共に市の博物館になっている。
 給水塔 Wasser Turm (1903-04) 高さ45mの鉄骨の塔の上に4角の水槽が乗っってい
   て、まだ使かわれている。

4.見所  C

   町は復元されたマルクトに市庁舎と市塔博物館が立ち、北に旧市教会と市水車がある。
  旧市街の建物は、木組みの家も残るが、多くは新しく建替わっている。
 市庁舎 Rathaus (1890) ルネッサンス2階建時計角塔付の建物。
 ヴィップレッヒツ城 Wiprechts Burg (11c) 1073-74ヴィップレッヒツ侯爵が建てた城でであるが、
   1294-96軍の通過により破壊され、遺跡が残るだけ。
 市水車 Stadt Muehle (12c) 今の建物は1083に建てられ、1930火災後に再建された。
   1985粉挽き工場は閉鎖され、1999市は改修して水車を再開した。
 聖母教会 Frauen Kirche (12c) ロマネスクの市教会で、1883-84に再建されその後数回改装
   され、1994外部改装2005-07屋根改修と全体装飾の修復された。

5.写真

旧市庁舎(市博物館) 市塔
白馬

戻る

戻る

グロッセンハイン Grossenhain S23

1.歴史

 1205 入植が行われ初文書言及、         1291 町は市壁で守られた。
 1292 ブランデンブルク辺境伯の包囲を守った、 1312-16 ブランデンブルク領となった、
 1443 町は商人の荷物の集積権を得た、  15-16c 貿易の中心地として栄えた、
 1704 町は北方戦争で破壊された、       1744 最大の火事で町は焼失、
 1875 歩兵大隊の兵舎が建てられた、        1913 訓練飛行場の建設。

2.市壁  0.82km 0.52

   13cに築かれた市壁は、切れ切れに半分残っている。

3.塔  0門1塔

 火薬塔 Pulver Turm 北東の内側市壁上に長方形の塔がある。

4.見所  C

   布の生産と交易の町として栄え、後期バロックの聖メアリ教会・ネオルネッサンスの市庁舎
  と文化宮殿・バロックの宮殿庭園・最古のドイツ国立図書館がある。
 市庁舎 Rathaus (1492) 市庁舎は、大マルクトの南に立ち、地下食堂・肉屋・パン屋・
   塩室があった。1492火災で壊れ、1526-40に3破風・頂上塔付3階建ての建
   物になり、1744再度火災に遭い、再建された建物には地下に評議会室・
   地階に肉屋.パン屋.会議室・2階に広間.裁判官室.金融部門・最上階に靴屋
   を収容した。1872また火災で焼け、全ての文書.証書.歴史的書類は失わ
   れた。1875-76中央7階建中央塔付ルネッサンス3階建51.6*30mで再建された。
   1992-2010改装されて今は市の行政と貯蓄銀行として使われている。
 聖マリア教会 St.Marien Kirche (1744-48) 後期バロックの教会で、内部はクローバー
   の葉の形状がある。
 カール・プロイスカー図書館 Karl-Preusker buecherei (1828) 最初のドイツ国立図書館
   である。1949古い後期ゴシックの修道院跡に移転し、2004-05改修・近代化
   され、中庭は修道院の庭がそのまま使われた。
 文化宮殿 Kultur Schloss (13c) 演劇・演奏・舞踏会・会議・展示会に使わわれる。
   高さ27mの展望塔からは市内が見渡せる。
 市博物館 Stadt Museum (14c) 1342にはラテン語学校は存在し、1586火災で壊
   され、1744に再建された。1840までは男子文法学校があった。19c一時は病
   院や保育所となり、1907博物館が設立された。都市の発展・貿易商業産業の
   経緯・駐屯地の経過について展示している。

5.写真

市庁舎 聖マリエン教会
文化宮殿 北東壁
西壁 北壁

戻る

戻る

カメンツ Kamenz S24

1.歴史

1190 ベルンハルトはカーメンツに施設を置いた、 1215 ベルンハルト2世は町を新設拡張、
1225 町として初文書言及、       1421-34 フスは上ナイセへ来襲し荒した、
 1547 上ナイセの6町は特権を失い罰金を科された、1618-48 30年戦争で町は荒廃、
 1620 ザクセン選帝侯ゲオルグ1世の支配下に、 1635 プラハ和平後にザクセン自由州へ、
 1679-80 ペスト大流行、  1707.1842 大火災  1835 町の防御施設の取り壊し、
 1875 地区管理事務所の設置、       1900 陶土産業と機械工場の発展、
 1945 第2次大戦は無傷で降伏。

2.市壁  0.13km 0.10

  13cの市壁は、1835から取り壊された。今残っている壁は、元修道院を囲ん
  で1512-1712に造られた。

3.塔  0門3塔

  3市門・自衛教会塔など、多くの塔があったが、今は3塔。
 赤塔 Roter Turm (13c) 都市防衛の市門が1845までは在り、最近角塔が
   復元された。中世には監獄として使われた。
 ピッチ納屋 Pichschuppen (1600) 2階建て円形のずんぐりした要塞の塔で
   ピッチ納屋の名前は1827まで用いられた町の醸造所はビール樽にピッチを
   塗って活用した為付けられた。
 修道院門 Kloster Tor (1518) フランシスコ会修道士が町への通路をこの場所
   に設けた。バロックのバルコニィは1770付けられた。

4.見所  B

  旧市街には古典主義の建物が多く立ち並び、詩人レッシングの生まれた町である。
 市庁舎 Rathaus (13c) 昔の建物は全焼し、1847-48イタリアルネッサンス3階建て鐘楼付
   の市庁舎が建てられた。
 聖マリア中央教会 HauptKirche St.Marien (1275-1479) 後期ゴシックの4廊ホール教会で、
   高さ63mの単塔にバロックの屋根がある。中には、1475勝利の十字架・1500女性
   の祭壇・14c洗礼盤・1564説教壇・1498北通路の真鍮シャンデリア・1648マイケルの祭壇。
 公教要理教会 Katechismus Kirche (1358) 3主広間のある要塞教会として建て
   られ、1724公教要理の奉献があった。中には、貴重な民族芸術がある。
 聖イエースト教会 St.Just Kirche (13c) 最初は巡礼教会として建てられ、巡礼の
   聖別の後にヤドックスと呼ばれた。中には、1400壁画・1500両開きの祭壇・
   1520使徒祭壇がある。
 聖アンネ教会 KlosterKirche St.Annen (1493-99) フランシスコ会修道院と教会の定礎式
   は同時に行われた。三角切妻の教会には、1525アンナ祭壇・1513マリア祭壇と救
   世主祭壇がある。
 牢獄付陶器市場 Topfmarkt mit Foonfest (1850) 1842の火事までは、町の衛兵
   の本部であった。1850監獄の建物が建てられ、1853屋内陶器市場が建った。
 黄金の鹿 Golden Hirsch (1550) 町で最も古い宿屋であり、1621ザクセン選帝侯
   ゲオルク1世が泊まった。1729詩人レッシングの洗礼の際の祝賀会が行われた。
   1842の大火を免れた。
 ポニッカウの家 Ponickau Haus (18c) 貴族ポニッカウの家族が住み、1745ヨハン・カジマーが
   住み、次の火事は免れた。1961西ラウジッツ地方博物館が入って、地方の文化と
   自然の歴史を展示している。
 モルツの家 Molz Haus 大麦から大麦麦芽を作る町の大きな作業所であった。今は
   町の歴史的展示に使われている。
 肉屋のカウンター Eleisch Baenke (1487) 近くで1482に開業した屋台が現存している。
   1507から、毎木曜日にここで肉市場が開かれた。1843火事の後にネオルネッサンス
   で新築された。
 レッシンク博物館 Lessing Museum (1929) 1632公共図書館にレッシング博物館が加わった。
   2001別館としてRoehr Meisterhaus にもレッシング博物館が開設かれた。

5.写真

市庁舎 赤塔・聖マリエン教会
聖アンナ教会 北東壁

戻る

戻る

ラウエンスタイン Lauenstein S25

  Geising市内の町

1.歴史

 1289 城があり農民が入植し銀鉱石発見、 1340 マイセン辺境伯領となり城は急拡大、
 1374 市場権を得て毎週市場を開いた、    1449 選帝侯フリードリッヒ2世は町を取得、
 1487 錫鉱山の採掘が行われ18cまで続いた、1494 都市権を授与され、市壁を築く、
 1517 Buenau家が町を買収し、 1821戦後の経済衰退で売却された、
 19c 町は基本的に変化を経験しなかったので、古い家並みが残された。

2.市壁  0.36km 0.30

    15cの市壁は、城と旧市街を囲んでいたが、今は城周辺に320mと東に40m残った。

3.塔 0門0塔

 衛兵門 城の入口の門で、衛兵が守った。2階建ての破風付の門に、城の2階建ての
   建物が付いている。

4.見所  D

    四角い急傾斜の広場は町の中心にあり建物が取り囲んでいる。広場には1912に
   彫刻家の鷹匠の泉がある。
 宮殿 Schloss (13c) 初め地域の入植地を守るために城は築かれ、14c拡張され、1480礼
   拝堂が建てられ、16-17cルネッサンスの宮殿になり網目模様の窓になった。今は、演奏
   会が行われ、博物館は日曜・祭日・大晦日に開かれ、城の鷹匠実演も行われる。
 聖マリア教会 St.Marien Kirche (1340) 初めの教会は15cに建て直されたが、1594火災で
   損傷し、聖歌隊・塔の地下部・豪華な祭壇とオルガンは再利用されて、1596-1602大
   きな塔のある後期ゴシックの3廊ホール教会となった。1997改修が完成し、2000豊かな
   天井画とオルガンは修復された。Buenau家の墓銘は見事である。
 ビルダー美術館 Galerie Bilder 広場に開設された。

5.写真

マルクト 宮殿門
東壁

戻る

戻る

ライプチィッヒ Leipzig S26

1.歴史

 1015 メルゼブルク司教は城と市場を設置、 1156-70 マイセン辺境伯オットーは大市の開始、
 1213-1409 町は4門の市壁で囲まれた、       1409 ライプチィッヒ大学の創設、
 1497-1507 帝国都市特権の確立、鋳造権・市場徴収権の獲得、
 1618-48 30年戦争で6回包囲、           1642-50 スエーデン軍が占領、
 1815 ウイーン会議でザクセン王国の領土再編、       1942-45 空爆で甚大な被害、
 1998 6教会の平和行進が発端で東西ドイツ合併。

2.市壁  0.10km 0.03

    南東隅のモーリッツ要塞部の一部が残っている。

3.塔 1門0塔

 シンケル門 Schinkel Tor (1836) 大学の大教室棟に組込まれている。

4.見所  B

    帝国都市として発展した大都市であり、音楽・見本市・本の町として有名であ
  る。環状道をに囲まれた旧市街地には、歴史的建造物が再建されている。
 旧市庁舎 Altes Rathaus (1556-57) ドイツ・ルネッサンスの大破風と塔が前面に在る3階建の
   大きな建物で、地階は広場と一体のオープン市場である。長さ53mの宴会場ではザ
   クセン王子のお祝も行われ、結婚式・裁判手続・お祭りなども行われた。1909から
   は、市博物館・文化的催物会場で、参事会政務室・地下牢も公開。
 新市庁舎 Neoes Rathaus (1905) 古典主義の重厚な建物で、13cザクセン領主の城郭プ
   ライセン城の跡地の基盤の上に世界最大級の新市庁舎が建てられた。旧城の主塔を継
   足し高さ114.7mの市塔を築き、250段の階段があるのは、国内の市庁舎では最
   も高い。
 旧帝国最高裁判所宮殿 Ehem.Reichs Gericht (1888-95) ベルリンの国会議事堂と平行
   して建てたため共通点がある。戦争に遭い1999-2001に復元された。2002原型
   を良く留めた前面改修の後に、美術館次に連邦行政裁判所となった。帝国裁判
   所博物館が併設されている。
 旧証券取引所 Alte Boerse (17c) 初期バロックの建物は1903ゲーテ記念館であった。1992
   -95に改修され、今は音楽と文学のイベントや化学・技術・企業の説明会の会場となっ
   ている。
 現代史博物館 Zeit Geschichtliches Forum 東ドイツの生きた記録を伝える。3200点
   の展示がある。
 アウグスト広場 Augustus Platz (1785) 東の緑地に、オペラハウス(1960)・ゲバントハウス(1981)・
   市塔142.5m(1968-72)・メンデ噴水(1886)が置かれた。
 ゴーリス宮殿 Gohliser Schloss (1756) 商人で評議員は、ロココの夏の宮殿を建てた。19
   98全面改修を行って、演奏会・演劇・展示会に使われる。
 モーリッツ要塞 Moritz Bastei (1551-1554) 中世要塞の唯一の生残りであり、2次大戦後
   1982に学生クラブ・1993整備して文化センター・カフェとなった。
 ニコライ教会 Nikolai Kirche (1165) 町や市場の権利の賞を使ってロマネスクで建設され、
   1520ゴシックのホール式に改造され3身廊の二重回廊で囲まれた幅63m・長さ43mの町
   で最大の教会になった。
 聖トーマス教会 St.Tomas Kirche (12c) 初めのロマネスクの教会は、1492-96に後期ゴシックのハレ
   ン・キルヘに改造されて今に至る。長さ50m・幅25m・廊高18m・塔高68m1884-89内部
   をゴシック・リバイバルに改装・1990修復復元された。1212から聖トーマス合唱団がある。

5.写真

マルクト 宮殿門
東壁

戻る

戻る

ライスニッヒ Leisnig S27

1.歴史

 1046 皇帝ヘンリー3世の証明書の中で言及、   1147 フリードリッヒ3世に町を売った、
 1157 帝国子爵ヘンリーが町に住んだ、     1286 町として言及された、
 1365 マイセン辺境伯が町を奪い城を再構築、  1407-14 辺境伯ウイリアムの未亡人が住む、
 1444 大火災で市庁舎も焼失、       1495.1508.1535 ペスト流行、
 1523 宗教改革の導入、        1706 北方戦争でスエーデン・ポーランド軍が侵攻、
 1727 郵便局の開設、1787 果樹園とタバコ栽培、1856 独立マイスターの数:靴154.仕立53.
    織51.パン37.肉18.銅13.鍵13.毛皮11.ガラス7.牛革11.羊毛刈6.袋6.鍛冶5.帽子2。
 1945 2次大戦は赤軍の占領で終わる。

2.市壁  0.74km 0.48

  北の城の周辺に高さ10-13mの市壁が450m、南東に80m、西南に210m残っている。

3.塔  0門2塔

 城天守閣 BurgFried (12c) 城の中庭の円塔で、高さ32m直径14m厚1.5m、
   下から18mまでは煉瓦造、その上は石灰斑岩の大石で築かれている。1871高さは
   20mに取り壊され、1875円錐形の屋根になった。
 古い天守閣 Alter BergFried (11c) 古い天守閣の円塔が、城の南側の丘の
   上に立っている。

4.見所  C

   ムルデ川の絶壁の上に聖マタイ市教会と旧市街がある。城への道の途中に長靴博物館
   があり、ギネス認定の高さ4.9m長さ2.2m重さ440kgの巨大靴がある。城の博物館に
   は5cの彫刻や100年の城の歴史の展示があり、天守閣には登れる。
 市庁舎 Rathaus (14c) 1444には焼失の記録がある。1803の大火まではマルクトの中央
   に立っていた。合わせて6回も火事に遭っている。1804-09今の3階建てで落成
   し、しばしば改造された。1991-92増築され、ロビィーや階段で展示が行われる。
 聖マタイ市教会 StsdtKirche St.Mattaei (15c) 初めロマネスクの教会はゴシックとなり1483
   教会の円天井が完成した。1637火事の熱に耐え今日まで形を留めている。1639
   -49修復され、1664ルネッサンスの祭壇がある。1522.1523マルチン・ルターがここで説教をした。
 ブッフ修道院 Kloster Buch (1192) シトー派修道院が設立され、大聖堂が1200に3廊で
   完成した。その後廃墟となり、1678新たにCutes Kapelleが構築された。
 ミルデンシュタイン城 Burg Mildenstein (10c) 初めはLeisnig城と呼ばれ、1046に言及さ
   れた。1084皇帝ヘンリー4世が滞在した。1147侯爵フリードリッヒ3世が城を取得し、1158
   皇帝バルバロッサの所有となり帝国の城となった。最古の部分は12cロマネスク礼拝堂で、
   14c辺境伯ヴィルヘルムは大宴会場・フロント・ロフトを設け、外観に影響を与えた。城は14c
   からミルデンシュタインの本部となり、マイセン辺境伯に代わって城を管理した。何世紀も
   わたって官庁や刑務所として1952まで使われた。1993ザクセン州は大規模修繕を
   行って、今は博物館として使われている。城博物館には町と城の歴史・礼拝堂
   の文書保管庫で彫刻・城の建築史・刑務所や武器等の展示がある。
 長靴博物館 Stiefel Museum 巨大ブーツと聖靴の歴史の展示がある。靴屋ギルド650年
   の記念事業として1990に高さ4.9mの巨大靴が造られ、1997ギネスに認定された。
   画家カール・ヴァクラーの遺品もある。

5.写真

市庁舎
旧城天守閣・城壁 西壁

戻る

戻る

レンゲフェルト Lengefeld  S28

1.歴史

 1200 ラウエンシュタイン城は築かれ、1323に言及、    1369 町として初文書言及、
 1522 銀・鉄・石灰岩の採掘、          1567 ザクセンによる城の建設、
 1587 ギルドの設立:肉・靴・錠前・大工・仕立・鍛冶・材木・工芸品等、
 1851 最後の鉱山も閉鎖、   1906 綿紡績工場に加え、照明器具工場を開催、
 1944 ライプティッヒ・ドレスデンの書籍・美術品が石灰工場に移された。

2.市壁  0km 0.0

    見当たらない。

3.塔  0門0塔

    見当たらない。

4.見所  D

    1856の大火の後で、市庁舎が再建され、街並みも形成された。市博物館の隣
   には、消防博物館もある。
 ラウエンシュタイン城 Burg Rauenstein (1200) シェレンイルガーの領主が城を築いた。ザクセンが城を
   築いた。1630大きな構造変化があり、1651-1743城が再建され、銀の採掘が富
   をもたらした。
 郷土博物館 Heimart Museum 木組みの2階建ての古い建物に、石灰の歴史的な展示が
ある。

5.写真

市庁舎

戻る

戻る

レーバウ Loebau S29

1.歴史

 1200 町の設立、      1221 マイセン司教ブルーノ2世の文書に初言及、
 1306-17 町の管轄下に24の村が置かれた、市壁の建設、1346 6都市が同盟、
 1429 フス戦争で包囲され被害を被った、エンド布の生産、1499 最初に浴場設置
 1547 上ラウジッツの6都市は 王に対する不従順で罰金を課せられた、
 1635 上ラウジッツはプラハ和平でニーダーザクセン州へ、1708 リネン産業が貿易で繁栄、
 1710 大火災で町は焼失、1729 3郵便距離列の設置、 1815 プロイセン領に、
 1835 製紙・織物工場・穀物市場の設立、1859 ピアノ・ボタン・パスタ・靴・ゴム生産、
 1912 歩兵大隊の兵舎を建設、     1945 第二次大戦で被害。

2.市壁  0.25km 0.23

   12-13cの市壁は、土堤・堀・門・塔で守られた。残っているのは、北西に
  内壁30m、北東に外壁20m、南東に60m、南西に復元された外壁と防御塔140m
  ある。 別に南の墓地の東側に高い古い石壁が2.0kmある。

3.塔  0門1塔

 猫塔 katzen Turm (14c) 南西の復元された市壁に、大規模に改修さ
   れた3階建ての角塔が再開されている。

4.見所  C

    国境の三角点:独・ポーランド・チェコに町はある。1710の大火災で焼け、1711
   バロックで再建されている。市庁舎は二つとない複雑な形態をしている。
 市庁舎 Rathaus (14c) 古くからの市庁舎は1570と1710の火災で大被害を被
   り、残ったにはゴシックの塔のみである。1711-14再建され、部分的に
   1935-36構造的な変更がなされ、今の複雑な姿になった。玄関の上には
   町の紋章とポーランド管轄記号がある。1992前面はバロックで復元された。
   塔には時計が付けられ、今はコンピューター制御されている。
 肉市場 Freische Baenke (15c) 市庁舎の一角に肉市場が残されている。
   中世に、肉は地下に貯蔵され屋台で売られていた。15cに14店が肉屋の
   ギルドに記載されており、市庁舎に肉屋の屋台が集められた。入口に肉
   市場の看板が掲げられた様子が、市庁舎ロビィに残されている。
 聖ニコライ教会 St.Nikolai Kirche (13c) 聖ニコラスは商人の守護聖人で、ゴシック
   の建物に1737南3廊を増築し、1884ネオゴシックで改築された。塔は高さ
   83.5mである。
 聖ヨハネ教会 St.Johannis Kirche (1336) 旧フランシスコ会修道院の教会で、何度
   も火事に遭って建築上の変更がなされた。1676-1912はヴェンド語の教会
   であった。1996再構築され、2001から6都市文化センターとなっている。
 黄金の船 Stadthaus Goldenes Schiff (1712) バロック商人の住家と商館の
   2軒は、1710.1733の火事で焼け、その後1811ホテルと宿屋を収容した。
   1922町の所有となった。天井画やスコッタ装飾が見られる。
 旧薬局 Alte Apotheke (15c) 1611市議会薬局の権限を付与された。1817
聖ニコラウスの隅で古い薬局を開いた。1844ブリェクナー家が塔付3階建ての家
   を所有し、1969-70歴史的細部の復元が行われた。
 市博物館 Stadt Museum (1945) 18cに前面の再構築が行われた。上ラウジッツ
   6都市の歴史や文化の展示や町の工芸館がある。
 ロイヤル・アルバート浴場 Bad (1824) 1714鉱泉を認定した。1824麓にある銭湯が
   建てられ、1851鉄泉と塩泉に区分され、1875人気を博した。1878ザク
   セン王アルバートが逗留し、クア施設として指定され、1878拡張された。
 切妻造の家並 GiebelbauGruppe (18c) 1710大火の後に建てられ今も維持
   されており、中世の町の雰囲気がある。
 プロイスカー学校 Preusker Schule (1854-55) 昔のフランシスコ会修道院の基礎の上
   に建てられ、市庁舎の技術部門を収容している。塔の復元。
   1953城の復元完了、今は博物館を併設し美術品と地質学を展示。
 市民の家 Buergerhaus (1712) 初め3階建で建てられ1885に上階を建て増
   しされた。
 市民の家 Buergerhaus (18c) 殆ど元のままの交差ボールトのある家。

5.写真

市庁舎 西南壁
東壁

戻る

戻る

ロスニッツ Lossnitz S30

1.歴史

 1150 フランケン農民が塩の道に定住、  1170 マイセン城伯は防備した町を建設、
 1238 森の町として初文書言及     1284 町として特権と醸造権を得た、
 1388 マイセン城伯は塩の特権を授与、1406 ジョンブルク伯爵は郡を所有じ首都に、
 1429-30 ヒュジッテン軍に包囲されたが無事、     1441 町に市場を開設、
 1632-33 30年戦争で略奪とペスト、        1691 クリスマス市の初開催、
 1740 ザクセンの支配下にシェーンブルク家と協定、1746 2度の大洪水1771にも洪水、
 1756 7年戦争でプロイセン分離、      1759 再びプロイセンの駐屯。

2.市壁  0.24km 0.38

  12cから市壁は築かれ、14cには防備は拡張強化された。市壁の高さは7-8m。
  残っているのは、上堀に60m、下堀に170m、下壁に10mである。

3.塔  0門1塔

   昔の12-14mの堀に架かる跳ね橋付の3門は残っていない。
 桂馬塔 Roessel Turm 南西隅の角塔が唯一残っている。

4.見所  D

   西エルツの森林に囲まれた小さな美しい町。マルクト広場は注目。昔の塩の道を保
  存している。
 旧市庁舎 Altes Rathaus 2階建でマルクトに面して立つゴシックリバイバルの旧郡裁判所の
   建物で、1601市庁舎となりルネッサンスの玄関には紋章がある。
 新市庁舎 Neues Rathaus 市庁舎広場に新しい3階建ての建物がある。
 聖ヨハネ教会 St.JohannKirche 新設のルーテル教会で、1826に成立した。1899ザクセンで
   最大のロマネスクのオルガンが完成した。
 市民の家 BuergerHaus am Markt マルクトの斜面に立ち、半分は3階の2階建ての市民
   の家であり、今は展示室のある集会所・図書館である。

5.写真

市庁舎 マルクト広場
南壁

戻る

戻る

マリエンベルク Marienberg S31

1.歴史

 1519 聖セバスチャン鉱山の開設、  1521 ザクセン侯爵ヘンリーが計画都市を創設、
 1523 醸造所を建設、都市・鉱山権の授与、  1531-33 ラテン語学校の開設、
 1539、鉱山事務所を設置し地区鉱山を統括、1541-66 4隅塔・5市門・市壁建設、
 1555 鉱業の最盛期で地区1千の鉱山を運営、 1566-1600 銀鉱山の衰退、
 1603 町は塞いで破産した、      1610大火災550戸1684に184戸焼失、
 1632 30年戦争で略奪、 1632-33 ペストで2千人死亡、1753-1858 駐屯地に、
 1813 ナポレオン・ロシア・墺軍の侵攻、      1835 荒廃した市壁の除去開始、
 1852 大火災で176戸焼失、        1945 赤軍の占領、ウラン採掘。

2.市壁  0.28km 0.14

  1541-66に市壁は建設された。荒廃により1835から除去が始まり、残り又は
  再建されたのは西北側と南東の一部である。

3.塔  1門2塔

 北門 Zschopsuer Tor (1545) 5市門の内唯一北門が残った。四角錘屋根
   の3階建て四角門塔で、歩道門が付いている。
 小塔 Kleiner Turm (1541) 残った市壁の西端には、小さい3階建ての角塔
   があり、1610と1684の火災で損傷し、1966-2006復元された。
 赤塔 Roter Turm (1541) 市壁の4隅には4円塔が在り、色で名づけられた、
   北:黒、東:赤、南:緑、西:白色の塔が在った。1610の火災の後に赤塔のみ
   が再建された。高さ18.5m直径12m。武器の保管庫であったが、火薬庫とな
   り、その後さまざまな小売店にリースされた。今は文化活動に使われている。

4.見所  C

   16cに鉱山経営のために新しく計画的に造られた町であり、街並みは整
  然としている。中心には1.8haの広大なマルクトがある。
 市庁舎 Rathaus (1537-41) ルネッサンスの市庁舎で、1610.1684の火事で壊され
   唯一華麗な入口が残り、再建された。1938-39に改修された。1539ベル
   付時計塔が有り、1684日時計が付けられた。
 町の会館 Stadt Halle (18c) かって軍隊のクラブハウスとして建てられ、1996
   までは私有文化施設であった。2006町が買収して改修し町会館として
   演奏会・展示会・会議場として使われている。
 ライムの家 Leiden Hauschen (1541) 最古の住宅で、ライムの木の下の鉱夫の家
   である。火災にも戦争にも耐え、2003材木は差し替えられた。
 旧鉱山事務所 Ehem.BergAmt (1539) 最初の事務所が置かれた。その後ゲーテ
   の親友であり1767から鉱山長であったトレブラが、1759の火災の残骸を
   1771に買って、鉱山事務所と住家として改修した。
 山の貯蔵庫 Berg Magazin (1806-09) 市街東部に鉱山労働者の生活改善の
   ために食料貯蔵所として、鉱山長トレブラによって建てられた。その後家
   族のための病院や商業目的でで使われ、今はザクセン・ボヘミアンエルツ山地博
   物館として、歴史的な展示がある。
 聖マリア教会 St.Marien Kirche (1558-64) 後期ゴシックのホール教会が建てられ、
   1611-16火事の後に再建され、1668-75増築された。
 マルクト広場 Markt Platz (1523) ドイツ最大級の1.8haの広場で1523に市場が初
   開催された。1524舗装され、1775リンデンの植樹、2008大規模な再開発。

5.写真

市庁舎 ツショパウアー門
東南壁 北西壁

戻る

戻る

マイセン Meissen S32

1.歴史

  929 王ヘンリー1世が城塞を築いた   965 辺境伯に管理させ968司教区設置、
 1002 水城が城山の下に築かれた、  1089 ヴィッテン家が所有し居城となった、
 12c 市場が設立された、       1332 都市権授与の証書が残っている、
 1423 マイセン辺境伯領となった、    1470 辺境伯アルブレヒトは王宮を建てた、
 1539 宗教改革が導入され3修道院解散、       17c 30年戦争で被害、
 1945 2次大戦の被害は受けなかった、 2002 大洪水で旧市街地は約1m浸水。

2.市壁  0.06km 0.02

   1200に7市門のある市壁が建てられ、山側にHinterMauerの道路名が残って
  いる。北西角の旧アフラ修道院の外壁は、市壁を兼ねていたと思われる。

3.塔  0門0塔

   見当たらない。

4.見所  C

   2次大戦の被害が無かったので、旧市街には木組みなどの古い建物が残っている。
  山上には大聖堂とアルブレヒト城の古い建物がある。
 市庁舎 Rathaus (1470-86) マイスナー議員が建てたルネッサンスの美しい切妻の建物で、屋根
   は13000m2もある。2001-02内外壁を改修した。マルクト広場には、ゴシックやルネッサンス
   の美しい市民の家が並んでいる。
 ベノの家 BennoHaus (1600) 大きなルネッサンスの入口のある建物で、1階の梁の部屋には
   1640ルネッサンスの絵画があり、玄関ホールはゴシックのフレスコ画と後期ゴシックの円天井がある。
   入口の上には、1841ドイツ初のボランティア消防署の設立記念銘版がが掲げられてい
   る。
 古い醸造所 Altes Brauerei (1460) 1570から代々ビールが醸造された前面がルネッサンスの
   建物で、1868売却後も醸造は続けられた。
 新教アカデェミィ Ev.Akademie (1205) 聖アフラ修道院にある教会の会議場や宿泊所を含む
   施設である。
 大聖堂 Dom Meissen (1250-15c) ゴシック3廊ホール教会は15cに完成した。二つの塔は
   1315着手され西塔は落雷で壊れ、完成したのは1909であった。クラナッハの祭壇画
   や内陣に13cの寄進者達の彫像が置かれている。大聖堂広間は修道院の建物:
   1525長老館.1728参事会員の家.1500院長館で囲まれている。
 アルブレヒト城 Albrechts Burg (1470-15c) 中世末期のゴシックの建物で、多の塔が組み
   合わされて美しい。この城にはマイセン辺境伯の2君主しか住まないで、都はドレ
   スデンに移された。1710-1865は磁器製作所として使われた。今はドイツ歴史と
   16cドイツ美術作品が展示されている。
 マイセン劇場 Theater Meissen (1851) 1963まで劇場ゲバントハウス内の劇場であった。
   2002-04改修後に新装され開館された。
 聖母教会 Frauen Kirche (15c) 後期ゴシック3廊ホール教会であり、美しい星形ボールトが
   ある。1549の鐘楼にはマイセン磁器のカリヨンがあり、毎日6回演奏される。
 磁器工場 Porzellan Manufaktur (1865) アルブレヒト城から1km南の郊外へ磁器工場は
   移され、日本語イヤホーンで見学できる。
 市博物館 Stadt Museum () 旧フランシスコ教会に市博物館があり、町の歴史やワイン産業・
   漁船の展示がある。
 貴族の家 PatrizierHaus (18c) ルネッサンスの塗装された3階建ての家で、豊かな貴族の
   生活文化と現代美術の展示がある。
 マイセン美術協会 Kunstverein Meissen マルクトにあるルネッサンスの3階建ての高位聖職者ベノ
   の家に、町の美術品が展示され、個展が行われている。
 チューマー・フェルドチューマー博物館 Thuermer Ferdthuermer Museum 1834設立のピアノ工
   場が、復元楽器の展示と80席の室内楽の会場を設けたピアノ博物館を1999に開
   設した。

5.写真

市庁舎 アルブレヒト城門
大聖堂 アルブレヒト城

戻る

戻る

ミットバイダ Mittweida S33

1.歴史

 12c 村を設立、1209初文書言及、1286 マイセン辺境伯ハインリッヒ文書に町言及、
 1375 独立し市長と参事会があった、   1398 下級裁判所を買った、
 1423 上級裁判権を獲得、      14c 4市門のある市壁が旧市街を囲む、
 15c 織・靴・パン・仕立のギルドに亜麻布織工も受入、 16c亜麻布取引の中心に、
 1509 ビール醸造権を得て、町に206醸造所があった、
 町の火事:1306.1450.1498.1551.1624.1672.1693、

2.市壁  0.11km 0.12

  14Cに市壁で囲まれ、残っているのは、西側の丘の上の街並みの間に、
  40m+70mは確認できる。

3.塔  0門0塔

  見当たらない

4.見所  D

    17cの火事や19cの大建設にもかかわらず中世風な佇まいがある。
   斜面の町で、三角形のマルクト広場は中段の高さにある。
 市庁舎 Rathaus (14c) 1375には市長も参事会もあった。1450.1498火災に遭
   い、505-20石の破風付の新市庁舎が建てられた。1551火事の後1552-54再
   建、1624火事で1625-61拡張され鐘楼が付けられた。ペストと30年戦争後に
   再建された。1672火災で焼け1675-88破風や塔付で新築。1693火災1695-96
   再建。1724-1820各所を改修。1851-53裁判所を含めて建築。1868-1993
   3階建バロックの市長の家を買って、改修後市庁舎で使った。1993隣の元裁
   判所の建物に市庁舎を移した。
 新教市教会 Ev.STadt Kirche (15c) ルター教会UnserLiebenFrauenが南に立つ。
 郷土博物館 Haimat Museum (15c) 教会山の上にAlterPfarrhaeuserがあり、博
   物館となっている。JohannisSchillingHausにも博物館があり彫刻家の展示
   がある。

5.写真

市庁舎 西北壁
西南壁

戻る

戻る

ミューゲルン  Muegeln S34

1.歴史

 984 スラブの集落はポーランド王が支配、  1003 ボレスラウが進軍したが撤退、
 1063 マイセン司教の所属した固定が管理、 1256 マイセン司教は市場権を付与、
 1261 ルーハタール城の建設、        1276 町の管理権はアイセン司教へ、
 1288 町は都市権を授与された、       1373 町の要塞を初言及、
 1429 フス派が町の一部を破壊、     1556 ヨハニス司教は市議会を修正、
 1547 皇帝チャールズ5世はシュマルカルデン戦争勝利、 17c 略奪と疫病で人口1/10、
 1690 地震で町で2戸崩壊、         1834 最後の市門が崩れた、
 1945 米軍が占領し、ソ連軍が管理。

2.市壁  0.01km 0.01

    14cの市壁は、19cまでに取り崩された。僅かホルスト・タルマン通23の中庭に
  10m残るのみ。

3.塔  0門0塔

    見当たらない

4.見所  C

 市庁舎 Rathaus (1395) 左右対称の切妻の中心に入口を置いた2階建ての漆
   喰の建物で、1882に改装された。曲がった床平面の上のクリンカー混合建築
   にスレート屋根・軒柱・紋章・バルコニィー・階段ステンドグラス窓がある。
 聖ヨハネ教会 Stjohanis Kirche (16c) 後期ゴシック砕石積み漆喰のハレン教会で、南
   門前庭がある。1648北に2階建の延長・正方形の西塔には八角型の頭部と
   フードがある。
 ルーハタール宮殿 Schloss Ruhethal (1150) かっての堀城で司教の住居であった。
   門と北西塔・東部柵と狭い中庭・4門柱と東部守衛詰所がある。1572マイセン司
   教の宮殿として整備された。19cには司法事務所と会計局として使われ、
   1990まで農場であった。城は3階建3翼・砕石石膏構造に丸塔の要塞造りで
   ある。
 薬局 Apotheke (1825) マルクト広場で最古のハンサムな漆喰の2階建寄棟屋根の建物。
 郵便局 Post (1900) マンサード屋根・屋根窓・切出石の玄関階建のスコッタの建物。
 旧男子学校 Alte Knaben Schule (1608) 上階木組の堂々たる建物で、元男子
   校で今は住宅。
 旧女子学校 Alte Maedchen Schule (1822) 昔女子学校として建てられ、今は
   住宅。
 住居 Wohnhaus (1802) マルクト広場にある後期バロックの石膏マンサード屋根の建物。
 住居 Wohnhaus (1827) 城と市場を結ぶ要路にある、良く保存された2階建上
   階木組の木製庇の家。
 郵便距離標 PostmeilenSaeuke (1726) ザクセン距離標の1/4マイルストーンが1726に置
   かれ、1979にコピィが修復された。
 ワイン醸造所 Keller Haus (18c) 2階建石膏のレストラン。2009解体修理。地下貯蔵庫
   は、地下2-3m・高さ4mで酒の貯蔵が行われた。

5.写真

戻る

戻る

ノイシュタット Neustadt in Sachsen S35

1.歴史

 1333 ボヘミア王国の鉱夫による金採掘の町として初言及、
 1443 町の半分は購入や交換によってザクセンへ、 451 残り半分もザクセンへ、
 15c その後はザクセンの所有で市場町へ、 16c 仕立屋・靴屋・鍛冶屋・革鞣屋、
 17c 戦争・疫病・火災で人口激減、  1768 車大工と鍛冶屋は木製車輪生産、
 18c ボヘミヤ巡礼の巡礼路にあたった、   1945赤軍の占領時に砲撃された。

2.市壁  0km 

   地図には市壁らしき地名があるが、見当たらない。

3.塔  0門0塔

   見当たらない。

4.見所  D

 市庁舎 Rathaus (1700) マルクト広場の中央に2階建の大きな市庁舎があり、入口の上
   に町とマイスナーの紋章がある。銅製の鐘楼は鉱夫を象徴している。
 プロテスタント聖ヤコビ教会 Ev.Kirche St.Jakobi (1346) 木製の教会として建てられ、最も
   古い部分はゴシックの聖歌隊と1500からの美しい彫刻の祭壇でである。1854新塔
   が付けられ、身廊は1883基礎の上にネオゴッシクで建てた。
 レクトリィ Rektory (1616) 町で最古の上階木組切妻付の建物は、司祭の家であり、ルネッサ
   ンスの入口とフランコイアの枠組みを備えている。
 聖グートルード教会 Kath.Kirche St.Gertrudis (1926-27) カトリック労働者の増加に伴い、
   新設された。
 郷土博物館 Haimat Museum (2007) 元醸造所シュモルの麦芽の家の博物館は、町の歴
   史の展示がある。

5.写真

市庁舎 聖ヤコビ教会

戻る

戻る

オエルスニッツ Oelsnitz Vogtiland S36

1.歴史

 1225 聖ジェームズ教会で初言及、    1232-48 ストラスベルクの侯爵が城を建設、
 1357 憲章都市として街を再設計、  14c 織物・工芸品・鉱業(銅・錫)の開発、
 15-16c 白エルスター支流で真珠採り、  1548 ザクセン軍がプロテスタント軍を破った、
 1632 30年戦争で略奪や焼払い、      1859 大火災後に新都市計画、
 1880 エルツニッツ織の絨毯の大生産地、          1945 米軍の進駐。

2.市壁  0.06km 0.01

   壁が今見られるのは、Graben通に10+40mとKirche通に10mである。

3.塔  0門0塔

   門や塔は見当たらない。

4.見所  D

   1859大火災の後に、再計画された左右対称の中央に、聖ジェームスの73.5m
  の塔と市庁舎が立つ。0.3km北の城には博物館がある。
 市庁舎 Rathaus (1861-62) 6階建て42mの中央塔を持つ3階建ての建物。
 聖ヨハニス教会 St.johannis Kirche (1220) 73.5mの高塔を持つ。
 フォイグツベルク城 Voigtsberg Burg (1232-48) 北に0.3kmの所に、14cにストラスベルク家
   が構築した。1356城はマイセン辺境伯の所有となった。1874-1924刑務所として
   使われた。塔は、最も古い部分を含め高さ30→22mになり、直径9.7m壁厚
   3.3mである。広間は結婚式場として使われ、カーペット博物館、ゴシックのヨハネ礼拝
   堂もある。
 ゼーフェルスの家 Zoephelsches Haus 旧市街の西の角に古い建物があり、市立
   図書館や観光案内所となっている。壁の遺跡もある。

5.写真

市庁舎

戻る

戻る

オシャッツ Oschatz S37

1.歴史

 12c 市場が開かれ教会が建てられた、12c末 城壁都市が再設計され市憲章を、
 1200 辺境伯の文書に初言及、     1238 辺境伯ヘンリーの世襲宣言に言及、
 1246 フランシスコ会修道院・大聖堂の建設、  1312-17 ブrンデンブルク軍が占領、
 1394 貿易と工芸の発展で定期的なフェアの許可、1429 フス軍による略奪と破壊、
 1446 サクセン選帝侯兄弟の内戦で全焼、  1566 ペストで900人死亡、
 1616 大火災で市壁内は444/468家や納屋を焼失、1631-48戦争とペストで2千人死、
 1680-82 ペストで658人死亡、      1683 郵便局が置かれ駅馬車が走った、
 1756-63 7年戦争の苦難で経済不振、  1785 ウール布特権、62織機と113呉服屋、
 1815 ウイーン和平でニーダーザクセン州削減、  1842 大火災で366の建物損傷、
 1867 皇帝ザクセン騎兵隊の駐屯地に、   1945 殆ど2次大戦の被害はなかった。

2.市壁  0.35km  

   西側の緑地に300mと東側に50mが残された。

3.塔  0門1塔

 見張塔 Wache turm (1377) 西側の防衛のための高い円塔で、1616.
   1842に火災を免れ、博物館の入口から塔に登れる。

4.見所  C

    1842火災の後に、聖エギディエン教会・市庁舎等はルネッサンスで再建されている。
   旧修道院教会・旧役所・助祭館は古い。
 市庁舎 Rathaus (13c) 市庁舎は旧マルクトにあったが1477新マルクトに移した。1538
   -46ルネッサンスで再建。1616.1840の火災で損傷し、その後切妻と細い時計塔を
   持つルネッサンスの建物となった。1914.1992-94前面・屋根・塔などを改築した。
   内部も幾度となく改修されたが、市議会会議室は有名である。塔内の耐火
   金庫には古くからの評議会の文書が保存されている。
 旧役所 AltesAmts (1616-1712) 新マルクトの北側に選帝侯ゲオルク1世が建て、先ず
   選帝侯の宮殿と宿舎となり、19cまで選帝侯あるいは王の役所であった。
 聖ジャイル町教会 StadtKirche St.Aegidien (11c) 聖ジャイルが任命された教会は
   木造の礼拝堂であり、14cに石造の教会となり、壁・柱は今も残っている。
   1429フス派に壊され、1443-64双塔のゴシックの教会となった。1539新教ルーテル教会と
   なり、1616火災に遭い1621バロックの木塔となった。1842火災で損傷し、1846-49
   双塔ゴシックリバイバルで華やかなステンドグラクを使って再建された。1906.2005修復。
 エリザベス礼拝堂のある助祭館 Archidiakonat mit Elisabeth Kapelle
   (1394) 建物を買って慈善病院を設立し1410フレスコ画が保存されている礼拝堂が
   建てられた。
 修道院教会 Kloster Kirche (1248) フランシスコ会修道院の唯一現存する建物であ
   る。最初聖マリア教会の名前を与えられ、最古の部分は北と西の壁に残る。
   1381-1428拡張され1429フス派に壊され、1484南廊のある大規模なゴシック教
   会となった。1978-83建物全体が復元された。
 貯蓄銀行 Spark Masse (1266) 単純なルネッサンスの建物は最古の世俗建築物であ
   る。ここには肉の市場があり、1616の火事で壊され1623に再建された。
   1667-1912ザクセン騎兵連隊の衛兵所であった。1928-40民俗博物館となり、
   1943地区貯蓄銀行となった。1996-97屋根と外壁は更新された。
 白鳥旅館 Gasthaus zum Schwan (1458) 新マルクトの角にある旅館であり、1943
   1943名前を白鳥として火事に生き残った。1872同業協会の所有となり
   1990には閉鎖された。1999-2005再建されホテルとレストランが再開された。
 学長事務局 Rektorat (15c) 1535宗教改革までは、服地屋の守護聖人の聖
   セウエルスの祭館があった。1616火災後に破棄され、1621美しいルネッサンスの扉の
   付いた建物に再建され、1842の火災からは免れ、1883まで学長事務局とし
   て使われた。1889住居、1934まで協会事務局、1996-97改修された。
 町事務室 Stadt Schreiberei (1400) 初め町の書記室であり、宗教改革後に
   は町の医者が住んだ。1429フス派に破壊され、1611今の形式で再建された。
   1616火事に遭い1617に2階建てで再建された。19cには助祭の住居になった。
 町と計量所博物館 Stadt und Waagen Museum (13-14c) 市壁に持たせ掛けた
   建物と塔1377は古い建物で、15cに南側は建てられた。1553-56役所の役
   務者の住居として、北側に延伸された。1991-95全面改修と修復がなされ、
   1996市立博物館となり25mの塔からの展望は良い。博物館には先史時代か
   らの町の発展の歴史を展示し、塩の計量システム・為替の展示もある。

5.写真

市庁舎・新マルクト 西壁・見張塔
西壁・見張塔 計量所博物館・見張塔
東壁

戻る

戻る

パウザ Pausa-Muehltroff S38

1.歴史

  1263 ヴァイダのミルデンフェース修道院の文書で初言及、 1393 マイセン方伯に質入、
 1449 都市の法令制定、            1571 都市の壁を言及、
 1617 4haの町に700人の農民が住んだ、      18c 織物工場が発展、
 1888 色々な工場や作業所が立地、  1933 近代的な休憩施設にプール設置、
 1945 米軍の占領後に民主的な農地改革。

2.市壁  0.024km 0.01

   「Rest der Original Stadtmauer um 1394」の銘板のある市壁4mと、そ
  の東に市壁の痕跡が20m見られる。

3.塔  0門0塔

     見当たらない。

4.見所  D

   小さな町の旧市街に、北から市庁舎・簡易裁判所・聖ミカエル教会がある。
 市庁舎 Radthaus (1852) 今の市庁舎の2階建ての建物を買い、何度も改築をして
   1892に今の姿になった。
 地球儀 Globus (1892) 2階建ての市庁舎の上に、初めガラスの地球儀が置かれた。
   それで町は地球の中心点を象徴する事になった。地軸は市庁舎の地下室に
   表れている。
 簡易裁判所 Amtsgericht (17c) 1852まで市庁舎だった建物に、1852裁判権を受
   領して簡易裁判所を置いた。1951簡易裁判所は解消され、住家となり、今
   は模型鉄道クラブが下の階に入っている。
 聖ミカエル教会 St.Martin Kirche (1826) 長さ34m*幅20mの教会で、高さ45mの高
   い単塔がある。

5.写真

市庁舎 北壁
北壁

戻る

戻る

ペガウ Pegau S39

1.歴史

 1091ベネディクト会修道院創立、1172皇帝フリードリッヒ1世は鋳造・市場・関税特権を、
 1190 新しい下町の創設、    1307 ルッカの戦いの後に町と修道院の破壊、
 1382 大火災の遭遇、       1430 町の北西端に要塞の塔を建設、
 1470 塩の市場を恒久的に認める、 1539 修道院の世俗化、
 1545 町はかっての修道院を買った、1644 30年戦争でスエーデン軍の破壊、
 1778 ザクセン連隊が駐屯、      1813 皇帝ナポレオンが滞在、
、1945 空爆を受けた。

2.市壁  0.47km 0.35

  13cの市壁は泥の壁だった。1429-32と1446-50の戦争で防備が不十分である
  事が判明し、15-16c焼きレンガ造で構築され、緊急時に浸水する堀と共に防備を
  固めた。その後の修理や交換は石英切り石となった。市壁が残っているのは、
  北側320m、南側150mである。

3.塔  0門2塔

 フォウアー門 Four Tor (15c) 1849に取り壊された。
 北塔 Norter Turm (1430) 煉瓦造3階建て角塔。
 南塔 Sueder Turm (1430) 崩れている2階建て円塔。

4.見所  D

   聖ラウレンス教会を中心に四角市壁が点々と残り、珍しく市庁舎は東端にある。
 市庁舎 Rathaus (1559-61) ルネッサンス30m階段塔付の建物で、1644と1671の火災
   後に屋根の切妻を省略して再建された。内部は再建時に改造された。
 聖ローレンス教会 St.laurentius Kirche (1180) ロマネスクの建物を中心に構築され
   ている。1463幾つかの火災の後に更新された。中には、1621バロック祭壇・
   1015説教壇・1860オルガンがある。
 煉瓦工場エアブス Fabrik Erbs (1909) 年間250万箇の煉瓦を生産していた。
   乾燥小屋や焼成釜はそのまま保存され、1980記念物となり、1844公開された。
 ナポレオンの家 Napoleon Haus (1744) 1561まで市庁舎がここに在った。新庁
   舎建設後に民間所有となり、1744今の建物が建てられて商人や医者が
   所有し、1813皇帝ナポレオンが滞在した。2005市議会に買収された。
旧交番 Alte Wache (1560) 市庁舎と共に建てられ、低価格で温かい食べ物
   を提供する屋台があった。19c警察署が置かれ、2次大戦後は図書館等で
   使われ、19cにはヌネッサンスに改造され、今は市図書館である。
 宿屋:金の王冠 Gasthof zur Goldenes Krone (18c) 1740にプロイセン皇帝が宿
   泊した碑文が飾られた宿屋で、2005まで営業していた。
 宿屋:黒人 Gasthof zum Mohren () 1813にはオーストリア皇帝フランツ2世が泊まった。
   19cに近代的なホテルになったが、1923に倒産した。1927市が購入して、
   市貯徳銀行となった。
 市博物館 Stadt Museum (1559-61) 市庁舎の中にある。学校と職業教育・
   戦争と平和・自転車・育児と家庭・町の歴史などについて展示。

5.写真

市庁舎 北塔
北東壁 北外壁
南東壁

戻る

戻る

ペニッヒ Penig S40

1.歴史

 1171-1329 アルテンブルク城伯の町の計画的構築、  1200 小さな市場のある村、
 1227 町として初言及、  1353 靴屋のギルドが最初に成立、
 15c 陶工のギルドが結成された、     1511 ビール貯蔵のためトンネルを掘った、
 1537 手造りの紙を生産、19c工業用紙の生産、   1813 ナポレオン戦争の終結、
 1945 2次大戦の空爆のよる被害。

2.市壁  0.01km 0.001

    1488の市壁が山の聖母教会の西に残る。

3.塔  0門0塔

    見当たらない。

4.見所  D

    ツビッカー・ムルデ川の南に大きな建物が立ち並んでいる。郵便距離柱列も残る。
 市庁舎 Rathaus (1367) 建物の大部分は石像であったっが、1545老朽化でルネッサンスの
   ザクセン様式3階建ての建物となった。1632墺軍の火災で焼け、時計塔を付けて
   再建された。1711町の火事で焼け1717元の形式で復元された。1993-99大規
   模な外壁と内装の改修が行われた。
 宮殿 Schloss (1300) 水城として建てられ、16cには建て直されてた。19cライスニッヒ子
   爵の邸宅になった。
 聖アエギデン教会 St.Aegidien Kirche (1157) 後期ロマネスクのホール教会であったが、1515
   ルネッサンスで建て直された。小さな教会は軍の病院として使われ、その後焼失し
   た。1617ローマカトリックの教会になった。1945に拡大され新しい屋根を含めて今の
   外観となった。
 山の聖母教会 Unser Lieben Frauen Aud dem Berge (1280) 初めは墓地の霊安室と
   して建てられ、1476後期ゴシックの身廊が、1515最初の塔が付けられた。1539新
   教の教会となり、1781バロックの帽子を付けた。1891-96大規模な内外の改修がな
   された。1985塔の屋根と身廊の改修、1992西切妻の複元が行われた教会の西側
   に墓地があり、1488角の塔と市壁が残っている。

5.写真

市庁舎 市壁
宮殿 山の聖母教会

戻る

戻る

ピルナ Pirna S41

1.歴史

 1233 マイセン司教ヘンリーの文書で初言及、1291 町として認定、1294ボヘミアに属した、
 1300 ドミニコ会修道院の創設、       1404 マイセン辺境伯の支配下になる、
 1635 プラハ和平の前交渉が行われた、    1639 30年戦争でスエーデン軍の占領、
 1706.56 北方戦争・七年戦争の戦場、          1813 ナポレオンの占領、
 1836 市壁と市門は最終的に崩された、   1897.1927.1957.1958 洪水被害、
 1945 2次大戦空爆で被災。

2.市壁  0.04km 0.02

   14cの市壁は、東北部の聖ドミニコ会修道院(市図書館)の周辺に40mある。

3.塔  0門0塔

   見当たらない。

4.見所  B

   ドレスデンの南のエルベ川沿いにある中都市で、旧市街は賑わっている。
 市庁舎 Rathaus (1367) 1555-56の改築でほぼ現在の形になり、1822.76に損傷した。
   長方形のマルクト広場の中央に立ち、地階の窓アーチや戸はゴシックで、2階から上の切
   妻はルネッサンスで、塔は優雅なバロックである。東側の天文時計は黒と黄金球を持って
   いる。1991-95改修されている。
 マリア市教会 StadtKirche St.Marien (1502-46) 後期ゴシックのホール教会で、塔は1466-
   95に建てられ、18cバロックの尖塔が付けられた。1544-46オリジナルの絵と砂岩の祭
   壇と説教壇、墓の碑銘、石洗礼盤が残っている。
 宮殿 Schloss Sonnen Stein (1269) 城は初め古代の交易ルートのエルベ川の交点に築かれ
   、1470-73居住宮殿に再構築された。1486の火災後に再建され1544拡張された。
   1639スエーデン軍が56日間包囲した。1645修復し防備を固めた。1706北方戦争でスエ
   ーデン軍に侵攻され、1756北方戦争で城は降伏した。1764擁護施設となった。
   1813ナポレオンは砦を再開した。
 カメレートの家 Canalet Haus (1520) ゴシックからルネッサンスへの移行を示す今の形になった。
   1753-55カメレートは広間の絵を描いた。1999修復を経て観光サービスを提供
 ブレッヒ・シュミットの家 Blechschmidt Haus (1544) 13cの古い基礎の上に渦巻破風のある
   建物を再建した。1996三ツ星のロマンティック・ホテル「ドイチェハウス」となった。
 天使の家 Engelser Haus (16c) 地元産の砂岩で造られ、中央張出柵の金メッキの天使
   の図から名前が付いた。玄関にはライオンの頭がある。1911-40ワイン酒場「アレクサンダー
   ・グロッセル」となった。1994ルネッサンス木製梁の塗装天井が調査で発見された。16c螺
   旋階段が家の中の窓の側面に付けられた。
 ロッホウの家 Rochowsches Haus (16c) 以前の家はバロック時代に改造され、幻想的な前面
   とロッホウとブリッツホルク家の同盟紋章がある。1756住宅の所有者は要塞サンストンの司令官
   Rochowとなった。
 テッツエルの家 Tetzel Haus (1381) ルターの論文を定式化したドミニコ修道士テッツエル生誕の家は、
   昔は玄関のある2つの家から成り、棟木に1381からの年号がある。2階には厚板
   を張ったゴシックの居間がある。1994-98改修された。
 修道院 Kloster Hof (1300) ドミニコ会修道院が創設され、1539-48宗教改革後に解散さ
   れた。2廊ゴシックの修道院教会は使用されず、絵画は残るが臓器は失われている。
   1957カトリックの聖ハイエンリッヒ教会として使われ、2000-02洪水の後に復元された。敷地
   内には市壁が残り、市博物館や市図書館が設けられている。
 市博物館 Stsdt Mueum (1861) 自然と伝承、地元の歴史が展示されている。博物館は
   1993に大改修されて再開されている。
 市図書館 Stadt Biblotheh 16Cからの6千冊の収集物がある。ザクセンの歴史や紀行文学、
   地図と飛行機のテーブルシート等が集められている。
 市美術館 stadt Galarie Fronfest (1572) 中世以来町の刑務所として使われ、1945住
   宅となった建物に、今は市絵画館と入れ替え展示場のある文化協会。

5.写真

市庁舎 宮殿
修道院中庭(博物館) 西壁

戻る

戻る

プラウエン Plauen S42

1.歴史

1122 聖ヨハネ教会への奉献で初言及、1224 町の憲章が得られた、
 1263 新市街についての初言及、   1350 皇帝チャールズ4世は領土を継承、
 1430 フス軍は城を恐し町を焼いた、  1521 宗教改革の始まり、
 1548 大火災で町はほぼ全焼、    1569 ザクセン選帝侯の所有となった、
 1602 Voigtlandの郡庁所在地に    1632 30年戦争とペストで人口半減、
 1702 家電と綿紡績の工場建設、   1758 プロイセン
 1786 住宅地拡大で市門や市壁の破壊、1806-15 仏・露・プロイセン・ザクセンの略奪、
 1844 大火災で旧市街はほぼ全焼、 1944-45第2次大戦の空撃で町の80%破壊。

2.市壁  0.258km 0.17

   東側に高い石積が残されている。

3.塔  0門1塔

    1786から門塔は取り壊されはじめたが、1830マトラスボルダー市門とノインドルファー
   市門は取り払われた。
 修道女塔 Nonnen Turm (1200) 旧市街の市壁の唯一の残りの北西の角塔であ
   り、見張りと防御に使われれた。昔は高さ30mもあったが、1945の空襲で破
   壊され、1950に再建された。1962道路拡張で取り壊され、移されたが高さ
   10mの白い円錐頭巾の塔が造られ、カフェに使われている。

4.見所  B

    大きな町であるが、2次大戦の爆撃で町の3/4は破壊され、丘の上の中心部は
   再建されて中世の富の雰囲気がある。15cからのレース刺繍の博物館は珍しい。
 旧市庁舎 Altes Rathaus (1329) 初めの建物は数回再建され、1503-08後期ゴシック
   の丸窓となった。1548の火事で壊され、残った基礎の上にルネッサンスの切妻に天
   文時計を付けて再建された。1912新しい市庁舎の建設の過程で、時計は二重
   階段付で最初の正確なレプリカが付けられた。1945空襲で屋根と壁が壊され、
   1950天井の梁、1970南切妻と天文時計が改修された。2011前面を復元した。
 新市庁舎 Neues Rathaus (1912-20) 1889-1906旧庁舎の東にいくつかの建物を購
   入して用地を確保し、1912起工し、1914最初の部分は建てられ、1945空爆で損
   傷し前面はガラスで再構築された。このガラスを取り除く計画はあるが保留中である。
 聖ヨハネ教会 St.Johannis Kirche (1122) フォクトラントで最古のローマ・バジリカの教会で1227
   ドイツ騎士修道会に寄進された。12303身廊と翼廊のある大聖堂に拡大された。
   1548大火災で壊滅し、後期ゴシックのホール教会で52mの高塔があった。1945高塔は
   破壊され、1951-59に再建された。
     ルター教会 Lutter Kirche (1693-1722) 墓地にある2番目に古い教会で、1883に
   この名前となった。1945空爆で屋根が破損し修理された。
 麦芽の家 Malz Haus (1200) 市壁の市壁の南東の角に、エバーシュタイン伯爵が城を築き、
   1238新しい城を築いたが、1430フスの攻撃で焼かれ、所有権が数回移転した後に、
   1590貯蔵倉庫となったが、1635の火災で壊れ、再建されなかった。1727-30町は
   4階建ての麦芽製造所を建て麦芽製造業者に貸与した。1990-98映画館・ギャラリィ・
   と共に醸造麦芽の家は綺麗に更新された。
 白小川の家 Weisbachsche Haus (1778) 後期バロック4階建ての実業家の住居と工場
   は、1794持主が変わり、紡績工場に拡大した。1945被弾し再開発された。
 フォグトラント美術館 Vogtland Museum (1787-89) 1920町は綿商人の家や商店を買収
   し、町と地方の歴史博物館を開設した。1923群美術館が開設されたが1945に
   一部損傷し、戦後さらに家を買って拡張した。地元レースの展示は珍しい。

5.写真

新旧市庁舎 東壁
東南角壁 南壁
南西角壁 西壁

戻る

戻る

ラーデベルク Radeberg S43

1.歴史

 1219 フランクとチューリンゲンの農民が開墾、  1289 城が築かれ農民・手工業者が定住、
 1341 町は市場に独自の計量所を設置、   385 町の防御団体が置かれた、
 1412 マイセン辺境伯は都市権と居住権を授与、 1540宗教改革の導入、
 1633 帝国軍は町を占領、           1706北方戦争でスエーデン軍が占領、
 1704.14.25.41 町を大火が襲った、   1758-60 墺軍・ハンガリー軍・プロイセン軍襲来、
 1798 サラサ染め工場、1801紅茶マイスター223人、 1858 ガラス工場の設立。

2.市壁  0.04km 0.01 

   市壁らしい市壁は見当たらない。北の墓地と緑地との間の壁は墓地の壁か?。

3.塔  0門0塔

   見当たらない。

4.見所  D

   町は、古くからビールを輸出していたので「ビールの町」と名乗っている。
  ビール醸造所は見物・試飲できる。マルクトは1741の火事の後1769に整備され、取巻く
  建物も建て直されている。
 市庁舎 Rathaus (1517) 植民時代の市場に建てられ、1741火災で全壊の後に1767-69新
   築され、1794塔が追加された。3階建て塔付の建物と隣の2階建ての建物の両方を市
   庁舎として使っている。
 市教会 Stadt kirche (14c) 1486ゴシックのハレン教会として61m塔と共に建てられた。1714
   大火で壊れ、1730に再建された。1996の改修で、塔に新しい青銅の鐘が掛けられた。
 クリッペンシュタイン城 Schloss Klippenstein (1289) 主城は高さ40mの建物ともう2つの建物が
   あり、5石塔と厚さ2mの二重壁で囲まれていた。1543-46モリッツ侯爵は狩猟ロッジとし
   てルネッサンス3翼の城に拡張した。1641-42の30年戦争の損傷を修理した1772基本的に
   外観を保って主要構造の改築が行われ年金事務所として使われた。1879地方裁判
   所となり、1945移民を収容、1953博物館を設立。
 皇帝館 Ksizer Hof 中央通りの角にあり、公民館の閉鎖後に文化事業を提供している。
   醸造所酒場「カイザーホフ」は、本格的な改修をして開業している。

5.写真

市庁舎 北西壁

戻る

戻る

ライヘンバッハ Reichenbach S44

1.歴史

 1180 ドイツ入植者の集落に城を築く、          1212 初文書言及、
 1240 都市法の制定・市場と市壁の建設、   1430 大火災でに遭ったが再建、
 17c 町は30年戦争などで荒廃したが布生産で繁栄、
 1720.73.1818.33 大火災で焼失、   19c 毛織物・ミルク・紙の生産と金属加工、
 1945 第2次大戦の爆撃で73戸壊滅・675戸破損。

2.市壁  0.06km 0.06 

  13cの市壁は、SebaschanBach Platzに僅か残っている。

3.塔  0門0塔

  見当たらない。

4.見所  D

   南下がりの斜面に旧市街があり、マルクトは広いが特別のものは見かけない。
 市庁舎 今は図書館。
 トリニティ教会 Torinitatius Kirche (1621) 墓地の礼拝堂として建てられ、1706最初の鐘
   を備え、1730オルガンを設置、1773火災で壊れ、1777拡大され新しい教会となった。
   1898老朽化して再建され、二つの小塔が追加された。
 聖ペーターとパウル教会 Ev.St.Peter und Paul Kirche (1122) 最初からの正方形の塔の部分
   はロマネスクである。1430大火で壊れたが再建された。1720火事で破損し、1722新築
   され、1725オルガンを備え、1780塔頂に八角楼とバロックランタン付けられた。内部には、
   バロックの祭壇と1680キリスト像がある。
 聖マリア教会 St.Marien Kirche (1927) 1877カトリックの人々は工場のホールを買って礼拝堂とし
   た。今の新しい教会は、バウハウスの影響を受けた建築家により、新しい教会に拡張し、
   前面に階段状の切妻と32mの高塔を追加した。
 ノイパーの館 Neuberin Haus 文化センター・講演会場・催し物会場として使われる。
 ノイパー博物館 Neuberin Museum ノイパー・演劇史・町の歴史・出版物の展示がある。

5.写真

市庁舎 南壁
南壁

戻る

戻る

ロッホリッツ Rochlitz S45

1.歴史

  995 城を初文書言及、      12c 町は発展し城の下に市場を置き都市権を継続、
 13C 門塔・市壁・堀で囲まれていた、             1288 一部市壁の崩壊、
 1367-73 市壁の改修と外側市壁の建設、         15c 町は黄金期を迎えた、
 1537 宗教改革の導入、            1616-48 30年戦争で数回略奪された、
 1632.81 大火災で多くが焼失、    1769-91 軍の駐屯地となる、毛織物工場建設、
 1816 ザクセン公国の地方事務所設置、        1890 町の要塞の解体が始まった。

2.市壁  0.235km 0.11 

    内側市壁のAn der Stadtmauer130m.Muehlgraben80m.Wallgasse25mが赤砂岩で
   復元されている。

3.塔  0門0塔

    見当たらない。

4.見所  D

    城と聖ペトリ教会は、市壁外の西にある。郡庁都市であるが大きくなく、旧市街
   の中心の長く広いマルクトの中には、市庁舎・教会などの建物が建っている。
 市庁舎 Rathaus (1442) 30年戦争の破壊の後に、1650苦労の末新設されたが1681大火
   の犠牲になった。その後に階段切妻のある市庁舎になり、マルクト広場に移した。1828
   今の建築様式の外観で、経済力・自主独立・市民の誇りを反映して建てた。1993-95外
   装は1828の姿に復元され、内部は近代化された。
 ロッホリッツ宮殿 Schloss Rochlitz (995) 1009に城は大帝国兵団として、高名の客や国王や皇
   帝の滞在を保証した。14-15cザクセン一族の宮廷としてしばしば使われた。今の城の形
   状は、1525二つの四角の塔に続く大きな建物で建てられ、ほぼ千年の歴史を経過し
   ている。
 聖クニグンデン教会 St.Kunigunfen Kirche (12c) 初めは双塔前面の地下室のない内陣付の支
   柱バジリカであった。中央塔と両脇塔の前に1681の大火の後に玄関ホールが付加された。
   今は後期ゴシックのハレン教会となっている。
 聖ペトリ教会 St.Petri Kirche (1018) 初言及は1186である。1470-1499の後陣・殆ど四角
   の身廊のある後期ゴシックのハレン教会には古い建築部分が引き継がれた。1892-94に再建
   された。

5.写真

市庁舎 南西壁
南壁 西南壁
西北壁

戻る

戻る

ロスヴァイン Rosswein S46

1.歴史

 1200 マイセン辺境伯ディートリッヒが計画的に設立、    1220 町の税収入者ベルトルトを言及、
 1286 町と呼ばれた、     1293 ザクセンのフリードリッヒ1世はシトー派ノッセン修道院に贈与、
 1360 町は市長と参事会を持ち、ノッセン修道院の世俗化後に町を監督した。
 14c 町は1221mの防衛通路のある市壁で囲まれていた。
 1550 町には、農民259人と自由労働者360が居た。  1613 ペストの流行で被害者多数、
 19c 金属・履物・織物・葉巻の産業が立地した。

2.市壁  0.25km 0.20

   14cには高さ最高8m(3.4m-4m)下幅2.75mの市壁が、旧市街を1.22kmで囲んでいた。
  復元あるいは残存の市壁は、西北160m・北70m・東北20mにある。

3.塔  0門0塔

   当初からの5市門に、1420の火事の後にBueckenTorが追加され、何れにも望楼が
  あった。1805市門の夜間閉鎖をやめた。しかし門の整備はその後45年間行われた。
   中世の市門の防御は、市民自身によって行われたために、市民には次の武器の訓練
  が行われた。投げ槍・石弓・剣・投石。

4.見所  D

   郵便距離柱列は、1862市庁舎改修時に除去されて消え、1994-97墓地の壁から柱
  が見つかり、そのレプリカが建てれた。200年前から温室で日本の椿が栽培されており、
  今も見られる。小さな町ノマルクトに中に市庁舎と教会が立つ。
 市庁舎 Rathaus (14c) 1529の前面を残して、1862に再建された4階建ての建物。
 元修道院庁の家 Ehem.Abthaus des Kloster Altzella (16c) 元修道院長の家は、毛織物
   業者の家として使われた。
 聖マリア教会 St.Marien Kirche (14c) 外装は茶色の縁取りに白色に塗られ単塔の教会。教
   会の内部は古典様式である。
 旧郵便局 Alte Post (1891) 明るい砂岩の柱と装飾的な赤レンガの建物であり、100年も経
   過している。
 郷土博物館 Heimat Museum (2002) 階段の上のルネッサンスの建物から入る。町の歴史・オルゴ
   ール・ストーブタイル等の展示がある。

5.写真

市庁舎 聖マリエン教会
西壁 東北壁

戻る

戻る

ローテンブルク オーパーラウジッツ Rothenburg Oberlausitz S47

1.歴史

 1268 ブランデンブルク辺境伯オットーの文書に初言及、 13c 村は農産・工芸品生産、
 14c 村周辺の多くの農地はマーチン家が所有、   1798 度重なる大火事が発生、
 1815 ウイーン会議でプロイセン王国に属しローテンブルク郡庁の町に、
 1945 二次大戦の戦闘で深刻な被害  1960 空軍の戦闘機パイロット訓練所設置。

2.市壁  0.0km 

   見当たらない。

3.塔  0門0塔

   見当たらない。

4.見所  D

   ナイセ川の西に位置し、東のポーランドとの国境の町であり、殆どは19c以降の
  建物である。
 町役場 Rathaus (1789) 建設後に前面は成形された。マルクト広場の中央に支配的な
   2階建の建物がある。
 プロテスタント市教会 Ev.Stadt Kirche (1799-1805) ゴシックの前教会は1798の大火事で
   全焼し、1805再建聖別された。1817オルガン、1823祭壇画、1838四角の西塔を
   高さ60mに嵩上げ、1840鐘の供出、1945戦闘により塔が身廊へ崩壊、1950再
   建で塔高は45mとなった。
 牧師館 Pfarrhaus (18c) バロックのシンプルナ漆喰の建物で、横アーチの入口。
 旧牧師館 Alten Pfarrhaus (1799) 後期バロックのハンサムな建物。
 宿屋:王冠 Gasthaus Zur Krone (19c) 2階建の大きな建物。
 カソリック聖マリア・ロジーナ・ロザリイ教会 Kath.Pfarr Kuratie St.Maria Regina Rosarii
    (1920) ネオ・ゴシックの礼拝堂。
 市博物館 Stadt Museum () 市の歴史を展示、市図書館を併設。
 農業博物館 Bauerun Museum () 600年の農村生活と文化を展示。
 航空技術博物館 Luftfahrt Technisch Museum () 歴史的な航空技術と実機を展示。
   

5.写真

市庁舎 市教会

戻る

戻る

シュレッタウ Schlettau S48

1.歴史

 1100 ショッパウへの道の駅として城を設置、 12c この地域はボヘミア王の宗主権、
 1235 今日の町が南岸に計画的に造られた、1239 都市権を受け、石壁の建設、
 1413 修道院の開設、              15c 自治体の権限を得た、
 1527-29 宗教改革の導入、        1636 30年戦争で数回略奪された、
 1725 ジャガイモの栽培が始まる、            18c 城は放棄された、
 19c 工場として使用していた城を大改築した、 1930 城は町の財産となった。

2.市壁  0.0km 0.0 

   見当たらない。

3.塔  0門0塔

   見当たらない。

4.見所  D

   エルツ山地のチェコ国境近くの寂しい町、聖ウルリッヒ教会は丘の上に堂々と立つ。
 宮殿 Schloss (14c) ゴシック・ルネッサンス・バロックが混在する高い塔のある建物で、公園に
   は隣接するマナーハウスは二つの池に映えている。城にはエルツ山地風景図・騎士の間
   ・森林と野生の物語・レストラン塔がある。
 聖ウルリッヒ教会 St.Ulrich Kirche (14c) 司祭はマイセンから1361に着任した時には既に
   礼拝堂があった。 教会の名前は、アウグスブルクの司教を務めた聖ウルリッヒ(BC890
   -973)から命名された。

5.写真

市庁舎

戻る

戻る

シュバルツェンブルク Schwarzenberg S49

1.歴史

 1150 町の創立記念式典の起点とされる、1170皇帝バルバロッサは要塞を設けた、
 1334 ロブデェブルクが所有、 1500 鉄と錫の鉱山を開発、
 1533 ザクセン選帝侯が支配権を獲得、       1535 大火災で町は焼失、
 1555-58 城は狩の館に変換された、     1627 2門と市壁が存在した、
 1632-34 帝国軍によって数回略奪された、 1709.1824 大火災で殆ど焼失、
 1825 市壁外に新しい墓地を開設、        1839 ガラス工場の開業。

2.市壁  0.10km 0.14 

   主として、東側の山の斜面に石積がある。

3.塔  0門0塔

   見当たらない。

4.見所  C

   この町ザクセン。エルツの山の上の狭い所にあり、広場と教会を高い建物が取り巻
  いて、その奥に城と博物館がある。
 旧市庁舎 Altes Rathaus (15c) マルクトの東の地下には古い建物があり、火災の後1906
   にユーゲントシュティールの庁舎が再建され、その後市庁舎は平地に移り、今はホテルやレスト
   ランとして使われている。漆喰2階建ての建物には屋根裏部屋隔壁屋根頑丈な砲塔
   が立つ。1911の火事で青銅の鐘が壊れ、2つの銅の鐘が付けられた。
 宮殿 Schloss (12c) 要塞として建てられ、1533までシュバルツェンベルクの領地であった。
   その後ザクセンの狩猟の館となり、1876塔内に刑務所と北翼に裁判所が置かれた。
   今は大ホールと南棟は展示に使われ、南翼には音楽学校がある。
 宮殿博物館> Schloss Schwarzenberg Museum 城の歴史・町と地方の伝統工芸の展示
   があり、塔には登れる。
 聖ゲオルグ教会 St.Georgen Kirche (1690-99) 城の手前にバロックのホール教会には、平ら
   な木製天井・2階祭壇・豪華な彫刻がある。
 噴水とカリオン Burnenanlange und Grocken Spiel (1993-94) 公園に歴史的な噴水があ
   り、鐘楼付のマイセン磁器のカリオンが1日に4回鳴らされる。

5.写真

市庁舎 宮殿
城南壁 北壁

戻る

戻る

シュトルペン Storpen S50

1.歴史

 1100 最初の防衛施設として木の城を建てた、      1222 町の城の初言及、
 1218 ンマイセンの司教ブルーノ2世は城と山林を買収、 1241 マイセン司教とベーメン国の条約、
 1320 行政の中心の城に役所組織、       1429 今の場所に移り城の建設、
 1451-1537 早期近代防衛施設の新設、  1539 ザクセンの宗教改革でマイセン司教撤退、
 1559 選帝侯アウグストは城・町・役所を引受け、  1716-65 アウグストの愛人が城に住む、
 1795 大火後に市壁の取除きを認めた、     19c初 市壁は殆ど取り除かれた、
 1813 ナポレオンは撤退時に城壁を破壊した。

2.市壁  0.12km 0.12 

    1470に市壁は造られ、城の南の壁は選帝侯の設計によって取り付けられた。
  1738まで、ここで選帝侯の狩りの獲物が育成された。市壁は19c初めから取壊さ
  れ、今は、城から市教会に50m・市教会から下門に70mが見られる。

3.塔  1門0塔

    2門と8木製見張塔が市壁には造られたが、下門しか残っていない。
 下門 Nieder Tor (15c) 今在るのは玄武岩のアーチだけである。

4.見所  C

    山の上の小さな町で城跡が高く聳えている。山腹に傾斜した広いマルクトがあり
  市庁舎・博物館等の建物が囲んでいる。
 市庁舎 Rathaus (1723) 小さな屋根に梯子塔がある、1723の大火は免れた。1549市門
   の紋章が飾られている。
 シュトルペン城跡 Burgruine Stolpen (1429) 1509ヨハネ塔(CoselTrum)は、切妻付5階建ての
   角塔で、良く維持されている。この塔にはコーゼル伯爵夫人が住み、1716-65監獄と
   なった。1877から城の見物は自由である。
 新教市教会 Evangelish Lutherisch StadtKirche (1470) 後期ゴシックの磔刑の石彫刻・
   1470バロックの木製説教壇・1727バロックの告白台と木製書見台・1766天井と壁の絵画・
   1898建物のバロック化。
 市博物館 Stadt Museum 屋根が美しい新旧の選帝侯役所に、町の歴史と文化を展示す
   る市博物館を収容している。

5.写真

市博物館
市教会 下門
南壁

戻る

戻る

タウシャ Taucha S51

1.歴史

  974 メルゼブルク司教の文書の初言及、  1170 ライプティッヒ大司教は布市場憲章を授与、
 1220 マグデブルク大司教は城と城壁を築く、        1626-90 ペストの大流行、
 1631-44 30年戦争で数回破壊された。          1819-20 市壁の解体、
 1832 再び独立した都市となった、            1944 空爆による被害。

2.市壁  0km  

   見当たらない。

3.塔  0門0塔

   見当たらない。城の東北に城の入口と同様な白いアーチ瓦屋根が付いた新しい門
  はある。

4.見所  D

   旧市街は古い静かな小さな町で、城があるだけ。
 市庁舎 Rathaus 5階建ての大きな建物。
 聖モーリッツ教会 St.Moritz Kirche 白色の4階建て単塔の新教教会。
 宮殿 Schloss 町の西の丘の上に、中庭を囲んだ古い建物が立ち、
   入口には白い新門がある。

5.写真

市庁舎 宮殿
白塔

戻る

戻る

トールガウ Torgau S52

1.歴史

  973 トルガウは古いスラブ語で市場町を意味する、1119 マイセン辺境伯の領地へ、
 1267 町として初めて承認された、   1442.82 町は大火災に見舞われた、
 1485 ニーダーザクセンは兄弟の間で分割、1514 選帝侯フリードリッヒ2世は町紋章を授与、
 1525 灰の水曜日に修道院を市民が襲った、1547 皇帝チャールズ2世が戦いに勝つ、
 1811 ナポレオンの命令で要塞の強化、   1815 ウイーン会議でプロイセン領となった、
 1889 町の守りを崩した、       1907 製鉄・陶器・発電・ガラス工場建設、
 1939 古い要塞「橋頭堡」は軍の刑務所に、1945 2次大戦米・ソのエルベ川会合。

2.市壁  0.43km 0.17 

   旧市街の市壁は北東部で一部430m残る。19c初に旧市街の周囲に星形要
   塞と外稜堡、対岸にも橋頭堡が築かれた。ElbeMauer:川岸には護岸の上に
   パラペットの付いた壁が820mある。1811には建設が始まっていた。
 橋頭堡 Pier (1631) エルベ川の東側の対岸に、橋を守る橋頭堡を築い
   た。1633ザクセン選帝侯ヨハンゲオルグの下で1637に30年戦争で破壊された。その
   後修復されて1807まで残った。19c初めナポレオンの要請で橋頭堡は強化された
   その残った建物は、2次大戦後にユースホステルとして使用された。
 星形要塞 (19c) 多くの後期ゴシックと擬古主義の建物がある。
   側面砲塔 Flanken Kasematte: 北に③稜堡Ⅶ、南に⑤稜堡Ⅱ2004-05再建、
     ⑥南西に稜堡Ⅲがある。
   中堤 Kurtine: 二つの要塞の間の防壁の部分。⑦ⅡとⅢ。
   裏門 Poterne: 要塞の中の上部工。⑧ⅡとⅢ。

3.塔  0門2塔

 守衛塔 Hausmanns Turm (1533-35) 中世の城の中の風格ある53mの
   角塔で、後期ゴシックのアルブレヒト造りである。塔の展望台には163段の螺旋階段
   で登れ見晴らしは良い。塔内には二つの小さな展示室があり、民俗と歴史の
   展示がある。
 水塔 WasserTurm (18c) OberHafenTorとも呼ばれ、2004に復元された。

4.見所  B

   エルベ川の西側の丘の上に城が聳えるルネッサンスの町で、丘の斜面に大きな16c
   の美しいルネッサンスの建物多い大きな町である。
 市庁舎 Stthaus (1563-65) 聖ニコラスの敷地内に市庁舎は建てられた。
   1577彫刻デザインのある部屋が造られ、1606-07翼は道路に拡張された。19c
   町は郡庁となり巡回裁判所が配置され、1850刑務所も置かれ、20cには必要
   な変更や改修が行われた。1971市庁舎周辺の再開発が行われ、19cのレイアウト
   は削除された。
 ハルテンフェルス宮殿 Schloss Hartenfels (1482-1623) ドイツ早期ルネッサンスの唯
   一の現存する宮殿である。4翼の建物はD翼の住宅から後期ゴシックのアルブレヒト
   造りとなった。C翼の壮大な建物はザクセン選帝侯フレデリックが1533-36に建てた。
   1540B翼が造られ、1623A翼を完成させた。1636スエーデン軍の攻撃で損傷し、
   その後病院・労働者.難民.孤児に住居・兵舎・地方裁判所として使われた。
   今はD翼が地区事務所となり、その他過去の栄光や、室内彫刻、1425から放
   飼いの熊が守衛塔で見られる。
 聖マリア市教会 StadtKirche St.Marien (1119) 町で最古の教会で、1200
   マルクトに更新された。1390後期ゴシックのホール教会に建替えられ、1505ルーカス・クラナッハ
   絵画がある。1504侯爵夫人の墓碑、1552キャサリン・ルーサーの墓碑、1582華やかな木
   製の説教壇、1698後期ゴシックの祭壇、等が有名。1813損傷して伝染病棟とな
   った。その後内装が再建され、200215cの外観に復元された。
 城教会 Schloss Kirche (1544) この礼拝堂は宗教改革の精神が初めて
   建築と内装に実装された新教教会であり、シンプルさが強調されている。ルーカス・
   クラナッハは城教会の配色を決め説教台を設計した。プロテスタントボーカル音楽の創始者
   カンドールは、ここで教会音楽の基礎を築いた。
 町・文化・歴史博物館Stadt und Kulturgeschichtlisches Museum (1533)
   シトー会修道院の旧管理棟ハ16cの初めに領主の所有に移行した。選帝侯ヨハン・フリー
   ドリッヒは、ここに法律事務所を設立してザクセン行政の礎石とした。2005に旧法
   律事務所は忠実に復元され、町の歴史や文化の貴重な展示が行われた。
 市長リンゲンハインの家 Buergermeister Ringenhain Haus (16c) 最高の品質
   で描かれた天井と壁の絵画は、風格のある民家の落着いた前面の背後に隠さ
   れている。室内装飾も芸術的に重要なルネッサンス家築物である。
 カタリーナ・ルターの部屋 Katharina Luther Stube (1523) マルチン・ルターの妻は1552
   ナルトキャサリン通り11の家で死亡した。カタリーナ・ルターの人生の各段階に分類された資料
   が展示されている。
 醸造博物館 WolffGiersings Brauer (15c) 初め醸造所、16cモルトハウスとな
   った風格のあるルネッサンスの建物。中世の大規模な醸造施設と天井や壁に絵のあ
   昔の市民の酒場には、興味ある600年の町の醸造の歴史が展示がある。
 石彫刻 Lapidarium 城の中庭の部屋に古い城の石組が置かれている。
   風化した砂岩は新しいレプリカに置き換えられた。城の建築の歴史が見られる。
 職人の家 Handwerker Haus (15c) 小さな2階建てのルネッサンスの簡素な建物
   は、大部分が保存された古いもので、旧市街の外れに在った。17cにはここに
   3人の桶屋のマイスターと2人の煙突掃除人が家族・職人・弟子と共に住んだ。窮屈な
   空間と曲がった壁に壁画があり、過去の文化・生活が伺える。
 ニコライ教会 Nikolai Kirche (12c) 3廊バジリカに西正面塔が在り、古い商人
   入植地の近くに守護聖人を祀った。13cから残った身廊、1482大火で破損し煉
   瓦で屋根が葺かれた。1519最初のドイツ語洗礼が行われた。1565市庁舎建設によ
   り、内陣の屋根も変えられた。火事で内陣と中廊は新しい屋根を備えたが、側
   廊は廃墟として残された。2次大戦で鐘は供出され、戦後倉庫と行政目的で使
   われ、1992両塔は改修され1995再び鐘が響いた。
 平日教会 AlltagsKirche Ehem.FranziskanerKloster (13c) 3廊後期
   ゴシックのハレン教会で、修道院の教会として成立した。1525宗教改革で修道院が世
   俗化された後は、教会は1529AlltagsKiecheとして残され、1811まで毎日の新教
   の礼拝に役立った。その後倉庫・据付室・ギムナジュウム・体育館・集会所として使われ
   1945-96名前をベルンハルト・ケラコーン会館とし、1997外装を改修して大講堂として落成
   し、演奏会場にも使われる。

5.写真

市庁舎 市教会
宮殿とエルベ壁 市壁

戻る

戻る

ヴィルストルッフ Wilsdruff S53

1.歴史

 12c 森林に入植し教会を建てた、     13c 聖ニコラス教会の近くに町を設置、
 1259 マイセン大聖堂教会にトウモロコシの1/10贈、      1281 安全な町として言及、
 1447.1450.1584.16341640.1684.1784大火災,1448 皇帝フリードリッヒ3世は市場権授与、
 1543 シェーンブルクのハンスは城を構築、          1700 宮殿を拡大し3翼に、
 1745 プロイセン王フリードリッヒ2世は戦後滞在、 1806 農民・醸造・工芸・運送に1216人、
 1912 18大工マイスター.13家具工場があった。

2.市壁  0.305m 0.25

   13cには、ささやかな柵やフェンスが湿原に設置、1411シェーンブルクのカスは市壁を構築、
  1450シェーブルクのハンスは市壁と市門を再び設けたが、1543フス軍に壊された。
  市壁は西に残っている。

3.塔  0門0塔

   1530守衛詰所付の3市門があった。1552市門は初めて閉じられた。今は無い。

4.見所  D

   東部エルツ山地の中心都市で、昔は中波の送信機を有し放送を行っていた。
  城・教会・市庁舎が、市壁に囲まれた旧市街に立つ。
 市庁舎 Rathas (1423) 正方形の最高地点に建てられ何度も火事に遭い修復された。
   1744大火で損傷し、1755-58再建された。バルコニーの上の紋章はポーランドの王冠
   である。
 聖ニコライ教会 St.Nikolai Kirche (13c) 1572拡張され、1686燃え、1693復元されたが、
   1744大火で天井が燃え、1805改装された。1896老朽化して解体されネオゴシックの
   教会となった。1994尖塔・屋根・前面は復元された。
 聖ヤコブ教会 St.Jakobi Kirche (12c) ロマネスクの厚い石壁とアーチの窓枠のある教会で、
   1591屋根が更新され、1689窓の拡大が行われた。1984周囲の墓地は閉鎖され、
   1990-2005改修された。
 町郷土博物館 Stadt Heimat Museum (1999) 地質的・先史時代の歴史、都市の構成、
   農業・工芸品・産業、ケツの戦いのジオラマ等の展示がある。

5.写真

市庁舎 南西壁
西北壁 北東壁

戻る

戻る

ヴィッティヘナウ Wittichenau S54

1.歴史

 1262 初文書言及、               1286 町として初言及、
 1345 下級裁判所の設置、    1349 皇帝カレル4世は市場権・醸造権を授与、
 1429 フス戦争で町は破壊、           1460 3門の規模を大拡張、
 1623 皇帝フェルナンド2世は橋や舗装の管理権限を付与、
 1749 ポーランド王オーガスタスは牛保有特権・毎週市場開催権・橋と舗装特権を付与、
 1808 プロイセンの自治体憲法の導入、     1815 プロイセンのザクセン州となる、
 1823 最後の大都市火災でほぼ全焼、市門の解体、1945 市長は非戦闘降伏。

2.市壁  0.0km 

    見当たらない。

3.塔  0門0塔

    見当たらない。

4.見所  D

    中央広場は、主にとして2階建ての建物で囲まれている。
 市庁舎 Rathas (1780) 元の建物は拡大・改修されカリオンが付けられた。1940焼け、2次
   大戦中に簡素な3階建ての市庁舎が建てられた。
 昇天教会 Himmelfahrt Kirche (13c) 司教ウィテゴの時代の教会は、1429フス戦争で焼け、
   1440-45残った塔にゴシックの教会を再建した。その後何回も修復され、1823塔頂
   は玉ねぎ頭となった。それも火災に遭い、1846-47今の塔の姿になった。1723に
   3人の彫刻家が作ったバロックの祭壇がある。
 イーグル薬局 Adler Apotheke (1854) 1823大火で焼け、1854に3階建てで新築された。
   家の持ち主が変わり、1854薬剤師が取得し薬局を開業した。1904バイエルン様式の
   外観で再建した。1993前面は1904の様式に復元され、今も薬局は営業している。
 ヤクベッツ病院 Jakubetz Stift (1780) 慈善病院として建てられた2階建てのアーチ天井の建
   物である。1953-64内部は改造されている。1788-1832町の学校として使われ、
   今はデイケアセンターを収容している。
 十字架教会 Kreuz Kirche (1780) Jakubetz Stiftの教会として、1780火災後に再建さ
   れたバロックの建物である。

5.写真

市庁舎 マルクト広場

戻る

戻る

ヴォルケンスタイン Wolkenstein S55

1.歴史

 1241 ボルケンシュタイン領主フ-ゴは修道院への贈物に町の名前を挙げた、
 1293 ヴァルデンブルク家は町の全鉱山の十分の一税を女子修道院に移した、
 1303 町と呼ばれ城と町を一つの壁で囲った、   1378 ヴァルトブルク家の鉱山本部、
 1473 ヴィッテン家の領地となり城を居城とした、1505 ハインリッヒ侯爵は役所を受取った、
 1540.1610.1689.1695.1802 大火災、    1573 屋根付の木橋が架けられた、
 1622 67の鉱山が運営された、          1730 郵便距離の石柱を復元、
 1815 紡績工場、1880靴・ダンボール工場、         1926 町は温泉を買収、
 1945 空爆で200以上の建物が壊れた。

2.市壁  0.38km 0.33

   14cに0.9kmの市壁は、旧市街を城を含めて囲んだ。今もMuehlTor周辺や城の
  南に見られる。

3.塔  1門0塔

  粉挽き門 Muehl Tor (14c) 昔の3市門の一つで、ザクセン州で4つしか残
   っていない市門の一つ。

4.見所  D

   80mの岩上の城の町で、800年の雰囲気が保たれている。小さな温泉町でもあり
  三つの博物館がある。  市庁舎 Rathaus マルクトの北側の3階建ての大きな建物。
 ヴォルケンシュタイン宮殿 Schloss Wolkenstein (1505) 後期ゴシックの城は、ザクセン侯爵アンリ2
   世の居住宮殿であった。19cに建物は改修され、城と町の歴史と後期ゴシクの部屋が
   見られ、監獄には中世の正義の歴史の展示がある。2002旧門衛の家では結構式が
   挙げられる。
 聖バーソロミュー教会 St.Bartholomaus Kirche (1648) 中世の城に属する礼拝堂であった。
   東の聖歌隊席の一部が最も古く、1687火災の後に、1689長方形の本堂が建てられ、
   1710高塔は35mで完成した。1818大理石の祭壇が置かれ、1980年代に全体的に改
   修された。

5.写真

宮殿 聖バルテルモイス教会
南壁

戻る

戻る

ヴルツェン Wurzen S56

1.歴史

  961 オットー1世の贈物文書に初言及、  995 マイセン司教に世俗的所有物として提供、
 1114 マセン司教は大学の設置・聖堂の建設、1200 マグデブルク法を授与、防備を固めた、
 1481 市評議会は司教から裁判権を貸与され、           1574購入した、
 15C 町の産業:農業・漁業・リネン織・漂白・製粉・醸造、 1519.77.99.1609.10.26.80ペスト、
 1636 30年戦争でスエーデン軍の略奪、      1717 市民は壁内111戸.璧外270戸、
 1811-13 仏軍等の通過で戦争負担金を支出、 1945 第2次大戦による戦災はない。

2.市壁  0.125km 0.13 

    北西に30m、北東に40m、西に40m、南側に15mの市壁が残っている。

3.塔  0門0塔

    見当たらない。

4.見所  C

    ザクセンの中央に位置する郡庁都市で、12c大聖堂の町となり、歴史的な旧市街は
   美しく修復された街並みがある。詩人で画家のリンゲルナッツは、ここに生まれ市博物
   館に作品と生涯の記録がある。
 マルクト広場 Markt Platz (12c) 17-19cの2-3階の建物が周囲に立つ、北側には1998復元さ
   れ、その他の建物も美しく改修されている。
 旧市庁舎 Alte Rathaus (15c) 1519に焼失し1637に建て直された。1722に老朽化し、バ
   ロックで建直された。1802また焼け19cに単純な新古典主義で建直された。1927市立博
   物館になり、1993-95大改築されて文化センター・都市ギャラリー・図書館である。
 ヴルツェン城 Schloss Wurzen (10c) 旧城の場所に、1491-97に司教ヨハン6世によって後期ゴシッ
   クからルネッサンスの宮殿を建てられ、堀や跳ね橋で守りを固めた。カーテンアーチのの窓とボール
   トはマイセンのアルブレヒト城に似ている。1581最後の司教が城から離れた。1631二つの塔は
   壊れたが、城は裁判所と警察署として長期に使われた。今、城はホテルやレストランとなっ
   ている。
 市教会聖ヴェンセスライStadtKirche St.Wenceslai (13c) 古いヤコブ教会の位置にベンセスライ教会
   が1389聖別された。16cから今の後期ゴシックの外観となり、1628正方形の西塔の屋
   根を切妻屋根とした。1638壊され、1673に3廊のハレン教会となった。1911高さ52m
   の塔が付けられた。1926格間天井は塗装されたが1975に落下し、1997改修された
   公開された。
 聖マリア大聖堂 Dom St.Marien (1114) マイセンのはービック司教は柱バジリカのロマネスクの大聖堂
   を建てた。1470火事で壁や塔の基礎を残して焼失し1513再建された。30年戦争の
   後に、塔にはバロック・フードが付けられた。1817ドームはゴシックになった。1931-32入口
   は今の姿を与えられ、1999建物の改修が行われた。
 聖心教会 Katholische Herz-Jesu Kirche (1899-1910) 町の東にロマネスクの単塔教会が建て
   られ、建築様式は改修の時代毎に変えられた。1917鐘は供出され、19243つの鐘が、
   1940オルガンが付けられ、1998建物の改修が行われた。
 ペストの家 Pest Haeuschen (1687) 1548開設の墓地に1552Heiliggeist Kirche が、1607
   のペスト大量埋葬地に1687ペストの家が建てられた。20cに改修されている。
 旧帝国郵便局 Ehem.KaizerlischesPostamt (1889-1900) 旧帝国郵便局は、1854の古い
   郵便局を建て直した。1990改修・拡張されて中央郵便局となり、2001まで使われた。
 ザクセン選帝侯のポスト・マイル柱 Kursaechsische Postmeilen Saemle (1724) ザクセン選帝侯フリード
   リッヒ・アウグストによるポスト・マイルの高さ4.53mの柱は、3列設けられたが、19c後半には削
   除された。1984に古い柱が見つかり、再建植された。
 旧ザクセン選帝侯郵便局 ehem.Kursaechsische Posthalterei mit PostTor (1696) ポーランド
   王とザクセン侯の二重紋章の付いた郵便門のある旧郵便局で、大邸宅・使用人宅・付属
   建物など多くの建物があった。
 コロスティガル Crostigall (1340) ライプティッヒに向かって道は付けられ、この土地は貴族に授け
   られた。1700道はそのまま使われ、1843までここは特殊な自治体と見なされた。
   郵便局や貨物の家が残っている。
 リンゲルナッツの家 Ringelnatz Haus (1554) 詩人リンゲルナックの生誕の地は、1678にはFreyの家
   あった。1919に彼の出生地が選ばれ復元され、1945記念銘板が建物に設置された。
 工場の塔 Muehlentuerme 町の西側に遠くからも見える城のような大建築物は工場で、二
   つの大企業が食品を生産している。
 ヴルツェン博物館 Museum Wurzen Ringelnatz Sammlung (1668) 町と考古学協会の歴史博
   物館を1927に設立し、1948町でも美しい民家に収容された。建物は30年戦争の後にルネ
   ッサンスで再建され、市長・評議会員・商人が住んだ。

5.写真

旧市庁舎 宮殿
復元市壁 北壁

戻る

戻る

ツィッタウ Zittau S57

1.歴史

 1238 マリエンタール修道院の文書に初言及、   1255 ボヘミア王オットー2世は都市権を授与、
 1346 貴族の圧政に対抗し6都市連合、  1348 皇帝チャールズ4世はルドルフに保安を委任、
 1358 町は保安権を買取って自治を回復、         1359.1422 町は大火災、
 1555.1559.1599 疾病の大流行、            1631 30年戦争で被害、
 1635 プラハの和平でザクセンに割り当て、     1757 7年戦争の墺の砲撃で町は壊滅、
 1869 幾つかの残基を除いて市壁は撤去、   1945 ナイセの東領域をポーランドに割譲。

2.市壁  0.09km 0.01 

   13cの市壁は、1869には僅かの残余しか存在しなかった。残っているのは、北東
  に20m、東に15+40m、南東に15mである。

3.塔  0門2塔

 肉屋の砦 Fleischer Bastei (1513-62) 2階建て円塔の上に八角形の部屋が乗って
   いる。今の外観は17cのものである。砦は13も造られた。
 小砦 Klein Bastei (16c) 3階建て円塔に円錐屋根が乗り、市壁にある。

4.見所  B

   ドイツ・ポーランド・オーストリアの国境に町はある。中心のマルクトは市庁舎・7階建の塩の家
  教会など特徴ある建物が集まり威厳がある。聖ヨハネ教会の塔は、266段を登れる。
 市庁舎 Rathas (1840-45) ルネッサンスのイタリア貴族風で擬古典要素もある建物で、正面入り
   口には、ドレスデンの彫刻家による、英知を表すテミス、正義を表すゾフィアの砂岩の像が
   ある。
 ノアクの家 Noacksches Haus (1689) 早期バロック豊かな実業家の家。
 町薬局 Stadt Kirche (1519) 薬局は1707にバロック4階建ての大邸宅となり、1760に改修
   された。
 侯爵の宿 Fuerstenherberge (1767) 優雅な後期バロック大邸宅。1813ナポレオンがここに泊
   まった。
 元地方裁判所 Ehem.Amtsgericht (1678) 市長ストレの邸宅として建てられた町で最も古
   い後期ゴシックから早期バロックの建物で、地方裁判所として使われた。
 ドルンスパッハ館 Dornspach Haus (1553) 2階建ての町で最古の貴重なゴシックの町屋であり、
   市長ドルンスバッハが建てさせ、1580まで住んだ。改修された建物は、歴史的な家主を
   知らせている。
 グレッツの家 Graetzsches Haus (1710-17) 商人グレッツは、息子のためにバロック3階建ての
   大きな建物を建てた。華やかな塔のあるその前面は町で最も美しく豪華なものに属
   する。
 市プール Stadt Bad (1871-74) 後期古典主義で建てられたドイツ最古の屋内のプールである。
 ヨハニウム Johanneum (1869-71) 実業高校として後期古典様式で建てられた。56mの高塔の
   上の銅に金メッキのエンジェルがある。
 元フランシスコ会修道院 Ehem.Franziskaner Kloster (13c) 中庭に17cのバロックの納骨所があ
   る。1665評議会の図書館となり、20c市博物館として再構築された。
 聖ヨハネ教会 St.Johannis Kirche (1291) 1485今の4廊の建物となり、1757火事で壊れ、
   1837に今の教会の建設が始まった。
 ウエーバー教会 Weber Kirche (15c) 市壁の前に位置するトリニティ教会であり、1889-90に
   ネオゴシックに転換した。
 元フラシクコ会修道院教会 Ehem.Franziskaner KloaterKirche (13c) 単塔2身廊ゴッシクのホール
   教会である。
 十字架協会 Kreuz Kirche (1400) 後期ゴシックの支柱式教会で、バロックの地下室がある。
   1472の簡単四旬節布の博物館が1999に併設された。
 花時計と磁器カリオン BlumenUhr mit Meissner Porzellen GlockenSpiel (1907)花時計に
   は400種の植物が植えられ、マイセン磁器のカリオンには21の鐘があり1966に職人が寄贈
   した。
 旧町の鍛冶屋 Alte StadtSchmide (1713) 塩の家の南にバロックの家がある。
 塩の家 Salz Haus (1511) 厩舎・武器庫・店舗として後期ゴシックで建てられた。1730に高い
   マンサード屋根を持つバロックの建物として再建された。
 食肉市場 Fleisch Baenke (1361) アーケード付の肉の小売店で、1838に今の姿で再建された。

5.写真

市庁舎 肉屋稜堡
小稜堡・南東壁 北壁

戻る

戻る

ツッショパウ Zschopau S58

1.歴史

 1286 最初の文書による言及、             1292 町は防備を固めた。
 1300 町と城は王国閣僚リエンの所有に、    1340-56 マイセン辺境伯の領地となった、
 1456 ザクセン選帝侯の領地になり、銀鉱山開発、1494-95 市教会・市庁舎・市壁の建設、
 1539 宗教改革の導入、         1612 ペスト流行、1632.34 30年戦争略奪、
 1648 戦後に商業・工業・鉱業で復興、   1748 大火で焼失、ザクセン・バロックで再建、
 1802 綿の漂白剤・紡績材の工場設置、           1945 空爆で23人死亡。

2.市壁  0.42km 0.31 

    1494-95に築かれた市壁は、城から教会にかけて残っている。

3.塔  0門0塔

    見当たらない。

4.見所  C

    1634と1748の大火災で旧市街は殆ど焼け、建物の大半は18cバロックの建物であるが
   木組みの家も見かける。オートバイの町とも言われ、昔生産工場があり、城にはオートバイが
   集められている。
 旧市庁舎 Altes Rathaus (1495) 初めルネッサンスで建てられたが、度々の改造が行われ、今の
   姿には1920になった。その時、正門と大広間が成立した。塔にはオートバイ工場の創立者
   の寄付で、グロッケンシュピールが付けられ、黄銅の鐘は9.13.18時に聞く事ができた。塔
   の歴史に関する展示がある。
 新市庁舎 Neues Rathas (1561) ルネッサンスで巡視警察長官の貴族の邸宅として建てられた。
   1748町の火災で大部分は壊れ、1751の再建でバロックの今の姿になった。
 ヴィルデェック宮殿 Schloss Wildeck (1125-1180) 13cには、城は小さな行政区画役所であっ
   た。1307マイセン辺境伯の封建領土となり、その後所有者を度々替え1456にザクセン選帝侯
   の領土となり、その後100年間所有して1545-47ルネッサンスの狩猟用の別邸として改築し
   た。建物の中には、貴重な色を塗った木の天井があり、例えば2階の黄色の小部屋・赤
   の広間、3階には青白い部屋と緑の広間が美しい。バロックと古典主義の時代に改築され
   た。今は、市博物館・印刷と製本博物館・スタンプ部門・鋳造工場・市図書館冷蔵庫・地下
   水槽・オートバイ等が在る。
 市教会聖マーチン教会 StadtKirche St.Martins (1494) 元の後期ゴシックのハレン教会は、1748
   の火事で壊滅し、1751バロックホール教会として再建され、大きなザクデン・バロックオルガンを
   収めている。塔は1798にやっと付けられた。

5.写真

新市庁舎 新マルクト
ヴィルデック宮殿中庭 宮殿外壁
南壁

戻る

戻る

ツヴィッカウ Zwickau S59

1.歴史

 1118 司教文書にボザウ修道院を初言及、   1150 入植地が置かれ城と教会を建設、
 1192.1212 都市権の授与、        1232 修道院学校と 1266 病院の建設、
 1290 帝国自由都市となり、3市門と一部土堤と堀で守った、  1627 4門と堀の市壁、
 1403 大火で町は壊滅、7年間免税で復興、1616-48 6回包囲され平和貢献金が多額に、
 1702-17 市壁の取壊し、                 1810 ロベルト・シューマン生誕、
 1945 2次大戦の空爆で被害。

2.市壁  0.03km 0.01 

   1327の市壁は、1702-17に殆ど取壊され、僅か30mの市壁が東側にある。

3.塔  0門1塔

   残っているのは1塔であり、PulverTurmがある。それは円形白色の2階たての塔に
  青色の円錐屋根が付いている。

4.見所  B

   町は鉱石の豊富なエアーツ山地の北にあり、14cから銅・銀・鉄を採掘して栄えた。
  マルクトの町人の家と市庁舎は綺麗で、ドームは地味な外観である。
 市庁舎 Rathas (1403) 大火の後に、高さ54mの塔の南側を広場に向けて、4階建で建てられ、
   1867にネオゴシックに改修され、中央入口上に町の紋章が飾られた。
 オスターシュタイン宮殿 Schloss Osterstein (1292) 北東に建築時の姿で2009に公開。主祭壇、
 聖マリア大聖堂 Dom St.Marien (1453-65) 後期ゴシックホール式教会堂で、1479六面の
   1502キリスト哀悼像、1507聖墳墓、1538説教壇と洗礼盤が、中にある。
 カサーリン教会 Katharinen Kirche (1206-12) 東北、後期ゴシックのホール教会で、クラナッハの両開き祭
   壇と砂岩の説教壇がある。
 ロバート・シューマンの家 Robert Schwmann Haus (1810) 老朽化し忠実に復元された。シューマンと
   クララの記念館がある。
 ゲヴァントハウス Gewand Haus (1522-25) 反物商館として建てられ、前面には三角破風に眼鏡模
   様がある。1823にオペラが開演された。
 市立博物館 Staedtisches Museum 町の歴史と発展・16-20cの絵画.彫刻.・化石を展示してい
   る。
 人形劇場 Puppen Theater 1952に始まり、1987にゲバントハウスの南に新設された。
 アウグスト・ホルフ博物館 August Horch Museum 車Audiの前身であるHochが1904に生 産を開始し
   た。Hoch車の歴史と生産車の展示。

5.写真

市庁舎 マルクト広場
聖母マリア教会 人形劇場
シューマン像

戻る

「戻る」

市壁の見つからなかった町の全リスト

   探したが市壁が見つからなかった町144についても塔数と見所度の内訳を示します。
  また「町名」をクリックすると、その町の歴史や見所や地図などが閲覧できます。

                                                                               
州名町名見所
特市44ハンブルク Hamburg0A
SH33オイティン Eutin1C
  33プレーン Ploen2C
  22Lauenburg1D
  22メルン Moelln1D
  22ラッツェブルク Ratzeburg0C
  2レンツブルク Rendsburg0C
  11シュレスビッヒ Schleswig0D
BR33パイツ Peitz1C
  22Frankfurt a.d.Oder0C
  44ナウエン Nauen1B
  22Spremberg0C
  11Ketzin Havel0D
  11オートラント Ortrand0D
SA44ストルベルク Stolberg1B
33Osterwieck0B
22Gernrode0C
22ネブラ Nebra0C
22Weissenfels0C
S 55ドレスデン Dresden0C
  33ケムニッツ Chemnitz1C
  22アイレンブルク Eilenburg1D
  22グロイツシェ Groitzsch0C
  11Neustadt in Sachsen0D
  11オイアーバッハ Auerbach0D
  11レンゲフェルト Lengefeld0D
  11シャレッタウ Schlettau0D
  11タウシャ Taucha0D
  11Rothenburg Oberlausitz0D
  11Wittichenau0D
TH33アポルダ Apolda0
  33ゴーザ Gotha0
  22Rundolstadt0
  11BadLiebenstein0D
  11Breitungen0D
  12Eisenberg0D
  11Niederorchel0D
  11ズール Suhl0D
NS33Bueckeburg1
  33Fuerstenau0C
  33Holzmuenden0C
  33NierburgHolzmuenden0C
  22Bad Harzburg0C
  22Bockenem0C
  22Meppen0C
  22Wunstorf0C
NW55ミュンスター Muenster2A
  55Dusseldorf1A
  44リップスタット Lippstadt3C
  33アハウス Ahaus0B
  33Rietberg1C
  33ラインベルク Reinberg1C
  33Waldfaucht1C
  33アーレン Ahlen1C
33Horstmart1C
22Borgentreich1D
22ビッラーベック Billerbeck0C
22ゲルデルン Geldern1D
22Luedinghausen0C
22Wiederbrueck1D
22Burgsteinfurt0C
22Havixbeck1D
22Heinsberg0C
22ヴェーゼルWesel1D
22Lichtenau1D
22Liedberg1D
22Monhaim am Rhein1D
22シュベルム Schwelm1D
22Schwerte0C
22Straelen1D
22Telgte0C
22Uedem1D
  11BadBerleburg0D
  11ラエスフェルト Raesfeld0D
  11ノッツルン Nottuln0D
  11Schwalenberg0D
  11Menbebach0D
  11Remscheid0D
  11Rheindahhlen0D
HE55Braunfels9B
  44BadNauheim1B
  44Eschewege3C
  33BadKarlshafen1C
  33イドスタイン Idstein2C
  22Rockenberg0C
22ルンケル Runkel0C
  22Volkemarsen1D
  22Wanfried0C
  11BadArolsen0D
  11ゲデルンGedern0D
  11GrossAlmerode0D
  11Niedenstein0D
  11Koenigstein0D
  11ゾントラ Sontra0D
RP55Landau Pfalz3D
  44BernkastelKuls2B
  44シュペイアー Speyer1B
  33Frankenthal2C
  33Woerrstadt1C
  22NeustadtW0C
  22Rhaunen0C
  22StadtekenElsheim0C
  22Zweibruecken0C
11BadDuerkheim0D
SL22Blieskastel0C
  22Mettlach1D
BW66Heidelberg6B
  55ラスタット Rastatt5B
44バルトシュート Waldshut3
  44BadUrach5
  44マンハイム Mannheim2B
  44Ottobeueren0A
33ブルヒザール Bruchsal1C
33HilsbachSinsbach1C
33Maulbronn1C
  22Badenbaden0C
  22ヘッヒンゲン Hechingen1D
22カールスル-エ Karsruhe0C
  22ケンツィンゲン Kenzingen1D
  22プレンドルフ Pfullendorf1D
  22weingarten0
11Freudenstadt0D
11ケール Kehl0D
11LichtenauB0D
11Veringenstadt0D
BY77ミュンヘン Muenchen4S
  66バムベルク Bamberg1
  55ドルフェン Dorfen3
  33BadWindsheim Kehl0
  33Eggenfelden1
  33HarburgS0B
  33Kaisheim1C
  3Mittenwald0B
  22Amorbach0C
  22Ebersberg0C
  22Grafing b.Muenchen0C
  22Hahnbach2D
  21Tirschenreuth1D
  11NeuhausP0D
  11Pleystein0D
  11Wallerstein0D
  11Windischenbach0D
  11Wolfratshausen0D

「戻る」

                                       inserted by FC2 system